効果的な頭皮の保湿ケアで健康な髪を養うテクニック

効果的な頭皮の保湿ケアで健康な髪を養うテクニック

頭皮の保湿と聞いて、顔や体じゃないんだからと疑問を感じる人も少なくないでしょう。しかし、頭皮はシャンプー後、濡れたままだと雑菌の繁殖などで、臭いの原因になったり、健康な発毛を阻害してしまうと言われています。

それなら髪を自然乾燥すれば、頭皮の表面に水分を保つ時間が長くなるので、保湿になるのではないか思う人もいるはずです。ただし濡れたままというのと保湿は全く違います。それと、もうひとつ勘違いしてしまいやすいことがあります。

頭皮がべたつきやすいので、乾燥しづらいのではないかという点です。実は、べたつきやすい部分というのは、本来の脂分を洗ったり拭いたりして取り除き過ぎてしまう為、もっと脂分が必要だと体が判断してしまい、過剰に脂分が出てしまいべたつくのです。

それが原因でバリア機能が低下し、保湿する機能も低下してしまい、健康な髪を養う環境が作れなくなってしまうのです。それを防ぐために、頭皮の保湿を考えてみましょう。



 

効果的な頭皮の保湿ケアで
健康な髪を養うテクニック

 

頭皮の保湿がなぜ必要なのかを知ろう


頭皮のトラブルというと、フケやかゆみなどが浮かびますが、これも頭皮の乾燥が原因です。フケやかゆみがあるというと髪をキレイに洗えていなくて不潔だという印象を持ってしまいますが、清潔にしている人でも、このトラブルは発生することがあります。

べたついたフケは、頭皮の汚れが原因ですが、パサパサとした白く細かいフケは、実は頭皮の乾燥が原因です。この状態は、健康な髪を養う為には、よくありません。健康な髪の為には、まず健康な頭皮であることが絶対条件なのです。いろんな外的刺激から頭皮を守る為にも、保湿というバリアが大切なのです。

 

頭皮にやさしいシャンプーで丁寧に洗おう


頭皮の乾燥を防ぐ為に、使用するシャンプーを見直すのも大切です。洗浄力が強いシャンプーは、頭皮の乾燥する原因を作りやすくしてしまいます。

出来れば、天然のアミノ酸系のシャンプーを使って、やさしく丁寧に洗ってください。アミノ酸は髪と同じ成分なので、頭皮や髪にやさしいのです。やさしく丁寧にシャンプーをしたら、しっかりすすいでください。

髪と同じ成分といっても、頭皮や髪に残っているのはよくありません。それはリンスやトリートメントなども同じです。髪につけて、必要な時間おけば、すすぎをしっかりしても、大事な成分は、髪の毛に残ってくれます。どんなに良い成分でも過多になるのは、よくありません。その為、しっかりすすぎましょう。

 

ドライヤーを上手に使って乾燥を防ごう


ドライヤーは、髪を乾かす為に使うものなので、乾燥してしまうのは、ある程度は仕方がないのかもしれません。しかし、今のドライヤーは、高温で風量が強いものが多く出回っていて、使い方を間違えてしまうと、頭皮や髪を傷めたり、ひどい場合は火傷をしてしまいます。

ドライヤーを上手に使うポイントは、距離と温度です。髪を乾かすのは、かなり面倒な作業なので、ついつい短時間で乾かしたい為に、ドライヤーを高温にして頭皮や髪に近づけて当ててしまいがちですが、これが乾燥の原因です。忙しい時は仕方がありませんが、極力低温を使い、頭皮との距離を離して、使用するようにしましょう。

その為にもドライヤーを使用する前のタオルドライを丁寧にしておくと、ドライヤーの使用時間が短くて済みます。それ以外にも、ドライヤーを使用する時は、まず頭皮から乾かすと、短時間で髪が乾きやすくなります。

万遍なく風が行き渡るように、空気を含ませるように乾かすのがポイントです。このドライヤーのテクニックが、頭皮の乾燥を防いで、健やかな髪を育ててくれるのです。

 

保湿アイテムを使って保湿しよう


頭皮の保湿用のエッセンスやオイルがたくさん出ていますが、極力、天然の成分のものを使ってください。顔から続いている皮膚なので、化粧水の使用も可能です。しかし、乳液などは、頭皮の毛穴を塞いでしまう可能性があるので使用しないでください。

髪に良いとされている椿油やホホバオイルもおすすめです。どちらも皮膚になじみやすく、べたつきもないので、オイルを頭皮に使うのであれば、この2つのどちらかが良いでしょう。

保湿アイテムを使用する際のポイントは、髪の毛を乾かしてから使用するということです。濡れた髪に使うものもありますが、明記していなければ、ドライヤーで乾燥した後の清潔な状態で使用してください。

 

頭皮の紫外線対策をしっかりして、地肌を守ろう


お肌と一緒で、日焼けは地肌の老化を早めてしまいます。頭皮がダメージを受けて、抜け毛が多くなってしまったり、新しい髪が元気に生えてこなくなってしまいます。

それ以外にも、紫外線によって髪の毛のキューティクルを傷つけてしまい、髪の寿命が短くなってしまうことがあります。帽子や日傘などで、紫外線対策をしっかりしましょう。

髪の分け目をいつも同じところにしているのも、その部分だけ日焼けしてしまうのでよくありません。時々、分け目を変えるようにしてください。今は、髪にスプレーする日焼け止めも出ています。地肌を守る為に、上手に利用しましょう。

 

いかがでしたか。

頭皮の保湿ケア、きちんと出来ていましたか。1番のおすすめ保湿ケアは、保湿アイテムを使用することです。使うことによって、保湿するという意識も生まれますし、ドライヤーで髪を乾かした後につけるだけなので簡単です。

ヘアスタイルをキメることにばかり気を取られて、保湿出来ていない人も多いのですが、健康な髪だからこそ、ヘアスタイルがキマるのです。傷んでいる髪で、いろいろヘアアレンジしても、まとまりづらく、せっかく作ったヘアスタイルもすぐ崩れてしまいます。

だからこそ、頭皮の保湿ケアをしませんか。頭皮の保湿が、健康な髪を養うことになるだけでなく、顔のアンチエイジングにもなるのです。頭皮を軽く頭頂部に向かって指で軽く押し上げてください。その状態で鏡をみると、若返るはずです。頭皮のたるみは、顔に出てきます。頭皮の保湿ケアで顔のアンチエイジングも出来るのですから、すぐに始めましょう。

 

まとめ

効果的な頭皮の保湿ケアで健康な髪を養うテクニック

・ 頭皮の保湿がなぜ必要なのかを知ろう
・ 頭皮にやさしいシャンプーで丁寧に洗おう
・ ドライヤーを上手に使って乾燥を防ごう
・ 保湿アイテムを使って保湿しよう
・ 頭皮の紫外線対策をしっかりして、地肌を守ろう