1分でできる口臭チェックで 人間関係を円満にするテクニック

1分でできる口臭チェックで 人間関係を円満にするテクニック

ふとした瞬間、自分の口臭が気になることはありませんか?人は誰でも生理的な口臭があり、寝起き時や空腹時、ストレスを感じたときなど多少なりににおうものですが、口臭がきつい場合は常時人を不快にさせるにおいを持っています。

自分の口臭はなかなか自分ではわかりにくいので、家族や友達など人に指摘してもらわないと気づかないものですが、他人に注意されたら恥ずかしいもの。自分がいないときに「あの人って口臭がきついよね」と言われないためにも、自分で簡単に口臭チェックができる方法があると安心です。

今日は誰にでもできる1分でできる口臭チェック方法をご紹介しますので、お出かけ前や人と話す前に確認し、人間関係を円満にするツールとして参考にしてくださいね。



 

1分でできる口臭チェックで
人間関係を円満にするテクニック

 

手を舐めてチェックしよう


最も簡単にできる口臭チェックは手の甲や手のひらを舐めることです。舐めてから1分以上放置し、唾液が完全に乾いてからにおいを確認してください。そのにおいは自分の口臭に限りなく近いにおいがしますので、通常であればほとんどにおいがせずに無臭に近いはずです。

唾液が乾ききっているのにも関わらずにおいがあるのであれば、口臭がある可能性が高いといえます。この方法は口臭の匂いの強さ、またどんなにおいがするのかはっきりと分かりますが、精神的なショックが大きいかもしれません。

しかし口臭があると自覚するだけで十分な進歩ですから、例えにおいがしても落ち込まずに前向きにとらえて口臭ケアを行いましょう。

 

ビニール袋やコップを使ってチェックしよう


まずはビニール袋かコップを用意し、深呼吸をしてきれいな空気を吸ってビニール袋またはコップの中に息を吹きかけて密封し、その後ににおいをチェックします。このチェック方法は鼻から息を吸いませんので、確実に口臭がするかどうかを判断することができます。

特に朝一番、寝起きの状態でチェックすると生理的口臭が分かりますから、自分の口臭がどんなものかを知ることができるでしょう。口臭を密封空間に閉じ込めますので、これでにおうようなら明らかに問題のある口臭があるということになりますから、丁寧な歯磨きなどの口臭対策が必要になります。

 

舌苔(ぜつたい)をチェックしよう


舌の上(表面)には白や黄色のぽつぽつした突起=舌苔があり、これは細菌のかたまりですので、口臭を引き起こす原因のひとつとなっています。この舌苔を綺麗なティッシュで優しくぬぐうか、爪でなぞって取り、乾くまで待ってにおいを確認してみましょう。

においがするようであればかなりの確率で口臭が発生していますので、歯磨き時に歯ブラシで舌の上をなぞって舌苔を取ることを習慣にし、においの原因を取り除いてください。

 

デンタルフロスでチェックしよう


デンタルフロスとは、糸ようじや歯間ブラシなどの糸状の歯間クリーナーです。普段からデンタルフロスを習慣化している人は意外と少ないものですが、歯科医や歯科関係者は毎日欠かさずデンタルフロスを使用するほど必須アイテムだそうです。

口臭の原因となる歯垢は歯と歯の隙間につきますから、このデンタルフロスを口臭チェックにも使用することができます。歯磨き前にデンタルフロスで歯間をこすり、乾くまで待ってそのにおいを嗅いでみましょう。

このチェック方法でにおうのであれば、虫歯や歯周病等の口腔系の病気が疑われますから、歯医者に行き詳しくチェックしてもらうことをお勧めします。

 

マスクを1時間つけてチェックしよう


マスクをすると通常呼吸を比べて息苦しくなりますから、鼻呼吸よりも口呼吸になりますので、簡単に口臭チェックをすることができます。マスクをつけて1時間ほど口呼吸をして過ごし、その後にマスクの内側のにおいをチェックしてみてください。

口臭の主な原因は唾液ですが、マスクをつけたまま過ごすと口呼吸とともにマスク内に唾液がつきますし、マスクをつけたまま話すことでマスクに唾液が付着しますので、口臭の有無を判断することができるのです。

この方法であれば、自分では気づかない咳やくしゃみなどの遠隔的なにおいも知ることができますので、人と話す機会の多い人にはぜひ試してほしいチェック方法です。

 

口臭チェッカーを使ってチェックしよう


ポケットにも入るコンパクトなサイズの口臭チェッカーは、数千円程度で購入することができます。小さなものであればどこでも持ち運ぶことができますので、大事な打ち合わせ前やデート前などさまざまなシチュエーションで口臭チェックをすることができます。

口臭チェッカーは物によりにおいレベルが4段階や6段階に分かれており、口臭の原因となるメチルメルカプタンや硫化水素などの悪臭成分をセンサーで察知して判断されます。

これはにおいの強さを数値で表しますので視覚的にはっきりと口臭の有無を知ることができますが、どんなにおいであるのか自分でわからないのが難点です。ただ科学的な検証としてにおいレベルを知りたい人にはお勧めのチェック方法です。

 

オキシドールを使ってチェックしよう


怪我をしたときなど家庭用の消毒剤として有名なオキシドールは、口臭チェックアイテムとしても使用することができます。オキシドールには殺菌力がありますので、口の洗浄や殺菌剤としても使われます。

まずはオキシドールを水で2倍程度に薄め、うがいをして吐き出してください。この際にオキシドールにたくさんの泡が出ている場合は、口臭がある可能性が高いでしょう。

この泡は口臭の原因となる食べかすから作られていますので、泡がたくさん出てしまった場合には今以上に念入りに歯磨きをし、デンタルフロスも日常的に使用するなどの口臭ケアを取り入れてみてください。

 

いかがでしたか。

自分で口臭チェックをする方法は色々ありますが、一番信頼できる方法はあなたが信頼している親や友達などにお願いしてはっきりと注意してもらうことです。しかしどんなに仲のいい相手でも頼みにくいお願いです。

心の準備をしていても実際に「口臭がする」と言われればとても恥ずかしく、大きなショックを受けることは間違いありません。そんな思いをしないためには、今日紹介したような1分でできる簡単な口臭チェックを日常的に行い、におうようであればそのための対策を考えて実行しましょう。

歯磨きを念入りに行ったり、マウスマウスウォッシュを使用したり、簡単にできる口臭ケアはたくさんありますので、1日も早く口臭の悩みを解決して人間関係の円満に役立ててくださいね。

 

まとめ

1分でできる口臭チェックで人間関係を円満にするテクニック

・ 手を舐めてチェックしよう
・ ビニール袋やコップを使ってチェックしよう
・ 舌苔(ぜつたい)をチェックしよう
・ デンタルフロスでチェックしよう
・ マスクを1時間つけてチェックしよう
・ 口臭チェッカーを使ってチェックしよう
・ オキシドールを使ってチェックしよう