朝から臭い、寝起きの口臭キツい人がもつ9つの共通点

朝から臭い、寝起きの口臭キツい人がもつ9つの共通点
口臭は誰にでもあり、その強さは食べた物や口・鼻の病気により影響されるといわれています。また、1日のうちでも時間帯や体調によって変化し、口臭がきつくなるときがあります。それは、朝の寝起き。なぜなら、夜寝ている間は口臭の原因となる雑菌を洗い流す唾液の分泌が減るからです。

これは誰にでも起きる現象ですが、個人差があります。特に寝起きは口臭がキツい人がいますが、それはどうしてなのでしょう?きっと何か原因があるはずですよね。

そこで、今回は、寝起きの口臭がキツい人に共通する9つの特徴についてお伝えします。朝から口臭が気になる人にとっては、その原因を探るヒントになりますので、是非ご覧ください。



 

朝から臭い、寝起きの口臭キツい人がもつ9つの共通点

 

寝る前に歯磨きをしないか、しても5分以下


寝る前に歯磨きをしない、またはしっかりできていないと、歯には食べ物のカスが残ったままです。ただでさえ、睡眠中は口の中の雑菌が増えるのに、歯磨きができていないと、さらに菌にエサを与えることになり、よけい菌が増えます。

そうなると、寝起きの口臭はきつくなって当然です。これを改善するためには、寝る前は5分以上かけて、ていねいに歯磨きをすることが重要です。

 

糸ようじや歯間ブラシを使わない


寝る前に歯磨きをしていても、歯ブラシで磨くだけですか?これでは、口臭対策としては充分とはいえません。食べカスは歯と歯の間に溜まりやすく、歯ブラシだけでは取れにくいのです。

残った食べカスは雑菌の増殖につながり、口臭を強くさせます。糸ようじ(フロス)や歯間ブラシを使って、歯と歯の間まできれいにしましょう。

 

舌が白い、舌そうじをしない


口臭の原因となる口の中の汚れは歯や歯の間だけではありません。舌が白くなっていませんか?

もし、そうなら、それは「舌苔(ぜつたい)」です。舌苔には古い粘膜や雑菌、食べカスなどが含まれ、口臭の大きな原因となります。寝る前に舌専用のクリーナーや綿棒でやさしく舌をこすって舌苔を落としましょう。寝起きの口臭予防になります。

 

放置している虫歯がある


虫歯があるのに治療していなかったり、治療の途中で放置しているような歯がありませんか?こんな歯は細菌の温床であり、口臭の原因となります。

そして、唾液の分泌が減る睡眠中に最も活発に細菌が増え、必然的に寝起きの口臭はひどくなります。

 

歯周病がある、または歯周病予備軍


口臭の原因の80%が歯周病だといわれています。また、就寝中は、歯周病を起こす菌を洗い流す唾液が減るので、歯周病が進みやすいので、寝起きはさらに口臭が強くなります。

就寝前の歯磨きの後、薬用のマウスウォッシュでうがいをすれば、寝起きの口臭予防になりますし、歯周病の進行も抑えられます。

 

睡眠中 口呼吸になっている


眠っているとき、口を開けていませんか?これは、口呼吸になっているからですが、口呼吸をしていると口の中が乾きます。

ただでさえ唾液が減っているのに加え、さらに少なくなってしまい、口臭の元である雑菌をより多く増殖させてしまうことになります。

口呼吸の原因は鼻炎などの鼻の病気が考えられますが、鼻の病気そのものも口臭の原因となります。

 

タバコを吸っている


タバコのニコチン成分は歯周病を悪化させ、またタバコのヤニは直接 歯にこびりつきます。

このように、タバコは口臭を悪化させる元凶です。特に、夜寝る前に吸わなくても、日頃タバコを吸っている人は寝起きから口臭が臭いといわれています。

禁煙するに越したことはありませんが、我慢しすぎてストレスになるのも却ってよくないので、できるだけ本数を減らして、ほどほどに。

 

お酒をよく飲む


お酒に含まれるアルコールは体内で分解されるときに水分を多く使います。

お酒を飲んだ後、のどが乾くと感じられるのはそのためです。寝る前に深酒をしたり、寝酒をすると口が乾き、就寝中さらに唾液の分泌が減ることになるので、口臭はさらにきつくなります。

タバコ同様、お酒も深酒や寝酒は避け、ほどほどにした方がよいでしょう。

 

ストレスの多い生活をしている


ストレスが溜まると口の中が乾きがちになります。ドライマウスという状態ですが、この状態が続くと寝ている間、極端に唾液が少なくなってしまいます。

ストレスの少ない生活を心がけたいものですが、そうもいかない場合は、就寝前にコップ1杯程度の水やお茶を飲むことで手軽なドライマウス対策と寝起きの口臭予防になります。

また、緑茶なら、消臭効果のあるフラボノイドを多く含むので、より効果があります。

 

いかがでしょう、寝起きは誰でも口臭があるとはいえ、それがあまりにキツい場合は口や鼻の健康に問題があるかもしれません。特に、口や鼻の病気は放置しておくと全身に悪影響を及ぼすこともあります。

この9つの項目は寝起きの口臭を強くする原因でもあります。ですから、どれかあてはまるものがあれば、原因がわかっているのですから、あとは改善に取り組めばいいのです。不快な口臭を解消して、さわやかな朝を迎えられることを願っています。

 

まとめ

寝起きの口臭キツい人の特徴は

・寝る前に歯磨きをしないか、しても5分以下
・糸ようじや歯間ブラシを使わない
・舌が白い、舌そうじをしない
・放置している虫歯がある
・歯周病がある、または歯周病予備軍
・睡眠中 口呼吸になっている
・タバコを吸っている
・お酒をよく飲む
・ストレスの多い生活をしている