コーヒーダイエットで脂肪燃焼させる方法と注意点

コーヒーダイエットで脂肪燃焼させる方法と注意点

コーヒーで脂肪燃焼ができるということで評判になっています。毎日飲んでいるコーヒーでダイエットできるなら魅力的ですよね。しかしながら、健康的には、コーヒーは賛否両論に分かれます。それはダイエット効果がある、ないという話しではありません。健康に良い、悪いという賛否両論です。

実際に、何杯飲んでも平気な人もいれば、ちょっと飲むだけで眠れなくなる人もいます。極端に評価が分かれるのがコーヒーです。好きか嫌いかでも、はっきりします。

なぜ、ダイエット効果があるのか、どのような飲み方をすれば効果があるのか、知りたいですよね。そこで今回は、コーヒーダイエットで脂肪燃焼させる方法と注意点についてお伝えします。



 

コーヒーダイエットで
脂肪燃焼させる方法と注意点

 

コーヒーでダイエットできる理由は?


コーヒーでダイエットできる理由は、コーヒーに脂肪燃焼を高める効果があることです。コーヒーの脂肪燃焼を促進させる効果は、コーヒーに含まれているクロロゲン酸とカフェインにあるというのがポイントです。

カフェインに対する考え方は賛否両論がありますが、カフェインには、中枢興奮作用、強心作用、利尿作用、胃液分泌促進作用、血行促進作用などがあります。その中の血行促進作用に注目したのがコーヒーダイエットです。

もう1つのポイントになるクロロゲン酸は、ポリフェノールの一種です。クロロゲン酸は強い抗酸化作用がある栄養成分で、コーヒーポリフェノールとも呼ばれます。コーヒーが健康に良いと言われたり、コーヒーに脂肪燃焼の効果があると言われたりするのは、クロロゲン酸が含まれているからなのです。

 

ダイエットを目的としたコーヒー豆のロースト


コーヒーに脂肪燃焼の効果がある成分のクロロゲン酸には、熱に弱いという点では、深煎りの豆よりも浅煎りの豆の方が良いです。参考までに、深煎りの豆よりも浅煎りの豆の違いをあげておきます。深煎りの豆は膨らみが大きくサクサクしていて、浅煎りの豆は、膨らみが少なく締まっていて硬いというのも特徴の一つです。

豆の色は、深煎りは濃くて黒い、浅煎りが薄いです。味は、深煎りは苦味が多く、浅煎りは酸味が多いです。浅煎りであればあるほど、果実の成分が残っていて、それがフルーツのような酸味を醸し出すからです。

 

ダイエットを目的としたコーヒーを入れる時のお湯の温度


おいしいコーヒーの入れ方では、コーヒー豆の種類によって、お湯の温度を変えます。75℃~90℃という幅があります。ダイエットを目的としたコーヒーを入れる時の温度は、80℃が推奨されています。その理由は、コーヒーの脂肪燃焼の効果があるクロロゲン酸の熱に弱いという特徴からです。

参考までに、おいしいコーヒーの入れ方で、コーヒー豆を選ぶと、エチオピア産のモカハラーが75℃のお湯が良いとされています。酸味が強くなりますが、エチオピア産のモカハラーで、ローストを浅煎りにすると、ダイエットに適しているコーヒーということになります。これは、あくまでも参考なので、お好きなコーヒーでいいですよ。

 

インスタントコーヒーとアイスコーヒー


コーヒーの脂肪燃焼の効果があげるには、アイスコーヒーよりもホットコーヒーの方が吸収率が良いとされています。インスタントコーヒーよりもドリップ式の方が良いとされているのは、クロロゲン酸の量の差です。ミルクや砂糖はダイエットに不向きなので、ブラックコーヒーがおあすすめです。

 

飲む時間帯


コーヒーの脂肪燃焼効果を高めるには、運動を始める20~30分前に飲むのが最適です。毎日の日課にするには難しいタイミングですが、運動をする日には、目安にしてみてください。

 

飲む量


ダイエットを目的としてコーヒーを飲む場合の飲む量については、1日3杯~5杯とされています。飲みすぎないように注意したいということで、カフェインの加減を考えた量です。カフェインに弱い人は、動悸、めまい、不眠、頭痛、食欲不振、嘔吐などが心配されます。

 

ココナッツオイルコーヒー


コーヒーをアレンジするなら、ココナッツオイルコーヒーがおすすめです。ココナッツオイルをティースプーンで1杯程度入れて、よくかき混ぜて飲んでください。よくかき混ぜるとミルクを入れたような味になります。ミキサーやミルクフォーマーなどを使って撹拌すると、よりまろやかになります。

ココナッツオイルは、エネルギーの代謝を活発にする中鎖脂肪酸ということで、ダイエット効果があるということで注目されています。

 

以上、コーヒーダイエットで脂肪燃焼させる方法と注意点についてお伝えしました。コーヒーダイエットは脂肪燃焼させる方法なので、飲むだけではなく、運動をプラスする方が良いです。コーヒー好きで、よく飲んでいる人が痩せることができるということではないということです。

また、健康上のことを考えると、カフェインが体に合わない人には不向きとも言えます。逆に、コーヒーが好きでも、味に自分のこだわりがある人にはつらいかもしれません。

コーヒーダイエットで推奨されているのは、コーヒーを入れる時のお湯の温度は80℃で、ブラックコーヒーです。飲む量は、1日3杯~5杯が目安です。つけ加えると、インスタントコーヒーよりもドリップ式、アイスよりもホットがおすすめです。

 

まとめ

コーヒーダイエットで脂肪を燃焼させるには

●コーヒーのクロロゲン酸に脂肪燃焼効果がある。
●深煎りの豆よりも浅煎りの豆の方が良い。
●コーヒーを入れる時のお湯の温度は80℃。
●ドリップ式、ホット、ブラックのコーヒーがいい。
●運動を始める20~30分前に飲むと効果があがる。
●飲む量は、1日3杯~5杯。
●アレンジするなら、ココナッツオイルコーヒー。