胃の口臭が公害レベルな人が持つ、9つの共通点

胃の口臭が公害レベルな人が持つ、9つの共通点
胃の働きが悪くなることが原因で、口臭問題をかかえていらっしゃる方が実はとても多いことをご存知でしょうか?

口臭って聞くと、虫歯や歯周病などが原因で口臭が起きているのではないかと思いがちになりますが、中には胃の病気が原因で起こることもあるんです。どんなにケアを行っていても胃の問題を解決できなければ口臭が改善されない場合があるんです。

今日はそんな胃から来る公害な口臭についてみんなが持つ共通点についてお話したいと思います。



 

胃の口臭が公害レベルな人が持つ
9つの共通点

 

その1: ピロリ菌

胃が原因で過激な口臭が出てしまう共通点として、このピロリ菌というのも原因の一つとしてあげられているのをご存知でしょうか?

このピロリ菌は正式名称ヘリコバクター・ピロリという胃の中に生息している菌なのですが、この菌は誰にでも生息している菌というわけではないんです。

胃の中は、胃液という強い酸によって胃液がたくさん覆われている為、菌などが本来胃の中に住めないと考えられていたのですが、ある特別な酵素によって胃酸が中和されてしまい、胃の中でもこのピロリ菌が生息できやすくなってしまったことが大きな発端になっているのではないかと言われております。

このピロリ菌が生息することによって、さまざまな問題が生まれます。酷い口臭はもちろんのこと、慢性的な胃炎といった問題や十二指腸潰瘍、胃がんに胃潰瘍等の原因にもつながってしまいます。

胃が弱い方や胃炎などになりやすいといった方がいましたらピロリ菌の可能性も疑った方が良いかもしれません。

 

その2: あまり食べない

胃の調子が悪いといった方は、消化もあまり良くないといった方が大勢いらっしゃいますので、食事に関してあまり摂取しないといった方は結構たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

しかしこうした口臭は、空腹時になればなる程きつくなりやすいそうです。唾液の分泌量というのが、食事をあまりとらないことによって働きが衰えてしまい、分泌量が減少してしまいます。

そうなると、お口の中は乾燥化しやすくなると同時に胃の中までも空っぽなことで乾燥してしまいやすくなりますので、より口臭がきつくなると言われております。

胃の調子が悪い時でも、なるべく食事はしっかりとるようにする事が大切だそうです。胃を乾燥させない為にも、消化の良い胃に優しい物を食べ、空腹をなるべく極端に作らないようにする方が良いそうです。

 

その3: 舌苔

口臭にはさまざまな要因がありますが、胃の不調や胃炎が原因で舌苔が生えて口臭を引き起こすことがあるそうです。舌苔という白い苔のようなものが舌に生えていることってありませんか?

この舌苔をお手入れすることで多少は口臭を抑えることが出来るそうです。しかし根本的な胃の問題を治さない限り、胃が原因で起こる口臭改善は難しいと思います。

胃が不調になると口臭の原因になります舌苔が生えてしまいますので、胃の調子を崩さないように日ごろから気を付けることも大切です。胃の働きが悪くなる原因の中には、血液中に老廃物がたまってしまうことも要因であると言われております。

なるべく繊維質の物を多く取れるようにすると口臭を抑えることが出来るそうです。この舌苔は、胃が不健康になってしまっている時にたまりやすくなるそうです。

乱れないように普段から気を付けると良いかもしれません。

 

その4: ストレスをなくそう

胃から口臭を起こす方の共通点として、過剰なストレスによって胃の調子を悪くし、口臭につながる問題を引き起こす方がいるそうです。

ストレスは、今の現代人には大変多いものですが、特に胃が原因の方の場合は、かなりの過剰なストレスによって引き起こされやすいと言われています。

例えば頭をよくお仕事などで使うことの多い方や、人間関係のストレスで過度の緊張状態が続いてしまうとった方などは要注意だそうです。

その影響から胃の調子が悪くなり、胃もたれや胃痛などの原因を引き起こしがちになるそうです。そこから長く胃の不調が続くことで嫌な口臭に発展してしまいやすく、上記でもお話しました、舌苔から口臭という形でつながってしまいます。

胃の調子が悪くなってしまいますと、体を守る免疫力までもが低下してしまう為、さまざまな病気にかかりやすくなってしまうこともあるそうです。

しかし胃の調子が良くなれば口臭も自然と解消されやすくなるそうなので、心身の健康の為にもストレスを溜め込みすぎないよう日ごろから気を付けると良いかもしれません。

 

その5: お肉習慣

胃が原因で起こる口臭の方の共通点として、お肉が大好きでお肉ばかりを食する「お肉習慣」の方も原因の一つとしてあげられているのをご存知でしょうか?

お肉は、動物性食物なのであまり食べすぎてしまいますと悪玉菌を増殖させてしまう原因になるそうです。

悪玉菌が体内生息してしまうと胃の不調といったトラブルを引き起こす原因にもつながってしまうそうなので、食べすぎには十分気を付けた方が良いそうです。

便でもそうですが、お肉をよく食べる方の便は、魚や野菜を良く食べる方より臭いがくさいそうです。

口臭も同じで、これらは悪玉菌の増殖量によって起こる問題の一つとしても考えられており、食べすぎは悪玉菌をそれだけ作りやすくしてしまうそうなんです。食べる時は程ほどにしましょう。

 

その6: 暴飲暴食

胃の不調から起きる口臭の原因として、みんなが持つ共通点にこの暴飲暴食な食べかたなどの問題もあげられております。

つい、あれもこれもそれもってたくさん美味しいものをバクバク食べ過ぎてしまう方って、いらっしゃるかと思いますが、この暴飲暴食な食べ方は胃を痛めるだけではなく、胃の内容物が消化できずに滞りやすく女性の大敵でもあります老廃物を溜め込むといった問題の原因になってしまうそうなんです。

老廃物が溜まることで、上記でもお話した悪玉菌は増殖します。この悪玉菌はお肌にもでき、にきび・吹き出物の原因にもつながり・胃のトラブルや口臭を引き起こすだけではなく色んな人体トラブルを引き起こすといっても過言じゃないぐらい重要なトラブル要因の一つでもあるそうなんです。

なので、なるべく暴飲暴食をしないよう心がけるようにして下さい。

 

その7: アルコール問題

お酒の飲みすぎには、胃腸障害を引き起こす原因になると言われております。お酒に含まれているアルコールには胃の粘膜を壊してしまう働きがあるそうです。

胃は、胃の粘膜を胃酸から保護する働きがありそれが低下してしまうことで胃粘膜が傷つきやすくなるそうです。この胃粘膜が壊れてしまうと傷つきやすいので、胃炎などの症状を引き起こしたりしてしまいます。

ここから上記の数々でお話した口臭につながるきっかけにもなりますので、口臭を防止する為にも普段からの食生活などを見直すことが大切になってきます。

また、胃や腸に刺激を与えてしまう食べ物の摂取も避ける方が良いそうです。

 

その8: 便秘気味

胃の機能障害が起きると、当然老廃物なども体に溜まりやすくなりますので、便秘といった症状などが出てしまう方もたくさんいらっしゃると思います。

便秘は、体内に悪玉菌の原因になる便が滞ってしまうことで、老廃物はもちろんのこと、ガス等が腸の壁から体内へ吸収し流れてしまい、それが皮脂や汗となって口臭や体臭といった不快な臭いを放出するそうです。

こうしたガス等の悪玉菌が作り出す発生物質等が、さまざまなトラブルなどの症状を引き起こすと言われております。

便秘を普段から予防する為にも、胃の働きが悪くなるような食生活などは改善し、胃に優しい消化吸収の良い食べ物などを適度にとると良いかと思います。

この老廃物には、アンモニアやパラークレゾール・インドールといった腐敗物質が混ざりあって出来ていますのでこれが便秘として、長く体内に溜め込まれることにより腐敗物質が血管などを通って体臭や口臭といった臭い物質を作り出すそうです。

つまり、胃や腸といった身体機能の働きが悪くなることによって、口臭を発生させる舌苔もそうですが、病気などを引き起こす大きな問題に繋がってしまいやすいと言うことなのかもしれません。

便秘と聞くと小さなように感じる方もいらっしゃるかと思いますが、小さなようでこれは大きな問題でもあるんです。

こうしたこともきっかけになって起こる病などもありますので、普段から便秘にならないように十分気を付けて過ごしていくことも大切だと思います。

 

その9: 唾液分泌の減少

胃の調子が悪くなる方の共通点の一つとして、口内の唾液分泌が少ないといった問題もあげられております。

胃の調子が悪くなりますと、唾液の量が減り、その結果お口の中に潜む雑菌などが洗い流しきれずに菌の繁殖を促してしまうといったことが起きやすいそうです。

そうなりますと当然お口の中からは臭いが発生してしまいます。それが長くに続くと、積み重なった舌苔が作り出され更なる口臭の臭いが表れるといった場合もあるそうです。

唾液の働きには、消化を助けたりお口の中を清潔に保つ洗浄効果といった役割なども担っているため、唾液の減少は口臭問題の他にもあらゆる胃の不調の原因になるといったことに大変つながりやすいメカニズムがありますので、よく噛み胃の不調を起こさないように(唾液分泌量を減らさないように)日ごろから注意を心がけることが大切です。

 

いかがだったでしょうか?

胃から起こる原因の口臭には、普段の何気ない習慣から引き起こされるといった問題も多々あることがお分かり頂けたと思います。

そもそも、胃が悪くなるから直接的に臭うといった解釈より、胃が悪くなることで腐敗物質が作り出されてしまい、それが血管を通ることで口臭や体臭といった問題を引き起こすと解釈して頂けると良いかと思います。

まずは、胃の調子を崩さないように、ストレスを溜めない・よく噛んで唾液分泌を促す・暴飲暴食といった胃を痛める食べ方、飲み方をしないように心がけていくようにしてみて下さい。

もちろん、中には大きな病が隠れているといった場合もありますので、胃がちょっと変だな。おかしいな。口臭が酷くなったな。舌苔が増えたなって違和感などを少しでも感じる時は、たかが口臭と思わず病院で受診されることをおススメ致します。

この記事が少しでもみなさんのお役に立てることを願っております。

 

まとめ

胃の口臭が公害レベルな人が持つ、9つの共通点

その1: ピロリ菌
その2: あまり食べない
その3: 舌苔
その4: ストレスをなくそう
その5: お肉習慣
その6: 暴飲暴食
その7: アルコール問題
その8: 便秘気味
その9: 唾液分泌の減少