口臭チェックを習慣にして、 印象美人になる7つの方法

口臭チェックを習慣にして、 印象美人になる7つの方法

毎日、過ごしている中で自分の口臭の臭いがわかればよいのですが、実は鼻は自分の臭いに慣れていきます。そのため、口臭がしていても自分では気づかないということがあるのです。自分は毎日歯磨きをしっかりしているから口臭がしないと決めつけずに、口臭チェックの習慣をエチケットとして習慣づけましょう。



 

みんな口臭はしています。


口臭0という人間はいません。誰もが生理的口臭という口臭があります。生理的口臭というのは、いっぱんてきにクサイ!といわれるような強烈な臭いはしないが、無臭ではないということです。まずは、だれもが口臭がするので、日ごろエチケットして注意をしなければならないということを忘れないようにしなくてはなりません。

逆に少し臭いがしたとしても気にし過ぎることがないようにしましょう。人を不快にするほどの口臭ではないものの、臭いが気になってしまう場合を心理的口臭といいます。気になれば気になり過ぎてしまうのが口臭です。過敏になり過ぎないように大らかにチェックをすることが必要です。

 

口臭チェックを習慣づけましょう。


ぼーっとテレビを見ているときでもよいので、手を口の前においてふーっと臭いを嗅いでみましょう。もちろん、手にハンドクリームなどを塗っていないこと、香りの強いものを触っていないことが前提です。できれば、飲み物を飲んだり、食事をしてから少し時間がたってからが理想的です。

少し口の中が渇いているかもという程度の時にふっとさりげなくチェックすることが必要です。片手で鼻と口を覆ってふっと息を吐きます。隙間があるので、息が漏れてしまってあまり正しい評価はできませんが、道具を必要としないので、外出先でも確認をすることができます。

 

きれいなグラスを用意しましょう。


きれいに洗ってにおいがついていない透明なグラスを用意しましょう。直径は、口と鼻の頭を覆えるくらいの長さがあるとよいです。グラスにふっと息を吹き込むとグラスの内面が曇ります。その感に臭いを嗅いでみましょう。自分がいま吐いたばかりの臭いを嗅ぐことができます。

 

グラスがないときはビニール袋でもOKです。


スーパーのレジ横にあるような透明なビニール袋を用意します。もちろん未使用が理想的です。お魚が入っていたなど使用済みのものでは意味がありません。ふーっと膨れるくらいに息を吹き込みねじって風船状にします。そのあと、自分の鼻近づけて中の空気を押し出してみます。

今まで知らなかった自分の口の臭いを直接嗅ぐことができます。もしかしたら、不快なにおいかもしれません。こんな臭いで話をしていたのかと後悔するかもしれません。気になることがあったら念入りにオーラルケアを行いましょう。

 

口臭チェックをするときは歯磨き前にしましょう。


歯磨きペーストの中には香料が入っています。フルーツ系やミント系など爽快な香りが含まれているので、歯磨き後の臭いはチェックをしても意味がありません。チェックするのに適しているのは、少し口が渇いているくらいがベストです。

コーヒーやお酒など匂いが強いものを飲んだり食べた後も食べ物の臭いが強いので意味がないのです。できるだけリラックスした状態でチェックを行いましょう。

 

舌の色を確認してみましょう。


自分の舌をよく見たことがありますか?舌はぶつぶつした構造しています。このぶつぶつした構造に、汚れが絡まり蓄積していきます。ドラッグストアでは舌ブラシというものが販売されています。これは歯ブラシより少し柔らかい素材で作られていて、舌の上に蓄積した汚れをかきだすことができます。

舌についている白や、灰色、黄色のべっとりしたものがあれば、舌苔(ゼッタイ)という汚れです。毎日の歯磨き習慣の中に、1日に1度でよいので舌の掃除を習慣づけましょう。

 

口の中を鏡でチェックしましょう。


歯磨き後に鏡で歯の磨き残しを確認する習慣がありますか?歯磨きペーストの香料による爽快感でしっかり磨けたように感じることが多いのですが、実は磨き残しがあったりするのです。磨き残しは細菌の巣になり虫歯や歯周病の原因にもなり、もちろん口臭の原因です。

下の前歯の裏側に歯石がついていませんか?もちろん、歯石は歯の汚れが時間をかけて固くなったものなので、細菌の巣なのでこれも臭いの原因となるのです。自分で歯石を取ることはできないので、定期的に歯科医院に通院しましょう。

 

いかがでしたか?

どんなに美人でも、お化粧が上手でも、服のセンスがよいお洒落でも口臭がしたら、もう美人とは思ってもらえません。残念ながら口臭=不衛生な印象を与えてしまうからです。毎日の歯磨きなどセルフケアのできないいい加減なひとという印象を持たれてしまう可能性もあります。

しかも毎日自分で吐いている息は、自分の鼻は臭いに慣れてしまっているのでしっかりチェックしようと思わない限り、臭いに気づくことはありません。オーラルケアに自信があっても、エチケットとして口臭チェックをする習慣をつけましょう。もしかすると胃など消化器系の疾患で臭いがするかもしれません。口臭チェックを行い、息の爽やかな健康美人になりましょう。

 

まとめ

口臭チェックを習慣にして、印象美人になる7つの方法

・ みんな口臭はしています。
・ 口臭チェックを習慣づけましょう。
・ きれいなグラスを用意しましょう。
・ グラスがないときはビニール袋でもOKです。
・ 口臭チェックをするときは歯磨き前にしましょう。
・ 舌の色を確認してみましょう。
・ 口の中を鏡でチェックしましょう。