働く気力がわかない原因になる5つのストレスとは

働く気力がわかない原因になる5つのストレスとは
誰しも働いていると、気力がわかないという状況が出てくるものですが、その気力がわかない原因は「なんとなく働く気にならない…」など、もやっとしていることが多いものですよね。こうした働く気力がわかない原因には、私達の心の気づきにくい領域にストレスがかかっている場合が多くあります。「常識的」とか、「世間に認められている」など表面では上手く行っているように見えることでも、本心がストレスを感じていたりすると気力がわかないという現象が起きるのです。気力がわかない原因は、あなたの無意識がブレーキをかけるに至るなんらかのストレスや理由が存在していると言えるでしょう。

ストレスは誰だって多少なりともあるものですが、それが積もり積もっていくとだんだん無気力になっていきます。または強烈なトラウマになるようなストレスを経験すると、生命維持の本能で「無意識」が急激にブレーキをかけてきて、無気力になってしまうことがあるのです。しかし、「無意識」を味方にすれば、無気力の逆に無限にやる気を引き出すこともできると言えますよね

そこで今回は、気力がわかない原因になるストレスについてお伝えします。



 

働く気力がわかない原因になる
5つのストレスとは

 

そこそこ(中途半端に)満たされている


そこそこ満たされてるというのは、幸せなようでいて実は気力の面ではなかなか厄介で気力がわかない原因になります。命懸けとかの状況で、「今日は気力が湧かない…」なんて言いませんよね。生きるという目的のためにエネルギーが湧いている状態です。日本はライフラインが充実していて、幸福なことにあまり生きるために本気になったことがある人はいないでしょう。

それから、自ら望んでの奉仕活動とかボランティアとか、なにかしら目的意識を持って生きている場合も、ゴールがあるので気力がわかないなんていうことはないものです。それに比べて、「日常は必要なものはそこそこ満たされているし、今のなんとなくの生活を壊してまで夢や理想を追いかけるつもりがない」という状態、惰性になってしまっている生き方では生きるエネルギーは低く、気力がわかない原因になりやすいと言えます

 

やりたくない事をやっている


自分の嫌いなこと、やりたくないことをやっていると気力がわかない原因になります。日常の中でちょっとした家事とか掃除とか、仕事でもやりたくないことはあるでしょうが、それが一時的で短期間ならそんなに影響を受けません。しかし、長年に渡ってやりたくないことをやっていると、無気力になったり気力がわかない原因になります

これは、どんなに職種が安定しているからとか収入がよいからとかは関係ありません。人から羨ましがられるような職場環境でも、公務員のような安定している仕事でも、肝心のあなたがやりたくないことをやっているなら気力がわかない原因になるのです。気力がわかない原因が、自分に合わない仕事をしているからだと気付いたなら、日々の仕事の中で何か目的を持つようにしたり、目標を設定したり、思い切って仕事を変えたりなど工夫していくことで「やる気」「気力」を取り戻せるでしょう。

 

人間関係にストレスがある


人間関係でストレスがあることは、仕事では付きものですよね。しかし、人間関係で不安や怒りなどを溜め込んでいくと次第に気力がわかない原因になります。ストレスは自律神経のバランスを乱すので食欲や睡眠などの生活の質にも関わってきますし、気力がわかない原因になるだけでなく体調を崩す原因にもなります。

学校や仕事場に行きたくないと思うとお腹が痛くなるという話をよく聞きますが、ストレスが自律神経やホルモンに影響を及ぼして、それが腸にまで影響を及ぼすと体調不良となるのです。腸は脳と密接に関連していて腸内環境が精神に反映され、その逆に精神状態が腸に影響を与えるということが多いです。

人間関係のストレスを解消するには、カウンセラーや信頼のおける人などに「話す」というのが効果的です。職場の人間関係は職場とは無関係の人に話したほうが関係がこじれる心配がなくてよいでしょう。人間には、「自己重要感」が満たされたいという欲求があるということが分かっています。人から認められたいという欲求は、人間の感情の中で最も強いものだと言っている心理学者もいます。

なので、自分の気持ちを人に聞いてもらったりすることは、癒やしにもなりストレスが解消しますし、話すだけで気が楽になったと感じる人も多いでしょう。身近に話せる人がいなかったら紙に自分の気持ちをありのままに書いてみるのもおすすめです。書き終わった時には、もやもやしている感情を手放すことができるでしょう。

 

完璧主義


これまで仕事などに意欲的に取り組んでいた人が、急に気力がわかなくなることがあります。このような「燃え尽き症候群」に陥りやすい人は、完璧主義の傾向があるといわれています。気力がわかない原因になる完璧主義は、矯正して治していったほうが生き方が楽になるでしょう。

完璧主義だと、仕事や物事が順調なときはよいのですが、小さなミスや躓きをきっかけに気力が失われてしまうことがあります。完璧主義を治すには、広い視野で全体的に見てみて、その失敗がたいしたことがない、問題ないという認識を持つようにしたり自分が成し遂げたことやこれからできることに目を向けて自分を認めていくとよいでしょう。

 

ゴールがない


ゴールがないというのも気力がわかない原因になりますが、ここで言うゴールというのは「自分がワクワクする大好きなこと」「どう達成したらよいのか見当がつかないくらい大きなこと」です。親や周りからいつの間にか刷り込まれていた価値観に基づくものではなくて、自分が心からワクワクできるゴールを設定します。

そうしたゴールを追いかけている状態なら、気力やエネルギーが自然と湧いてくるものですよね。例えば楽しみにしている遠足や旅行などは、計画を立てたり持ち物を準備している段階からすでにワクワクしてしまうものですし、演劇や音楽・スポーツなどを続けるためにアルバイトなどで生計を立てている人たちは「ゴールを追いかけている人」と言え、ゴールがあるということによって体力的にキツイことはあっても気力が湧かないという状態にはなかなかならないものです。

気力がわかない原因として、「ゴールがない。この先には何もない。こんなやり方ではいつまで経ってもダメだ。」というようなことに思い当たるフシはありませんか。そのようなときは、自分の心に向き合う時間を取りましょう。そして自分がワクワクするゴールを設定し直して、ゴールから逆算して今やるべき行動を決めていきます。

 

いかがでしたか。気力がわかない原因には、無意識にストレスがかかっていることが原因だという事実がお分かりいただけたでしょうか。本気になれるものがないという「惰性で生きている」というのは辛いものです。なにか本心から好きになれるものや大きな夢、目標を作ってみましょう。また、結果が出ることや周囲からの応援や尊敬などを求めるのではなく、努力している工程の自分を褒めたり好きになることを意識して、無気力になるのを予防しましょう。

人間関係のストレスも、馬の合わない人とは表面だけの挨拶だけにして、あえて深くは関わらないという選択を自分に許してあげることも必要です。無気力になる原因を幾つか挙げてきましたが、ご自分に思い当たることがあったら自分の心に向き合う時間を必ず作って、軌道修正を図りましょう。心の持ち方や意識を変えていくことでストレスが緩和され気力が湧いてくるとともに、行動が変化していき現実的なこと物質的なことにも良い変化が訪れるようになるかもしれません。

まとめ

働く気力が湧かない原因とは

・そこそこ(中途半端に)満たされている
・やりたくない事をやっている
・人間関係にストレスがある
・「燃え尽き症候群」になりやすい完璧主義
・楽しみながら向かえるゴールがない