子供の口臭がキツイのは何故?その原因と対処法

子供の口臭がキツイのは何故?その原因と対処法
可愛い子供の口からキツーイ口臭がしてきたら驚いてしまいますよね。口臭なんて大人だけの問題だと思っている方が多いかもしれませんが、子供の口臭が気になって悩んでいるお父さん・お母さんは意外に多いのです。

どこか体が悪いのか、病院を受診すべきなのか、幼稚園や学校などでお友達に不快感を与えているんじゃないか…色々な面で心配になってしまいます。特に、友達同士の間だと口臭が原因でいじめに発展するなんていう事もあり得ますので、一番近くにいるご両親が気付いた時に、素早く対応してあげる必要があります

そこで今回は子供の口臭がきつくなる原因と、それに気付いた時の対処法についてお伝えいたします。



 

子供の口臭がキツイのは何故?
その原因と対処法

 

虫歯がある・歯磨きが上手にできていない


虫歯や歯磨きに関しては大人も子供も同じですから、イメージしやすいでしょう。虫歯によって口内に雑菌が繁殖し口臭が発生したり、食べカスなどが歯に付着したまま時間が経つ事で口臭につながります

また、歯についた食べカスを放置することで新たな虫歯が発生したり、近年では子供でも歯茎から出血する歯肉炎などになり、口臭が発生するケースも増えてきています

対処法は、口の中の事ですからやはり歯医者さんです。まずは小児歯科へ相談してみましょう。虫歯がないか、磨き残しはないかなどはもちろんですが、歯磨きの時に出血がないかなど、歯肉炎のチェックもしてもらうと良いでしょう。虫歯が痛くなってからでは子供は歯医者さんに行きたがらないものですから、子どもの口臭が気になった時点で一度診察を受けてみることが大切です。

 

口呼吸になっている


意外と侮ってはいけないのが口呼吸です。ただ単に口で呼吸をしているというだけの事ですが、子供の口内にトラブルはないのに口臭がする…といった場合、その多くは口呼吸になっていることが原因と考えられます。

口の中では、唾液が口内の汚れを洗い流したり、雑菌が繁殖しないよう殺菌するなど虫歯や口臭を防ぐ働きをしているのですが、口呼吸になると口内が乾燥して雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。特に子供は大人よりも意識的に呼吸を行うことが難しい為、口呼吸のクセがつく事で、結果的に虫歯にもなりやすくなる上に、口臭も発生してしまうのです

歯科で異常が見つからず、鼻詰まりも無いのに口呼吸になってしまっている場合は、口を閉じるために必要な口の周りの筋肉がきちんと発達していない為に口が開きやすく、口呼吸のクセがついてしまっている事が考えられます

これの改善には筋力トレーニングが必要です。子供と一緒に口を大きく開けて一言ずつゆっくり発音するなど、顔の筋肉をたくさん動かす運動を行い口周りの筋力アップを図りましょう。口を閉じて鼻呼吸ができるようになれば、唾液の量も増えて、自然と口臭は気にならなくなってくる事でしょう。

 

鼻にトラブルがある


口呼吸にもつながってくるのが子供の鼻のトラブルです。「口臭なのに鼻?」と思う方もいるかもしれませんね。しかし口呼吸になってしまう原因の多くは『鼻づまり』です。鼻がつまって鼻呼吸ができなくなる事で、口呼吸になってしまうというケースは、大人にも言える事です。

それともう一つ、鼻が原因で子供の口臭につながっているのが『蓄膿症』です。蓄膿症は鼻の横あたりに膿がたまり、口から嫌な臭いを発してしまうというものです。悪化した場合、手術で切開をして膿を出す事にもなりますので早めの対処が必要です。

虫歯も磨き残しも無いが、鼻づまりをしている場合は耳鼻科の診察を受けることをおすすめします。鼻呼吸ができない事には口呼吸をやめさせる事はできませんから、まずはその口呼吸になっている原因を断ちましょう。

一時的な風邪であっても、鼻の通りを良くするシロップなど処方してもらえます。子供が鼻づまりで苦しそうにしているのは可哀想ですし、口臭が発生しているのであれば蓄膿症の疑いもあります。ただの鼻づまりにしても、蓄膿症であっても、まずは耳鼻科を受診する必要があります。

 

ウイルス性の風邪


そして最後にウイルス性の風邪があげられます。子供は周りから色々な病気をもらってくるものです。風邪の症状によって扁桃腺が腫れてしまうと、口臭が発生します。風邪の症状と共に、薬の影響も考えられ、風邪薬の副作用により口内がドライマウスの状態になり、唾液が減る事で口臭が発生する場合もあります

これに関しては一過性のものですので、風邪の症状がおさまり薬の服薬もなくなれば子供の口臭も自然となくなっていきます。対処するとしたら、喉の炎症がひどくならないように子供にマスクをつけてあげましょう。マスクによって口臭が外に漏れるのを防ぐこともできます。

 

いかがでしたか。原因究明の流れとしては、まずは小児歯科で虫歯・磨き残し・歯肉炎のチェックをし、異常が無ければ鼻づまりがあるか、風邪の症状があるかなどを見て耳鼻科に行くか小児科に行くかを決めて、最終的に異常が無い場合は口周りの筋力をアップして鼻呼吸に転換…という流れがスムーズです。

子供が自分で口臭に気付くのはなかなか難しい事です。幼稚園や学校でつらい思いをする姿は見ていられませんよね。一番近くにいるご両親がいち早く気付き、素早い対処をしてあげる必要があります。

ただし注意して頂きたいのが、いくら子供のためとはいえ、口臭の問題は非常にデリケートである事を忘れてはいけません。「子供だからわからないだろう」と、がさつな対応をしていては、心を深く傷つけてしまう事だってあるでしょう。子供本人に口臭の指摘をしなくてはならない時は、本人がどんな気持ちになるかをしっかりと考えて対応してあげてください。

子供を一人の人格として思いやり、口臭の原因について理解する事で、一つずつ解決に向けて進んでいきましょう。

 

まとめ

子供の口臭が気になったら

・子供の口臭には4つの原因がある。
・原因を特定する為に専門医の診察を受けましょう。
・原因究明には歯科→耳鼻科又は小児科への流れがスムーズです。
・子供も一人の人格。口臭の指摘はデリケートな問題であることを忘れずに。