くしゃみが臭いのは身体が発するSOSである理由!

くしゃみが臭いのは身体が発するSOSである理由!

風邪をひいているとき、あるいは花粉などが原因で鼻炎を患っているときなど、何気なく口をついて出てくるのが、くしゃみです。ところが、そのくしゃみが臭いと感じられるときというのがあります。特に、マスクをしたままくしゃみをすると、唾液の匂いを自分の鼻でダイレクトに嗅ぐことになるので、自分でも臭さに気付きやすくなります。こんなときはそのまま放置しないで、体調をチェックしてみましょう。

くしゃみをすると、唾液が勢いよく飛び出します。その唾液が通常とは違う臭いを持っているということは、体内に何か異変があるということなのです。ということで今回は、くしゃみの臭いが身体の不調を告げている理由についてお伝えします!



 

くしゃみが臭いのは
身体が発するSOSである理由!

 

くしゃみが臭いのは口臭があるせいかも!?


くしゃみが臭い理由として真っ先に考えられるのが、口内のトラブルです。歯槽膿漏などの歯茎の病気、差し歯の不都合、虫歯などがあると、口臭がきつくなって、くしゃみの臭いもきつくなります。また、舌ゴケがたまっている場合も、息が濁り、くしゃみが臭くなります。

まずは、口内にこうした異常がないかどうかをチェックしてみましょう。虫歯や、差し歯の異常など、口腔内に明らかな異常がある場合は歯科医に直行すべきです。舌ゴケで舌が真っ白、というようなときは、舌ブラシや柔らかいタオルを用いて舌ゴケを除去しましょう。

特に口中トラブルがないのに時々くしゃみが臭くなるという人の場合、気をつけたいのがドライマウス、口内の渇きです。唾液は乾くとたんぱく質などが凝縮して、臭いがきつくなるのです。唾液の分泌量は基礎代謝と大きく関わっていますので、加齢によっても唾液の分泌量はさがりますが、ストレスやプレッシャーを抱えているとさらに乾燥しがちになります。

また、口臭を気にするあまり、舌ゴケをゴシゴシこすりすぎるのも、ドライマウスの原因になるので禁物です。対人関係の職場などで緊張を強いられるときなど、口の中が乾いてるなと思ったら、こまめに水分するようにしましょう。咽喉が渇いてからではなく、渇きを覚える前に補給するのがポイントです。

 

くしゃみが臭いのは鼻が悪いせいかも!?


くしゃみの臭いの原因として考えられる理由のひとつに蓄膿症があります。口中の健康状態をチェックして、舌ゴケの付帯も口内の乾燥もないのにくしゃみが臭い、というときは、蓄膿症の症状がないか確かめてみましょう。蓄膿症は慢性副鼻腔炎のこと、鼻の副鼻腔に慢性的な炎症がある状態です

蓄膿症の原因は細菌感染によるものと言われていますが、近年はアレルギー性のものも増えています。くしゃみの臭いが蓄膿症によるものかどうかをチェックするには、まず臭いそのものを嗅いでみましょう。くしゃみをした際にとんだ飛沫を手の甲あたりにつけて少しおきます。乾くと臭いが明確になりますので、そこを嗅ぎます。

蓄膿症にかかっているときくしゃみから発する口臭は、「生ゴミの臭い」にたとえられます。口内にトラブルがあるときや寝起きの生臭い口臭と比べて、腐敗臭が混じるのが特徴です。くしゃみの臭いを嗅いで蓄膿症のせいかもしれないと感じたら、他の症状があるかどうかもチェックしましょう。

蓄膿症の場合、鼻水や鼻づまり、頭痛、発熱、鼻の奥の痛みなどの症状が現れます。鼻水は透明ではなく、黄色、あるいは緑色のの粘った鼻水である場合が多いです。また、蓄膿症の人は、寝るときにいびきをかくことが多いのも特徴です。

 

くしゃみが臭いのは内臓が弱っているせいかも!?


内臓にトラブルがあるときも、くしゃみの臭いはきつくなります。一番多いのが、胃や腸など消化器に問題がある場合です。消化器に炎症などがあって働きが弱っているときのくしゃみの臭いは、腐った卵の臭い、排水溝などのかび臭さ、また、硫黄温泉などの硫黄臭にたとえられます。

これは、蓄膿症のときの腐敗臭よりも、もっと饐えた(すえた)ような発酵臭です。消化器系の器官が弱ると消化活動が正常に機能しませんので、食べ物が吸収されずに発酵してしまいます。このときに発生するガスが硫化水素で、これが卵の腐ったような異臭、発酵臭の原因になるのです。

また、肝臓が極度に弱っていると、くしゃみの臭いに雑巾臭やアンモニア臭が混じることがあります。肝臓は体内の循環をつかさどる臓器ですので、血液をキレイにするとともに、異臭を抑えてくれています。

したがって、肝臓の働きが鈍ると、異臭が発生するようになるのです。肝臓の動きが弱り始めると、くしゃみをしたときに、胃腸が弱っているときと似た、発酵したような饐えた臭いが混じります。

飲みすぎた翌朝の唾液が発酵したような異臭なら、肝機能が弱っているシグナルです。さらに、肝臓の働きが弱まると、肝臓内で尿素に転換されるべきアンモニアが処理されず灰まで運ばれてしまうため、アンモニア臭となって口外に出てしまうのです。こうした異臭が感じられるときは、すぐに専門医にかかることが第一です。

 

いつもと違ってくしゃみが臭いときは、口中のトラブル、鼻のトラブル、内臓のトラブルに起因していることが多いのです。

まずは口内に問題がないかチェックしてください。特にトラブルがなくても、ドライマウスには要注意。くしゃみの飛沫に普通の口臭とは違う腐敗臭を感じたら、蓄膿症の疑いがあります。蓄膿症の場合は、鼻水や鼻づまりといった特徴的な症状が現れますので、そうした症状がでていないかをチェックしましょう。

口内にも副鼻腔にも異常が感じられない場合、くしゃみが臭い原因は内臓のトラブルによる可能性があります。特に、胃や腸に異常があると、くしゃみは饐えたような腐敗臭になりますので、早めに検診をうけるのが大切です。

 

まとめ

くしゃみが臭いのは身体が発するSOS!

・口内のトラブル
・鼻の病気
・内臓の病気

をチェックしましょう!