婚活地獄から抜け出したい!自分を見つめる5つのステップ

婚活地獄から抜け出したい!自分を見つめる5つのステップ
「結婚したい!」が高じて婚活にのめり込むと、皆が落ちてしまうのが『婚活地獄』。まだ結婚なんて考えていない人、既に結婚した人には無縁な言葉ですが、今こんな地獄の真っただ中でもがいているという人も少なくありませんよね。

婚活地獄の定義には諸説ありますが、よく言われるのは、婚活を繰り返すうちに年齢を重ねて自身の需要が低くなってしまったり、そのくせプライドが邪魔して妥協ができなくなることで、いつまでも婚活の終わり=結婚が見えなくなってしまうことです。

こんな婚活地獄に今まさにハマっているという人は、自分を見つめ直してみることをおすすめします。そこで今回は、婚活地獄から抜け出すために考えて頂きたい、自分を見つめ直すということについてお伝えします。



 

婚活地獄から抜け出したい!
自分を見つめる5つのステップ

 

「なぜ結婚したいのか」を考え直そう


まず、婚活地獄真っ只中のあなたにとって「結婚したい理由」が正当なものかどうか、相手にとって歓迎されるものかどうか考え直しましょう。「仕事を辞めて専業主婦になりたいから」とか「親の介護要員が欲しいから」という理由だとしたら要注意。これは、相手にとって何のメリットもありませんよね。

自分の得だけを求めて婚活している人は、よほど容姿や年齢に有利なポイントが無い限り売れ残ります。結婚したい理由が「気の合う人と幸せな生活がしたい」とか、「喜ばせる相手が欲しい」など、自分から相手に与えたい気持ちが持てないようなら、婚活をやめる以外に地獄から解放される方法はありません。

 

自分のスペックを客観視しよう


婚活を何年もしていると、自分のスペックが変化していることに気付きにくいものです。例えば、女性の20代後半と30代前半では、需要が大きく下がることはご存知ですよね。また、男性でも人によっては数年で頭髪が減ったり体型が崩れたりなどの衰えが出て、昔と印象が変わってしまうということがよくあります。

婚活地獄に陥る人は、この時間と共に変化する自分のスペックを見直していない人が多いです。いつまでも昔の自分の価値が維持されていると信じて疑わないからこそ、なぜ良い相手が見つからないかわからなくなってしまうのです。

 

見えにくいセールスポイントは無いものと考えよう


婚活は条件と条件のマッチングがすべてと言っても過言ではありません。そのため、年齢や年収などの数字、そして学歴、職種や家事育児・介護スキルなどの目に見えるセールスポイントに目が行きがちになります。

そんな中で、「収入は低いけど優しさは負けない」とか、「料理は下手だけど愛情込めて頑張ります」などの、就職活動の面接で言うようなふんわりしたセールスポイントを掲げられても、相手側は何の魅力も感じません。このような伝わりにくいものを自分のセールスポイントにするのは避けた方が良いです。

婚活における自己アピールは、明瞭なものをメインにすることをおすすめします。性格や意気込みは付き合う段階でジャッジすれば良いのですから、まずはわかりやすいものを掲げましょう。

 

相手への条件との釣り合いを考えよう


自分のスペックやセールスポイントを把握したら、相手に求める条件とマッチしているかどうかを考えてみて下さい。恐らく、既に30代半ばで出産のリミットが短いのに同年齢の男性を求めていたり、収入がそれほど無いのに家事を全てしてくれる女性を求めているなどというミスマッチが生じている人が多いのではないでしょうか。

一生一緒にいる人を探すのですから高望みになるのは仕方がありませんが、客観的に見て、低いスペックを好むハイスペックの異性がいるかと言えば、まずいませんよね。婚活地獄から抜け出すためには、自分を正しく評価して、高望みをやめることです。自分が結婚したい最高ランクの人を追及するのではなく、釣り合いがピッタリ一致する人を見つけ出す方にシフトすれば、候補者は意外と簡単に見つかります。

 

プライドを捨てよう


婚活ではプライドは捨てるべき、ということはよく言われますよね。プライドが無いのも困りものですが、あまりにプライドが高くては婚活の場では不利に働くばかりです。

プライドが高いと、気になる異性に気さくに話しかけることもしにくくなりますし、条件を下げることもできません。このように、プライドを守ることを重視して相手選びをすると、婚活地獄に嵌りやすくなります

人としてのプライドはもちろん捨ててはなりませんが、婚活に踏み出した時点から、「女のプライド」や「男のプライド」は忘れるようにしましょう

 

いかがでしたでしょうか。ここでは、「自分を見直し、良い相手を見つける」という方向で婚活地獄から抜け出す方法をご説明しました。

でも、本当に婚活に疲れているのなら、考え方を変えるよりもいっそ婚活をお休みするという方法の方が適切なこともあります。婚活地獄に陥ると、焦りが生じて一分一秒でも惜しくなるため、お休みするという発想に行き至りませんが、少し距離を置くことで余裕が生まれ、より良い相手を見つけやすくなるのです。

誰だって、今まさに地獄からやって来たような鬼気迫る人よりも、心に余裕を感じる人の方が魅力的に感じるはずです。今後も婚活を続ける覚悟の人は、一旦地獄から抜け出すためのステップを踏んで仕切り直しましょう。

まとめ

婚活地獄から抜け出すためのステップは

・「なぜ結婚したいのか」を考え直そう
・現在の自分のスペックを客観視しよう
・見えにくいセールスポイントは無いものと考えよう
・自分のスペックと相手への条件との釣り合いを考えよう
・婚活を邪魔する余計なプライドを捨てよう