快適健康ライフの基礎知識◎ 口臭から発見する胃の病気とは?

快適健康ライフの基礎知識◎ 口臭から発見する胃の病気とは?

口臭があるときにはまず口腔内に原因が考えられますが、歯みがきや口臭ケアをしっかり行ってもまだにおうときは、もしかしたら胃の病気が原因かもしれません。口は消化器官を通して胃と直接つながっていますので、胃に病気をかかえている場合、においとして上がってきて口臭として吐き出されるようになります。

胃の病気が原因で口臭が起こっている場合は口臭の中でも特にきついにおいがしますので、自分で感じるだけでなく実際に周りの人から口臭を指摘されるケースも多く、この場合は歯みがきやマウスウォッシュなどで口臭ケアをしてもほとんど効果はありません。

同じく食生活を見直したり胃の薬などを服用しても変わりませんので、口臭の原因となっている胃の病気をしっかりと認識し、早期発見・早期治療を行うようにしましょう。



 

快適健康ライフの基礎知識◎
口臭から発見する胃の病気とは?

 

胃炎を疑ってみよう


口臭が口腔内のものでなければ、まず考えられるのが胃炎です。胃炎は文字通り胃が炎症を起こしている状態で、症状が長期化すればするほど胃酸が出にくくなって食べたものを効率的に消化することができなくなります。

胃酸は胃に入ってきたものを消化するために欠かせないものですので、胃酸が少ないと消化不良を起こして食べたものが胃の中に停滞することになってしまいます。

通常食べ物は腸に運ばれて発酵されますが、胃の中に長く留まることによりここで発酵が始まってしまいますので、発酵臭が肺に入り口から吐き出されてしまうのです。

腸の中で働く善玉菌も胃の中で活動が起こると悪臭の原因となりますから、口腔ケアをしてもまだにおいがあるときには胃炎の検査を受けてみてください。

 

胃潰瘍を疑ってみよう


テレビドラマなどでは胃潰瘍で大量に吐血するシーンがありますが、あの症状はかなり深刻な段階で、初期~中期では吐き気や酸っぱい感じの口臭がする程度です。

胃潰瘍は食生活の乱れやストレスなどから胃酸が多く出すぎてしまう病気で、胃の粘膜を保護する機能が低下して胃の粘膜を溶かしてしまうことから起こります。

胃潰瘍になると胃の中にガスが溜まりやすくなりますので、ゲップの量が増えて酸っぱいにおいとなり、やがて口から吐き出される口臭が悪臭となってしまいます。

胃潰瘍は胃がキリキリと痛むような自覚症状があり、みぞおち辺りに不快感を伴いますので、心当たりのある場合は早めに内科を受診するようにしましょう。

 

十二指腸潰瘍を疑ってみよう


十二指腸潰瘍は十二指腸内の粘膜がただれている状態で、消化性潰瘍とも言われます。この病気は胃炎と同じく消化不良を起こしやすくなり、食べたものが体内に停滞しますので、異常発酵を起こして体内に悪臭が発生します。

体内に発生した悪臭物質は血液中に入り、全身をめぐって肺まで到達し、息として空気中に吐き出されます。十二指腸潰瘍が原因で出る口臭は卵が腐ったようなにおいや残飯のようなにおいがしますので、人が強烈に不快に感じる悪臭のひとつです。

こうしたにおいは血液中からきていますので口腔ケアをしても効果がなく、根本的に病気を治療しなければ口臭がなくなることはないでしょう。

 

消化器官系の病気を疑ってみよう


人は食事をするときに口から摂取し、歯で噛みくだき、そして食べ物は食道を通って胃に送られ消化されます。そのため消化器官は体内に食べ物を取り込むための入り口であり、ここに何かしらの病気があると消化がうまくいかないだけでなく、食べ物のにおいが逆流して口から息として吐き出されてしまいます。

口臭の原因は第一に口腔内、そして第二に胃の病気といわれていますが、消化器官は胃に食べ物を運ぶ大切な役割を担っているため、正常に機能をしていなければ悪臭を発生させるだけでなくやがて胃の大病へと成長してしまう可能性があります。

消化器官系の病気は進行するまで大きな症状がありませんのでなかなか気づかないものですが、胃の病気を疑う場合は同じく消化器官も検査をしてもらうといいでしょう。

 

逆流性食道炎を疑ってみよう


逆流性食道炎は、近年の食の欧米化によって患者数が増えている病気です。飲み過ぎや食べ過ぎで嘔吐したことがある人ならわかると思いますが、胃の中にあるものを全て吐き出した後で出てくる胃酸はとても酸っぱい液体です。

消化時に出る胃酸はpHは2前後ともいわれる強酸ですので、これが食道内に逆流すると非常に不快な胸焼けがあり、酸っぱい悪臭が発生します。逆流性食道炎はこうして強烈な胃酸が食道を逆流してきます。

食道内の粘膜を傷つけて酸っぱい胃液のにおいが口臭として放たれることになりますし、病状が進行すると食道がんを引き起こす可能性もあります。

 

胃がんを疑ってみよう


日本人に多いとされる胃がんは、塩分の高い日本食が大きく関わっているといわれています。胃の病気からくる口臭といってもさまざまなにおいがありますが、胃がんが原因でにおう場合は排泄物や汚物、ドブのような悪臭がします。

口が臭いといってもまさか口から汚物のようなにおいがするはずない…そんな風に思う人もいるかもしれませんが、胃がんから発生するにおいはまさにそのような酷いものであり、既に胃や消化器官の粘膜が壊死している可能性が高いです。

また胃がんを患っていると、口臭だけでなく体臭にも変化があり、甘ったるいにおいになるといわれています。こうした場合はすぐに胃や消化器官の専門の病院で胃カメラ検査やCTスキャンなどで診てもらうようにしましょう。

 

ピロリ菌感染症を疑ってみよう


一言でピロリ菌といってもいろいろな種類があり、人体にさほど影響のないものから胃の粘膜を刺激して荒らしてしまうものまでさまざまです。また体質によってピロリ菌に強い人や弱い人がいますので、一概にどのピロリ菌がどのように悪く作用するかははっきりと解明されていません。

ピロリ菌が作用して起こる胃の炎症は極めて複雑な症状になります。ピロリ菌は胃の中で自身を守るためにウレアーゼという酵素を作り出し、アルカリ性のアンモニアを発生させて強烈な胃酸を中和してますが、このときに出されるアンモニアが硫黄または卵が腐ったようなにおいがします。

実際にピロリ菌感染症の治療を受けた患者は口臭が改善されたという事例がありますから、口腔内また胃そのものに原因がない場合は一度調べてみることをお勧めします。

 

いかがでしたか。

多くの胃の病気は乱れた食生活や生活習慣、喫煙、ストレスなどが原因で起こります。胃は人間が食べるために欠かせない臓器のひとつであり、どの病気であっても薬の服用と食生活の改善が必須ですので、本人の自覚と努力が何よりも大切なのです。

胃の病気は口臭を発生させるだけでなく、消化器官や腸の病気などもはや口臭などといってられないような命に関わる大きな問題に発展する可能性がありますので、日頃から塩分・油分の摂りすぎに注意したり、野菜不足にならないなど配慮する必要があります。

健康で快適な毎日を送るためにも、上記のような違和感・口臭を感じたらすぐに専門医に相談しましょう。

 

まとめ

快適健康ライフの基礎知識◎口臭から発見する胃の病気とは?

・ 胃炎を疑ってみよう
・ 胃潰瘍を疑ってみよう
・ 十二指腸潰瘍を疑ってみよう
・ 消化器官系の病気を疑ってみよう
・ 逆流性食道炎を疑ってみよう
・ 胃がんを疑ってみよう
・ ピロリ菌感染症を疑ってみよう