高校デビューしよう!友達がいない貴方が始める5つの習慣

高校デビューしよう!友達がいない貴方が始める5つの習慣
高校に入学して新しい環境に慣れたころ、周りの同級生は楽しそうに青春を謳歌しているのに、気づいたら自分だけ高校に友達がいない…なんて寂しいですよね。

コミュニケーションをとることが苦手で自分を内向的な性格だと思っている人でも、ほんの少しの勇気を持って一言話しかけることによってクラスの中で孤立せずに周りの人と友好的な関係を結ぶことができます

また、高校デビューという単語を意識するあまり、春休みに気合を入れ過ぎて過度な外見のイメージチェンジは、逆にクラスで浮いてしまう可能性もあるので、友達がいない原因になります。

そこで今回は、高校デビューで友達を作り、楽しい学校生活を送るためにできることについてお伝えします。

 

高校デビューしよう!
友達がいない貴方が始める5つの習慣

 

挨拶をしよう

自分から率先して、笑顔で明るい声を使って挨拶をしましょう

笑顔は人に安心感を与え、親近感を感じさせる効果があるので、相手は良い印象を抱きます。もし、何か動作をしていたら一度動きを止めて相手の方をしっかりと向きましょう

会話のきっかけを作り、人と人との関係をよい方向へと導く挨拶の働きによって、高校生活が始まってすぐでも、言葉を交わす友達がいないという状況は避けられます。

また、相手から挨拶をされた時には必ず挨拶を返すことが大切です。高校で新しくできた友達であっても挨拶を返されないと「自分を認めてもらえていない」と感じてしまう場合もあるので、よい関係をつくることを難しくしないためにも気をつけましょう。

 

見た目の印象に気をつけよう

人は、最初に与えられた印象がその後の印象に大きく影響してしまう心理をもっています。高校デビューでの友達作りは第一印象が肝心と言っても違いないです。

見た目の第一印象は表情と姿勢です。無愛想な表情ではなく笑顔を心がけ、背筋をまっすぐに伸ばすことで明るくポジティブに見せましょう。

高校デビューでは、周りに合わせず、自分に合った服装や髪型、化粧に固執してしまうと悪目立ちしてしまいます。眼鏡からコンタクトレンズに変えたり、髪の毛を縮毛矯正したりブローするなど整えるだけでも印象は変わるものです。

清潔感も大切になるので眉や爪を整えたり、制服の着方もだらしのない印象を与える着こなしは避けましょう。

 

話のネタをストックしておこう

新聞や情報番組、ニュースアプリなどを活用して情報収集を行い、最新の流行や時事ネタについて広く浅い知識を蓄え会話に困らないようにしましょう

過去に体験した楽しかったことや、恥ずかしかった話題などをストックしておき相手に話すことで、自分がどのような人間なのかを知ってもらうことができます。軽い失敗談のように相手が笑って聞き流せるような話は、特に有効な自己開示手段となり、相手に親近感を抱いてもらえます。

この時、自分だけが長い時間話していると、自己主張が強い人だと思われてしまい、高校生活を送っていく中で友達がいない原因にもなるので、長くても1分ほどで終わるようにしましょう。

 

部活動に参加しよう

同じ趣味や特技の人が集まり、放課後の時間を共に過ごす部活動は、共通の話題も多くあるので話の内容に困る心配も少なく、親しい友達が作りやすい環境です。高校に入ってから部活動に身をおくことで、友達がいない学生生活を送る可能性は低くなります。

友達の輪が広がり同級生の友達が増えるだけでなく、先輩や他校の学生との交流も増えていき、自然と人間関係が広がっていくので積極的に部活動に参加しましょう

部活動には様々な種類のものがあり、集まる人の性格や空気が違います。部活動見学に行ったり、仮入部をして部活の雰囲気を実際に感じ、長く続けることができそうな部活動に入部しましょう。

 

思いやりをもって接しよう

外見を磨くことも高校デビューで友達を作るために大切なことですが、内面も磨かれていないと一時的な友人関係となってしまいます

人の粗ばかりが目立ってしまい、つい悪口を言ってしまったり、仲間意識の延長でイジメに加担しないように気をつけましょう。周りに流されず、時には自立した強さを持ちましょう

人の噂に流されたり、異性にだけ特別よくしたりせずに、分け隔てなく誰にでも誠意のある姿で接しましょう。そして、困っている人が目の前にいたら自ら声をかけて損得関係なく手を差出すことが必要です。

相手から信頼されるだけでなく、人に好意を抱いてもらうことができるので良好な関係を作り続けることができます。

 

いかがでしたか。高校デビューで友達をつくり、ずっと人と関わらずに1人でいないようになる5つの方法を厳選してお伝えしました。学校の中で関わっていく友達だけでなく、先生や入学を機に始めたバイト先での対人関係でも役に立つ方法です。

充実した高校生活を過ごすために、同じ年の友達だけでなく老若男女、周りの人に、挙げた方法を行うことを簡単だと感じる人は多くいないでしょう。しかし、幸いにも事前に準備することができる方法も多くあります。まずは、自分にできることを確実に増やし、毎日継続することを心がけて実践にうつす行動力を持ちましょう

高校デビューに向けて春休みを有意義に使うことによって、友達がいない学生生活から、人から新しい刺激を受け視野が広げることができる楽しい学生生活を送りましょう

まとめ

高校デビューで友達を作るには

・自分から率先して明るい声と表情で挨拶しよう
・笑顔を心がけ姿勢と身だしなみを整えて印象をよくしよう
・自分を知ってもらえるような話のネタをあらかじめ用意しておこう
・部活動に参加することで人付き合いの輪を広げよう
・周りの人に損得感情なく分け隔てなく親切にしよう


連記事