今すぐ始めよう!口臭予防5つの対策

今すぐ始めよう!口臭予防5つの対策
エチケットが重視される世の中にあって、特に気になるものの一つである「口臭」は悩んでいる方も多く、すぐにでも口臭予防に取り組みたいと考えている人もいらっしゃいますよね。また厄介なことに、口臭は自分では気づきにくいので、自分は大丈夫と思っていても、ひょっとすると口臭で周りの人を不快にさせていることがあるかもしれません。

そもそも、なぜ口臭が発生するのかというと、大きく二つあり、一つは、歯に残った食べかすが歯垢となって、口の中の細菌と反応することによって口臭となること。もう一つは、食べかすが舌の表面にたまり、汚れることによって発生します。こうした口臭の原因が分かると、対策も見えてくることでしょう。

そこで今回は、気になる口臭の悩みから解放される為の、口臭予防に役立つ5つの対策をお伝えします。



 

今すぐ始めよう!
口臭予防5つの対策

 

食事はよく噛んで食べよう


最近は軟らかい食べ物や料理が増えたせいか、よく噛まずに食事をしている人を多く見かけます。あまり噛まなくても飲み込めてしまうので、噛む回数が少なくなるのは分からなくはないですが、口臭予防にはなりません。なぜなら、唾液を分泌する量が減ってしまうからです。

唾液は、口の中を洗浄する効果がありますので、口臭予防に大いに役立ちます。また、唾液はよく噛むことによって分泌量が増え、さらには消化を助ける効果もあるので、胃からの戻り臭も防いでくれるのです。

食事は毎日することですので、まずはよく噛むことを意識していきましょう。この良く噛むということは、口臭予防以外の面でも体に良い効果を発揮してくれるので、ぜひ心掛けたいところです。

 

食後の歯磨きを忘れない


「食後の歯磨きなんて当たり前だよ」と感じるかもしれませんが、意外と毎食後に必ず歯磨きをしている人は少ないものです。食べかすが歯に残ることが、口臭の原因の一つなので、歯磨きは徹底していきたいものです。

食事をしてから、どれくらいまでに歯磨きをすればよいのかというと、20分以内が目安とされています。あまりの短さに驚かれる人もいるかもしれませんが、食べかすは、食後20分もすると、腐敗が始まってしまうので、腐敗する前に歯磨きをするのが大切なのです。

仕事をしていると、ランチの後に歯磨きをするのは難しい場合もあるかもしれませんが、食後の歯磨きは習慣づけていきましょう

 

舌の表面の汚れを取ろう


歯磨きをする時に、もう一つやっておきたいことがあります。それは、口臭の原因の一つである、舌の表面の汚れを取ることです。毎日歯磨きはしていても、ここまでしている人は少ないでしょうし、どうやってやればよいのか分からないという人も多いことでしょう。

舌の汚れを取る方法は、とても簡単で、タオルで表面を拭うだけです。たったそれだけなので、ぜひ歯磨きとともに習慣づけていきましょう。ただ、舌を傷つけてしまう恐れがありますので、くれぐれも歯磨きの後だからといって、歯ブラシで舌をこすることだけはしないようにして下さい。

もし、タオルで拭うだけでは、汚れが取れた気がしないという人は、舌を磨く専用のクリーナーを使ってみることをおすすめします。

 

ガムを噛むことで絶大な効果がある


最も手軽で、なおかつ即効性もある口臭予防としてはガムを噛むことが挙げられます。ガムは一度口に入れれば、しばらく噛み続けますので、唾液が常に分泌されます。唾液の効果については、先程お伝えした通りなので、口臭予防に繋がることはお分かりですよね。

歯磨きをして舌の汚れを取り、ガムを噛めば、口臭は大幅に改善されます。もし、歯磨きをする時間がない時でも、ガムは噛むようにしたいところ。それだけでも、かなりの口臭予防になります。

口臭予防をするには、香りが強くなく、キシリトールを使っているガムがおすすめです。

 

食後にお茶を飲もう


口臭予防をする為には、食後にお茶を飲むことも方法の一つです。なぜなら、お茶には食べかすの腐敗を止める効果があるのです。

ですが、食べかすが消えたわけではないので、お茶の成分が口の中から消えれば、再び腐敗が始まる可能性もあります。当然、飲むと飲まないでは大きな差がありますが、お茶を飲めば大丈夫という過信は禁物です。

お茶を飲むのは、あくまで一時的な効果と考えた方が無難です。

 

いかがでしたか。口臭は、食後の対応が大きく関係していますので、まずは、その対応をしっかりと行っていくことが大切になります。対策自体は、難しいものはありませんので、今すぐにでも口臭予防を始めましょう。

口臭は非常にキツイので、自分が口臭だと分かるとショックを受け、会話も少なくなってしまうものです。しかし、これまで悩んできた人もお伝えした対策を実践すれば、必ず口臭は改善されますし、その後の予防にも繋がります

つらい口臭に悩まされてきた方も、気にせず楽しく会話をしたり、大きな口を開けて笑ったりと楽しく日常生活が送れるように、まずはしっかりと口臭予防をしていきましょう。

まとめ

口臭を予防するためは

・食事はよく噛み、唾液の分泌を促そう
・食後20分以内に歯をみがき、食べかすの腐敗を防ごう
・舌の表面の汚れを取ろう
・ガムを噛んで、唾液を分泌させよう
・お茶を飲んで、食べかすの腐敗をストップさせよう