口周りニキビって内臓不調?原因と治し方

口周りニキビって内臓不調?原因と治し方
思春期の頃はおでこあたりにできていたのに、二十歳を越えると顎や口元などの口周りにニキビってできやすいですよね。ニキビができてしまう根本的な原因は毛穴に詰まった皮脂。古い皮膚と皮脂が混ざってできた角栓が毛穴を塞いでしまって、そこに溜まった皮脂がアクネ菌に感染することでニキビができてしまいます。

毎日の肌のケアはちゃんとやっているのになかなかニキビが治らないし、治ってもまたすぐにできてしまう。赤くなってしまったニキビを隠すためにマスクをしている人もいるほどです。二十歳を越えてからできやすい口周りニキビの原因は内臓かもしれません。

肌は内臓を映す鏡と言われていて、内臓の不調のせいでも大人ニキビはできてしまうんです。内臓の調子を整えれば、長く悩んでいた口周りニキビも治せますよ。そこで今回は内臓不調でできてしまう口周りニキビの原因と治し方をお伝えします。



 

口周りニキビって内臓不調?
原因と治し方

 

口周りと胃は繋がっている


思春期のニキビは急激な体の成長とホルモンバランスが大人のそれに変化することから皮脂の分泌が多くなってできるものですが、二十歳を越えてからのニキビは肌への刺激や不摂生な生活習慣、ホルモンバランスの乱れなどでできるため、大人ニキビと言われています。

そのなかでも口周りにできるニキビは大人ニキビの代表格。口周りは皮脂腺が狭い場所に密集して、分泌される皮脂量も他の部分にくらべてとても多いため、もともとニキビができやすい場所です。

また口は食道、胃、腸に繋がる消化器官の入り口なので、消化器官の変調は口の中だけでなく口周りの肌にも現れます。食べ過ぎた後、口周りにできたニキビがひどくなってしまうことがあるのもそのためです。

肌の状態と消化器官、特に胃の状態には密接な関係があります。胃が荒れてしまうと疲労感が強くなったり、体がむくんでしまうことがあります。ひどくなれば生理不順の原因にもなります。疲労感やむくみ、生理不順は全部血液の流れや量に関係していて、肌にも同じことが言えるんです。

肌の潤い維持や新陳代謝に必要なエネルギーは毛細血管を流れる血液が運んでくれます。胃が荒れてエネルギーの摂取が滞ると肌に必要なエネルギーが足りなくなってしまい、肌の状態は悪くなってしまいます。

胃が荒れたり、弱ったりしていると肌のなかでも特に消化器官に近い口周りにニキビとなって現れることが多いのです。胃の調子が良くなれば、口周りの肌の状態も良くなります。そのためのポイントを押さえていきましょう。

 

暴飲暴食をやめる


お腹が大して空いていないのに目が欲しくて惰性で食べちゃったり、甘いモノは別腹とばかりにお腹がいっぱいなのにデザートにケーキを食べちゃった。そういう経験はありませんか?

胃に消化していない食べ物が残っている状態でさらに食べてしまうと胃は休む暇がありません。胃だって疲れるんです。お腹が空いた時にだけ、腹八分目で食べるようにして胃を休ませてあげましょう。

また過度の飲酒は胃が荒れる原因です。アルコールは胃で吸収され肝臓で分解されますが、アルコールは胃にとって刺激物です。飲酒もほどほどにしましょう。毎日飲む人は休肝日を作れば肝臓も休ませてあげられて一石二鳥です。

 

胃にやさしいものを食べる


アルコールは胃の刺激物ですが、食べ物にも胃に刺激を与えてしまうものがたくさんあります。香辛料が強いものは当然強い刺激を胃に与えます。それ以外にも揚げ物や脂っこい食べ物も胃に負担が大きい食べ物です。

消化が良いといわれる料理や豆腐などの大豆製品などは胃に負担が少ない食べ物です。野菜も生野菜のサラダよりも煮たりお浸しにしたものは消化が良く胃に優しい食べ物です。

お菓子やケーキは刺激は少ないものの消化が良くないものが多いため、胃に負担をかけやすい食べ物ですので食べ過ぎないようにしましょう。飲み物ではコーヒーは刺激が強い飲み物と言えます。一方お茶や牛乳は胃にやさしい飲み物です。お茶には胃の働きを促進する作用があり、牛乳には胃の粘膜を保護して胃酸を抑制してくれます。

 

ストレスを溜めない


毎日の通勤や仕事、生活のなかの様々な悩み事でストレスがまったく無いという人はいないでしょう。でもストレスも胃にはよくありません。

仕事で失敗した時など、キューッと胃が痛むことがあります。ストレスは胃に刺激を与えてしまうんです。ストレスが溜まっていると顔色がよくなくなったり、肌が荒れたりします。ストレスで胃が受けた刺激によって肌にも悪影響が現れます。

ストレスを無くすことが無理でも、ストレスを溜めないようにすることはできます。ストレスが解消できれば胃の調子も良い方向に向かいます。

 

いかがでしたか。内臓、特に胃が不調になると口周りにニキビができてしまいます。大人ニキビは不摂生ストレスなどでできるのですが、それが胃に影響を与えてしまうことで、胃と繋がっている口周りの肌にできることが多いのです。

胃は刺激の多い食べ物や過度の飲酒で荒れてしまったり、暴飲暴食のせいで疲れて弱ってしまい、口周りの肌にニキビとして現れます。胃の調子を良くして口周りのニキビを治しましょう。

胃は食べ物の質や量に気をつけることで休ませることができます。またストレスなどでも胃の調子は悪くなるため、ストレスを貯めこまないようにすることも胃のためにも口周りの肌のためにも重要なことです。

肌は内臓を映す鏡。口周りにニキビができてしまったら、肌のケアだけでなく、胃もケアしてスッキリきれいな口周りになりましょう。

 

まとめ

口周りのニキビを治すには

・暴飲暴食をやめて胃を休めよう
・刺激の少ないものを食べて胃を労ろう
・ストレスを溜め込まないようにして胃を守ろう