口臭と病気の関係を見つけて、しっかり治療する方法

口臭と病気の関係を見つけて、しっかり治療する方法
食後は勿論、寝起きにも気になる「口臭」。自分では気付かなくても、周りが不快な思いをして指摘をされるパターンもあったりと、何とか改善したいですよね。歯を磨いたり、マウスウォッシュを使ったりと、色んな工夫をすることでしょう。

しかし、それでも口臭が消えない事もあります。それは一体何が原因なのか。一般的に知られているのは、食べ物だったり、歯周病だったりしますが、それ以外にも原因があるのをご存知ですか。なんと口の中の病気だけでなく、体の病気によっても口臭が発生するのです。

口臭から分かる体の病気は、実は多くあります。一体、どんな病気から口臭が発生するのか、そしてどんな特徴や対処法、治療法があるのか、気になりますよね。そこで今回は、口臭と病気の関係と、その治療法をお伝えします。



 

口臭と病気の関係を見つけて、
しっかり治療する方法

 

1.口臭の原因


口臭はにおいの強い食べ物、アルコール、タバコなどの直接的な原因もありますが、ほとんどの原因は口の中にあり、大体が歯周病や虫歯によって引き起こされています。歯周病によってできた歯周ポケットは、細菌が潜むには好条件の場所になります。

特に、嫌気性の細菌(空気が届かないほうが増殖できる菌の性質)は新陳代謝を行う際、硫化水素やメチルメルカプタンという成分を発生します。硫化水素は腐った卵のようなにおいや温泉臭に似て、メチルメルカプタンは魚の臓物臭のようなにおいに似ています。

また虫歯になると歯に空洞ができるので食べカスが詰まりやすくなり、その食べカスが腐ることでにおいを発します。虫歯が進行すると歯髄の組織が変性し、壊死臭や壊疽臭が出てくるので、これが口臭へと繋がります。虫歯や親知らずを抜歯する場合も、歯を抜いた部分が穴になってしまい、食べカスが詰まりやすくなり、これもまた、口臭の原因となるのです。

 


2.口臭の種類


口臭にはいくつか種類があります。

①生理的口臭
誰にでもある口臭で、唾液の分泌が減少することによって口の中の細菌が増殖し、口臭の主な原因である「揮発性硫黄化合物(VSC)」がつくられることで発生します。 朝起きた時に最も強い口臭がすると言われ、他に空腹時や緊張時にも強まる傾向があります。しかし歯みがきをしたり、食事や会話をすることで弱まります。

②飲食物や嗜好品による口臭
ニンニクなどのにおいの強い食べ物、タバコやアルコールの摂取によって発生する口臭です。これらによる口臭も時間が経つと次第に無くなる一時的なものです。

③病的口臭
治療の対象となる口臭の類。病的口臭の90%以上は口内の疾患が原因で、なかでも舌苔(ぜったい)は最大の口臭源となっており、口臭の60%が舌苔から発生しています。

病的口臭の主な原因は、

舌苔:口内の細胞が剥がれ落ちて舌の上に溜まり、白く腐敗した沈着物です。
歯周病:病的口臭の原因として最も多い疾患。歯と歯ぐきとの溝で細菌がVSCを生産し、口臭を発生させます。
歯垢(プラーク)、歯石:細菌の集合体がプラークで、それが固まったものが歯石です。
虫歯:虫歯が進行すると、痛みだけでなく強烈な口臭が発生します。
唾液の減少:唾液が減ると細菌が増殖します。食事をしたり喋ったりすることで改善されますが、他の疾患が原因の場合もあります。

この他に、入れ歯の清掃不良や口腔ガンも口臭原因となります。

 


3.体の病気からの口臭の特徴


口の中の病気以外はどんなものがあるか、そしてその特徴はどんなにおいかをお伝えします。

①呼吸器系
気管支拡張症、肺ガン、肺結核、肺腫瘍などが原因となると、お肉の腐ったにおいが特徴。

②耳鼻咽喉系
扁桃炎、咽頭膿瘍、咽頭ガン、副鼻腔炎・副鼻腔ガンなどが原因となると、この場合も肉の腐ったにおいが特徴。

③消化器系
胃ガン、食道気管支瘻(しろう)、食道ヘルニアなどが原因と考えられ、この場合、も肉の腐ったにおいが特徴。

④肝機能障害
肝硬変や肝臓ガンなどが原因となると、アンモニア臭を帯びている。

⑤腎機能障害
腎不全などの腎機能の低下が原因となると、魚の腐ったようなにおいやアンモニアに似たにおい。

⑥カンジタ感染
咽頭、気管支、肺がカンジタに感染すると、すえたような焦げたにおいを発生。

⑦糖尿病
糖尿病が原因の口臭は、リンゴの腐ったような甘酸っぱいにおいのアセトン臭が特徴。

⑧トリメチルアミン尿症
魚臭症とも呼ばれ、先天的な原因や肝機能の低下などの後天的な原因による病気で、魚の腐ったようなにおい。

 


4.口臭の治療方法


①ドライマウス
別名、口内乾燥症。詳しい症状としては口がカラカラする、ネバネバする、舌がピリピリする、味覚障害などです。精神的ストレスを受けて自律神経のバランスが乱れたり、他の疾患によってドライマウスになることがあります。随伴症状として身体が乾燥傾向に傾くので、ドライアイ、便秘、筋肉のけいれんなども伴う事もあります。

治療法としては、

「唾液分泌体操、ツボ刺激療法」
唾液の分泌を司る、唾液腺分泌体操や、唾液分泌を促す傍廉泉(ぼうれんせん)、耳宮(じきゅう)などのツボを刺激する事により、唾液の分泌が促進させる。

「口の中を潤す」
こまめな水分補給をする。糖分の入っていない飲み物がオススメです。また、飴をなめたりガムをかむことでも唾液の分泌を促す方法になります。

「歯磨きはこまめに行う」
唾液には歯や口の中の粘膜を守る働きがあり、ドライマウスで口が乾燥気味になると口の中が不潔になりがちです。口の中を清潔に保つためにこまめな歯磨き、うがいを心掛けましょう。

「食事中はよく噛んで食べることを心掛ける」
噛む回数が減ると、唾液の分泌量が減少します。噛む回数を増やすことで唾液の分泌量は多くなるので、食事をするときは噛む回数を増やすことを意識しましょう。

「室内の乾燥を防ぎ、掃除や換気をこまめに行う」
室内の乾燥やハウスダストなどのアレルギーが原因で鼻呼吸がしづらくなり、口呼吸が増えると口腔内が乾燥しやすくなります。部屋の湿度を保ち、掃除や換気も心掛けましょう。

「会話を活発にする」
会話の中で笑ったり表情を豊かにすることで表情筋が活発になり、唾液腺が活発になる効果があります。歌ったりすることも効果的です。

②口腔ガン
口の粘膜に発生するガン。口腔底ガン、舌ガン、歯肉ガン、頬粘膜ガン、硬口蓋ガンがあります。初期段階では口内粘膜にただれがみられても痛みや出血などがほとんどないため、口内炎と思いこんで発見が遅くなることも。

50代以上での発症率が高く、慢性的な刺激を与える酒やたばこを嗜好する方に多い疾患です。基本的に手術に放射線治療や薬物療法、または免疫療法などを組み合わせて治療します。

③舌苔
歯科へ行く必要はありませんが、定期的なセルフケアが重要です。口を大きく開けて舌を出し、舌専用ブラシで後方から前方へやさしく2~3回ブラッシングし、ブラシを流水ですすぎます。これを舌苔が取れなくなるまでくり返し、その後、歯みがきをして終了です。

舌掃除を行うのは朝食後、歯みがきの前にするのがポイントです。舌清掃の際に奥まで器具を挿入すると嘔吐反射が起きるので、出来る範囲でやりましょう。

歯ブラシでゴシゴシ磨くのは厳禁。舌が赤く変色したり、ヒリヒリ感を伴ったり、飲食の刺激物で違和感を感じたりするようであれば力の入れすぎです。かえって舌苔がついてしまいます。

 

いかがでしたか。口臭にも色んな原因があります。それは普通にしていても発生するものだったり、病気によるものだったり、なかなか判断が難しくもあります。

それゆえに口臭を気にするあまり、実際には口臭は無いにも関わらず口臭があるように感じてしまう状態になる事も。これは仮性口臭といいますが、この場合は患者さんへのカウンセリングと指導を行います。通常はカウンセリングを行う事で納得してもらえるのですが、稀に自分に口臭があることを信じ込んでいる患者さんがいます。この場合を口臭恐怖症といいます。そのため、あまり気にしすぎるのもよくありません。

日々の歯磨きに舌の掃除をプラスしたりする事で、口臭は大きく改善されます。また口の中の病気かもと気に掛かるのであれば、歯医者さんに見てもらう事をオススメします。専門のお医者さんにかかれば、何かしらの原因が分かるはずです。そして、体の病気であればなおさらです。自己判断をせずに、しっかりと治療をして、気になる口臭から解放されましょう。

 

まとめ

口臭と病気の関係を見つけて、治療するには

1.口臭の原因が口の中の病気か、体の病気かを知る。
2.口の中の病気、体の中の病気にはどんなものがあるかを知る。
3.それぞれの特徴や臭いを知る。
4.自分で出来る対処法を知り、それを実行する。
5.決して自己判断をせずに、病院を頼り、それぞれに合った治療法を行う。