出来始めの黒ニキビを自分で治す正しい3つの洗顔方法

出来始めの黒ニキビを自分で治す正しい3つの洗顔方法
赤く腫れたニキビよりは目立たない黒ニキビですが、やはりニキビであることには変わりありません。放っておくと悪化してしまうため、なるべく早く治したいですよね。

黒ニキビは、毛穴に角栓が詰まっているだけの状態のため、それを上手に取り除くことができればきれいに治すことができます。でも、闇雲に角栓を絞り出してしまっては、毛穴が広がる原因になったり、跡になるリスクが高いためおすすめできません。

そんな黒ニキビの角栓を取り除くにはやはり正しい洗顔が第一です。角栓を絞り出すように即効性のある方法とは言い難いですが、お肌に合った洗顔やスキンケアを習慣づけることができれば将来の美肌の近道になるため知っておいて損はありません。

そこで今回は、黒ニキビ改善のための正しい洗顔方法についてお伝えします。



 

出来始めの黒ニキビを自分で治す
正しい3つの洗顔方法

 

クレンジング剤は洗浄力の強すぎないものを選ぼう


女性の場合は、洗顔する前にメイクを落とすのが基本ですよね。このとき使用するクレンジング剤によっても、黒ニキビを改善できるかできないかが分かれてくるということをご存知でしょうか。

クレンジング剤には、ミルク、ジェル、クリーム、オイルなど、様々な形状のものがありますよね。ここでお肌に合わないものを選んでしまうと黒ニキビができやすくなるだけではなく、その次の段階である赤ニキビに進行してしまうことになります

オイル状のクレンジング剤は角栓をよく落としてくれると言われていますが、これは肌の水分、油分を落としすぎ、毛穴に角栓が詰まって黒ニキビを悪化させる原因となってしまいます。

黒ニキビはオイリー肌の人に起こりやすいと考えられがちですが、実は乾燥肌の方がそのリスクは高めなのです。乾燥肌になると角栓の水分が周囲の皮膚に奪われ、スムーズに排出されなくなって毛穴詰まりを起こします。その角栓が黒く変色したものが黒ニキビというわけです。

ですから、クレンジング剤はなるべく皮脂や水分を落としすぎないクリームやミルク状のものを使うことをおすすめします。

 

基本的な洗顔方法


メイクをクレンジング剤で落としたら、次は洗顔です。洗顔は顔に付着した汚れと余分な皮脂、角質を落とすための行為ですが、洗浄力が強すぎると必要な皮脂や角質まで落とすことになってしまうため、使う洗顔料はメイク落としと同じく、洗浄力が穏やかなものを選びましょう

ニキビ肌用と銘打って売られている洗顔料はほとんどが思春期ニキビ用の洗浄力が高いもののため、それは避けた方が良いでしょう。黒ニキビはアクネ菌が繁殖する前のニキビなので、殺菌成分が配合されたものを使う必要もありません

低刺激の洗顔料を用意したら、顔に直接付ける前に手や泡立てネットを使ってきめ細かい泡が立つまで泡立てます。そしてその泡で顔を覆うようにし、指の腹を使って、顔全体に泡が行き渡るようにして下さい。ここでゴシゴシこすったり、マッサージしては刺激が強すぎるので、顔の上に泡を転がすような気持ちで軽く洗いましょう。

そして泡が生え際や顎などに残らないようにきれいにぬるま湯で流して洗顔は完了です。その後は清潔なタオルで顔の水気を拭き取り、化粧水と乳液などの保湿剤でスキンケアをして完了です。

 

朝は水だけで洗顔しよう


以上の洗顔方法は、メイクした後の就寝前の洗顔方法です。朝の洗顔方法は、これとは少し異なるものをおすすめします。

夜にしっかり洗顔を済ませているなら、朝も同様に洗顔する必要はありません朝は洗顔料を使わず、ぬるま湯だけで洗顔した方が顔の皮膚の潤いが残って黒ニキビができにくくなります

寝ている間はメイクや外的な汚れが付きにくいですし、分泌される皮脂はたかが知れています。目ヤニや涙の跡などはぬるま湯で十分に落ちますから、「これでちゃんと洗えているの?」と心配する必要はありません。

洗い方は簡単なもので、たくさんのぬるま湯を使って顔全体を十分にすすぎ洗いするだけ。やはり、ゴシゴシこすったりマッサージしたりする必要はありません。

このぬるま湯洗顔を始めたばかりの頃は、皮脂が残っている感覚が生じることがありますが、しばらく続けているとお肌の水分量が十分になり、皮脂の分泌量も抑えられるようになります。皮脂の量が適正になると黒ニキビも減ってきますので、根気よく続けましょう。

 

いかがでしたか。黒ニキビ対策としての洗顔方法についてお伝えしました。

大きくまとめると、黒ニキビを治すためのカギは皮脂を落としすぎないことにあります。黒ニキビの角栓の先端が、水分を奪われてカチカチの状態になっているのを見たことがある人もいるのではないでしょうか。これはつまり、周囲の皮膚に水分を奪われて皮膚の外に角栓が出てきにくくなっているということですから、洗顔で水分を落としすぎず、不足した分はスキンケアで補ってあげれば角栓も出てきやすくなるということなのです。

また、正しい洗顔を行うと、角栓そのものが徐々に洗い流されて小さくなり、それに伴って毛穴の広がりも小さく、目立たなくなっていきます。これを続けると黒ニキビ自体ができにくいお肌に変化していくので、是非お試しくださいね。

まとめ

出来始めの黒ニキビを治すための洗顔方法は

・クレンジング剤は洗浄力が強すぎないものを選ぼう
・基本的な洗顔方法は、良く泡立てて顔を泡で包み込むように洗おう
・朝は皮脂を落としすぎないためにぬるま湯洗顔をしよう