子供の口臭からわかる、早く対処しておきたい7つの病気

子どもの口臭からわかる、早く対処しておきたい7つの病気

子供は大人以上に、口臭が出やすいので注意が必要です。子供の口臭は免疫力、抵抗力が落ちると出やすく、精神的なストレスも受けやすいので注意が必要です。

大人と同じように食生活や歯磨きでの磨き残しでも口臭は出やすくなります。内科的疾患からの口臭はあまり見受けられないのですが、幼少期は精神面にストレスを与えることになるので、フォローもしっかりと行いましょう。



 

子供の口臭からわかる、
早く対処しておきたい7つの病気

 

鼻炎やアレルギーはドライマウスにご注意!


花粉症やハウスダストアレルギーのお子さんは注意が必要です。鼻水や鼻づまりが起こると、どうしても口で呼吸をおこなってしまいがちです。口で呼吸すると、口の中は乾いてドライマウスという症状が起こります。

唾液はとても重要な役割があり、口の中を洗浄し、抗菌する作用があります。口の中が乾いてしまうと、この唾液がなくなり口臭がしてしまうのです。鼻炎やアレルギーから副鼻腔炎を起こすとされに子どもの口臭はきつくなってしまいます。鼻の具合が悪い時は耳鼻科を受診し、対策を行いましょう。

 

虫歯からの口臭は早期発見!早期治療が決めて!


子どもの歯はとても弱くすぐに虫歯になってしまいます。日頃からの歯磨きが重要ですが、唾液の量が少ないとドライマウスや虫歯にもなりやすいの口の中をキレイにたもつためにも、唾液分泌を高める食生活を意識しましょう。

まず、和食中心にして咀嚼力を向上させましょう。加工食品ではなく、薄味で、噛めばかむほど味が出るような食べ物を1品準備してあげる事も大切です。噛む事で唾液の分泌が高まります。

食事中のお茶は食べ物を流し込み、咀嚼力や唾液の分泌を抑えてしまいがちです。子どもの口臭を防ぐ事は食生活を整える事と通じ合っている事が理解できるでしょう。

 

舌の汚れ?舌苔からの口臭


舌の汚れが口臭に結びついていると考える親御さんは多く、歯ブラシで舌を磨く事を教えたりする人もいます。しかし、舌の舌苔の汚れは唾液で流されていくものです。

あまり気にする必要はありません。食後の歯磨き粉なしのブラッシングやキシリトールガムを噛む事で唾液の分泌を活発にしましょう。舌を歯ブラシで磨いてしまうと、舌に傷が入り味覚が悪くなってしまいます。

 

「学校でなにかあった?」ストレスからの口臭


新学期や初めて何かをする時に大人も子どもも緊張するものです。緊張は体にストレスとして、唾液の分泌を抑制し口臭を起こしやすい環境を作り出します。

新しい環境の緊張で体がなれない時期は、体を動かす遊びをしっかりと行いましょう。子どもを膝に乗せてあげたり、いっしょにお風呂に入ったりする事もストレスを発散させ安心する事に繋がります。

早寝・早起き・朝ご飯の大切さは子育てにおいてよく聞きます。それは、子どもがストレスをためない生活に最も必要なものなのです。子どもの口臭を防ぐ事につながるのです。

 

風邪からの口臭は水分補給で防ごう!


子どもの口臭は喉の病気からくるものもあります。扁桃腺炎、アデノイドなどが原因となる場合、喉にある膿が臭いの原因です。免疫力が低下し、風邪をひいた場合でも同じことが言えます。

体に異常が起こり鼻呼吸が難しくなると口呼吸に変化します。口の中の水分がなくなるとネバネバの唾液になります。これもまた、口臭の原因となるのです。水分補給をこまめに行い、医師の診断を受けましょう。

 

食生活を整えて腹痛からの口臭を防ごう!


免疫力や抵抗力が低くなってしまった場合、子どもの口臭は出やすくなっています。消化器系の不調の場合、体の中で処理ができないガスが口から出され、それが口臭となります。便秘の子どもは特に、腸の動きが悪い事から口臭が目立ちます。

食物繊維が含まれた食べ物、フルーツなどを多くとる事が必要です。あまり噛まずに飲み込む事、甘い食べ物が多い事も便秘になりやすい体質を作り出してしまいます。子どもに与える食べ物は全て、子どもに影響を与える事を知って食事を与えて行きましょう。

 

お母さん、心配しすぎないで!


朝起きてすぐは誰にでも口臭はあるものです。しかし、そのホンの少しの、その一時期の口臭をしきりに気にする親がいます。「口臭でわが子がいじめられたらどうしよう・・・」という不安感から、少しの口臭でも神経質に言い、子どもはその親にストレスを抱いてしまします。

まず、子どもに起きている口臭は一時的なものなのか、長期間のものなのか、チェックしましょう。そして、どうしても心配であるのならば、親族に臭いをかいでもらうなどやって見てはいかがでしょうか?心配のし過ぎである事に気づく事ができますよ。

 

いかがでしたか?

子どもの体を作っているのは親である私たちです。口臭は正しい食生活と、正しいブラッシングで防ぐ事は可能です。これから先、大人になって口臭で悩まなくていいようにしっかりと教えてあげましょう。

子どもの時にしっかりと口の中をケアする基礎を作ってあげる事が、親が出来る子どもたちへのない物にも代えられないプレゼントとなるのですから。

 

まとめ

子供の口臭からわかる、早く対処しておきたい7つの病気

・ 鼻炎やアレルギーはドライマウスにご注意!
・ 虫歯からの口臭は早期発見!早期治療が決めて!
・ 舌の汚れ?舌苔からの口臭
・ 「学校でなにかあった?」ストレスからの口臭
・ 風邪からの口臭は水分補給で防ごう!
・ 食生活を整えて腹痛からの口臭を防ごう!
・ お母さん、心配しすぎないで!