コミュ障さんのトラブル回避法!長くバイトを続けるには

コミュ障さんのトラブル回避法!長くバイトを続けるには
自分はコミュ障のせいでバイトが長く続かない、そんな悩みを抱える若者は少なくないはず。たかがバイトだとしても、人格否定されたような気持ちになってしまいますよね。正式な社員と違い、いつでも辞められるがバイトの良いところです。ですが、気安い就労形態だからこそ、周りとうまく行かないせいで辞めざるを得なくなることもあるものです。特に、コミュ障の場合はバイト先でのトラブルが多くなりやすいため、自分から辞めたくなることも多いでしょう。

でも、人それぞれのお金の事情によってはコミュ障でもバイトを続けなければいけない事態もあるはずです。そこで今回は、コミュ障がバイトを続けるための心構えやトラブル回避法についてお伝えします。

 

コミュ障さんのトラブル回避法!
長くバイトを続けるには

 

周囲に媚を売る努力をしよう

ちょっと嫌な言い方ですが、円満に働くうえで「媚を売る」ことはかなり重要だとご存知でしょうか。これは、大人の世界では「社交辞令」と呼ばれるもので、嘘でも相手を気分よくさせることで仕事をスムーズに進める効果を持つものです。

コミュ障がバイトを辞める理由としては、仕事上のミスと言うよりも周囲から浮いたり険悪な雰囲気になったりして自ら辞める、もしくは上司に退職勧告されるケースが多いようです。これを避けるために、プライドは捨てて誰にでも媚を売りまくるようにしてみて下さい。

お世辞でも褒め言葉でも、相手を気分よくさせることに中心して働いてみると、意外とすぐに居心地の良い場所を作れます

 

何事も言い返さずに我慢しよう

コミュ障の人は、カッとなると立場を考えずに言い返す癖を持つ人が少なくありません。ネット上でも他の人に変な絡み方をする人のことをコミュ障と呼ぶ人が多いですよね。コミュ障と言えば無口な印象がありますが、意外にも余計なことを言うという特徴を持つ人がたくさんいるのです。

残念ながら、このコミュ障の癖はバイト先でも多発する傾向があり、上司にきつく注意されたときに揚げ足を取るようなことを言ったり、お客のクレームを真っ向から論破したりしてトラブルを起こすのです。こんな性格は余計なことを言い返さなければすぐに終わる問題を大きくするだけなので、カッとなっても言い返さず我慢する癖を付けましょう。

 

言いたいことを誤解なく伝えられるようになろう

キレて言い返すのは我慢するべきですが、何も喋らないせいで誤解を招くのはもっとNGです。コミュ障のせいでバイト先の他人のミスを擦り付けられたり、するべきことをしていないと思われるケースは多いです。

コミュ障がバイト先で円満に働くためには、言いにくいことこそしっかり伝える勇気を持つこと、そして他人に自分の意見を伝えられるだけのスキルを身に付けることです。このような伝達スキルをちゃんと身に付けられれば、あなたはバイト先で賃金以上のものを得られたと言っても過言ではないでしょう。

伝達スキルを身に付けることも業務の一環だと思って、言いにくいことを言える強さを身に付けましょう。

 

友達作りを目的とするのはやめよう

コミュ障の人がバイトする理由は、お金が欲しいだけではなく、学校以外の場所で新しい人間関係を作る目的もよくあるようです。ですが、これ自体を目的としてしまうのはおすすめできません

なぜなら、バイトと言えども純粋にお金が欲しくて働いている人、その職業を深く知りたくて働いている人がほとんどで、そんな中で「お金は欲しくないし、仕事にも興味は無いけれど友達が欲しいから働いています」なんて言ったら顰蹙を買ってしまうからです。また、お金や職業経験が目的でない人は、些細なトラブルで嫌になることも多いです。

バイトを始めようと思い立ったら、友達作り以外に自分にメリットがある仕事を選びましょう

 

どんな嫌なことも「お金のため」と割り切ろう

コミュ障でもバイトを長く続けるなら、何事も「お金のためだから」と割り切れるようになりましょう。ブラックバイトと呼ばれるほどの劣悪な環境は別ですが、普通に働いていればどこでも嫌なことはあるものです。

コミュ障の人は些細な人間関係の行き違いで落ち込んだり働く意欲を無くする傾向がありますが、それを我慢することも賃金に含まれているのだと思うようにしてみて下さい。お客さんのクレームだって、聞けば聞くほど時間が経って時給が加算されますし、上司の説教も「これを聞いている間は身体を動かさなくて済む」と良いように考えることもできます。

本来、労働はお金のためにすることですから、お金をもらうことだけを目的にして働いた方がストレスが少ないのです。

 

いかがでしたでしょうか。コミュ障の人がバイト先で円満に働き続けるためのコツなどについてお伝えしました。

コミュ障がバイト先でトラブルに巻き込まれるケースは、余計なことを言ってしまうケースと、必要なことを言わないケースが同じくらい多く見られます。つまり、トラブルを回避するためには、言うべきことと言わずに我慢するべきことの線引きをしっかりできるようになる必要があるということです。

「それができればコミュ障とは言わないよ……」と思った人もきっといるでしょう。でも、人はどんな苦難も「お金のため」と思えばできるようになるものなのです。

バイトは、自分を鍛える格好のチャンスです。お金とコミュ障卒業を同時に獲得することも夢ではないと思って、真摯に仕事に向き合いましょう。

まとめ

コミュ障でも長くバイトを続けるためには

・周囲に媚を売る努力をしよう
・カッとなっても何事も言い返さずに我慢しよう
・言いたいことを誤解なく伝えられるようになろう
・友達作り以外の目的を持ってバイトを始めよう
・どんな嫌なことも「お金のため」と割り切ろう


連記事