子供の足が猛烈に臭い!根本から見直す5つの消臭対策

子供の足が猛烈に臭い!根本から見直す5つの消臭対策
もし、子供の足が臭いのなら、しっかり対策してあげたいものですよね。子供は、自分の足が臭いことなんて気にしません。そんな足で、お友達のお宅に上がったりしたら、親が恥ずかしい思いをしてしまいます。

子供の足の臭いの元は、大人の足が臭いのと同じです。そして、その原因は、靴の中が汗で蒸れて雑菌が繁殖することで、嫌な臭いを発生しています。そんな雑菌の繁殖を抑えれば、ひどい足の臭いは無くなります。

とはいえ、子供は大人より多くの汗をかきます。そして、汗が多ければ、それだけ雑菌が繁殖しやすくなります。そのため、大人と同じ足の臭い対策では十分とは言えません。子供ならではのやり方のコツがあります。

そこで今回は、子供の足の臭いがひどい場合に取り組んでほしい消臭対策についてお伝えします。

 

子供の足が猛烈に臭い!
根本から見直す5つの消臭対策

 

足を清潔に保つ

足が臭い原因は、子供も大人も原因は同じです。靴の中で雑菌が繁殖し、それが嫌な臭いを出しているためです。そして、特に子供の足が臭うのは、子供は大人に比べて新陳代謝が活発なため雑菌の餌となる垢が多く、さらに大人より多くの汗をかくので、特に靴の中は雑菌が繁殖しやすい環境になりやすいためです。

子供の足が臭い対策の1つ目は、足を清潔に保つことです。特に外で遊んできた日には、お風呂に入れた際、石鹸を使ってしっかり洗ってください子供の足の指の間には、よく垢が溜まっていたりします。そんな指の間も丁寧に洗ってあげましょう。子供だけでお風呂に入っているのなら、外から帰ったらすぐに足を洗ってあげるとさらに効果的です。

また、足の指の爪にゴミが詰まっていたりしないでしょうか。爪に詰まったゴミは、雑菌の巣になります。ゴミが詰まったりしないように、足の爪をこまめに切ってあげることも、子供の足の臭い対策です。

 

靴をこまめに洗う

毎日お風呂で足を洗ってあげているのに子供の足が臭う場合は、靴に雑菌が住みついている可能性を疑ってください。靴に雑菌が住み着いていると、例え足をきれいにしていても、靴から雑菌が移って臭いの原因になってしまいます。もし、お子さんが、お気に入りの靴をいつも履いているのなら、ぜひ、気をつけてください。

子供の足が臭い対策の2つ目は、子供の靴をこまめに洗うことです。まず、子供は外で走り回って汗をかいて帰ってきたら、靴の中も汗で雑菌が繁殖しやすくなっています。そんな靴をそのまま履かせてはいけません。できれば2,3日毎に洗ってあげましょう

また、履いた後、しっかり乾燥させることも子供の足の臭い対策になります。できれば、子供用の靴を2足以上買ってあげて、それらを交互に履かせてあげましょう

 

靴下を履かせる

もし、子供が家の中でいつも素足で過ごしているのなら、そのまま素足で靴を履いて外に出たりするのではないでしょうか。子供が家の中で素足で過ごすことは、健康な発育のためにも大切です。とはいえ、大人でも素足に靴を履くと、足の臭いが強くなります。これは、子供でも同じです。

そのため、子供の足が臭い対策の3つ目は、外に出る時に靴下を履かせることです。靴下を履くことで、足のかいた汗を吸収してくれるので、靴の中が蒸れにくくなります。そして、それが雑菌の発生を抑え、臭いの発生も抑えられます。

さらに、子供の足の臭い対策を徹底するなら、靴に中敷きを入れてみましょう。ドラッグストアなどで吸湿性が高く薄いインソールがいろいろと販売されています。そして、大人の靴用でも、子供の靴に合わせて切って入れれば大丈夫です。

 

どうしてもダメなら制汗剤を

汗の嫌な臭いの原因は、皮膚についた雑菌です。汗が出るのを抑えられれば、嫌な臭いを消すことができます。そして、そんな汗の臭いを抑えるグッズとして有名なのは、制汗剤です。スプレータイプやロールオンタイプなど、ドラッグストアに行けばいろいろな商品が販売されています。

もし、これまでお伝えした子供の足が臭い対策をやってみて効果が無い場合は、制汗剤を使ってみましょう。ドラッグストアでは、クリームタイプの制汗剤が販売されています靴下をはく前に、足の底にこのクリームを塗ってあげることで、汗が抑えられ、靴の中が蒸れにくくなります。そして、それが雑菌の発生を抑えて臭いも抑えられます。

また、制汗作用が長時間続く、足専用の制汗クリームも販売されています。お出かけなど、外で長い時間過ごす場合は、こういった商品の利用も検討すると良いでしょう。

 

多汗症の可能性も

子供の足を清潔にして、さらに靴が蒸れないようにするなど、足の臭い対策をやっているのに臭うのなら、多汗症という病気かもしれません。多汗症は、暑さや運動とは関係なく大量の汗をかくのが特徴で、特に汗腺の多い手のひらや足の底で多くの汗をかきます。そのため、多汗症の子の靴の中は、他の子よりも雑菌が繁殖しやすい環境にあります

もし、多汗症かもしれないと思ったら、皮膚科の専門医に相談してみてください。そのうえで、病院での治療を行いながら、足の臭い対策をやってみてください。例えば、いつも履いている靴から、通気性のよいものに変えてみる、また、靴下も吸湿性と速乾性に優れた素材を用いた製品に変えてみるといった感じです。さらに、消臭抗菌仕様の靴下も売られているので、ぜひ、利用してみましょう

 

いかがでしたか。子供の足の臭いがひどい場合に取り組んでほしい消臭対策についてお伝えしました。

子供の足が臭いのに気がついたら、まずは、足をきれいに洗ってあげてください。お風呂で洗えと言っても子供たちはお風呂で遊ぶのに夢中で、すぐに忘れてしまいます。気が付いた時に、すぐシャワーで洗ってあげるのもよいでしょう

なお、ドラッグストアには、大人用の足の臭い対策グッズがいろいろと売られています。靴の中の汗を吸ってくれる中敷きや、足の底に塗るタイプの制汗クリームなどは、子供の足の臭い対策にも使えます。もし、そういった対策グッズを使った経験があれば、子供にも使ってみてください。

お友達のお宅に上がって足が臭いなんて言われないように、十分な対策をしてあげましょう。

まとめ

子供の足の臭いが気になったら取り組みたい消臭対策とは

・対策の基本は足の清潔に保つこと
・臭いの原因にもなる靴をこまめに洗おう
・外に出る際には靴下を履かせるこの対策の1つ
・足の底にクリームの制汗剤を塗るのも良い
・対策に効果が無ければ多汗症の可能性も


連記事