くしゃみが臭いのにはワケがある!避けるべき5つの食材

くしゃみが臭いのにはワケがある!避けるべき5つの食材
ふとした時に自分のくしゃみが臭い事にびっくりした事ってありますよね。手や服に飛沫が飛んで臭くなってしまったり、マスクの中でくしゃみをしたらとんでもない事になってしまったり…。自分一人の時ならまだしも周りに誰かがいる場合だと、クサイ!と思われてしまっているんじゃないかと気が気ではありませんよね。もともと口臭を気にしている方もいれば、口臭は気にならないのにくしゃみはなぜか臭い…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

なぜくしゃみは臭くなってしまうのでしょう。それには理由があり、食べ物によってさらに臭いをきつくしてしまう場合があるのです。そこで今回はくしゃみが臭い理由と、くしゃみが臭くなってしまう5つの食材についてご説明します



 

くしゃみが臭いのにはワケがある!
避けるべき5つの食材

 

くしゃみが臭い理由


くしゃみをした後に漂ってくる臭い…それはずばり『唾液の臭い』です。唾液の成分はほとんどが水分ですので、本来ならくしゃみをしても臭いがしないのが普通であり、臭いがあるという事は何かしらの原因があると考えられます。

口内にたくさんの細菌が生息しているというのはよく知られていますが、様々な要因によって口内環境が乱れると、細菌が増殖して唾液に臭いを発生させるような作用が起こります。この臭いの発生した唾液がくしゃみによって飛ばされ、空気に触れて気化する事で臭いが周りに広がるのです。

それでは、その口内環境を乱れさせる原因とは一体何なのでしょうか。口内は唾液がある事によって適度に殺菌され、正常に保たれています。しかし唾液が減少すると口内環境のバランスが崩れて、細菌が増殖してしまうという現象が起こります。くしゃみが臭いのは唾液が臭くなってしまう事が原因ですから、唾液の減少で細菌が増殖するというのはくしゃみの臭いに直結していると言えます。唾液の減少には病気によるものもあれば、口呼吸による乾燥、食材によるものなどがあげられます

 

塩分糖分とくしゃみの臭いとの関係性


まず唾液を減少させるものとして、塩分・糖分の多いものなどに注意が必要です。塩分の多い食事をすることで、体内では細胞の周りの血液の塩分濃度が上がり、浸透圧の影響で細胞から水分が流れ出てしまい体内の水分量が低下してしまいます。体内の水分量が低下するという事は唾液が減少し、口内細菌が増殖、粘りのある臭い唾液を作り、結果くしゃみが臭くなります。

次に糖分ですが、糖分は細菌の大好物です。虫歯の原因の代表格ですからご存知ですよね。砂糖を多く使った食べ物を食べ終わった後、歯に残った食べカスが細菌のエサになり細菌が増殖し、口内がネバネバになりくしゃみが臭い事の原因になります。

 

口臭をきつくする食べ物


口臭とくしゃみが臭いこととは密接に関係しており、一般的に口臭をきつくすると言われている食べ物はくしゃみが臭くなることに直接的に関係します

まずはニンニクです。ニンニクは口臭の原因となる代表的な食べ物です。ニンニクに含まれるアリシンという成分は、体内に取り込まれると臭いの元となる物質に変化します。それが体内を巡り、汗や血液や口の臭いとして出るのです。その臭くなった口からくしゃみが発せられるのですから臭いのも当然です。

そしてニラ・ネギなどの臭いの強い食材です。これらもまたアリシンという成分を多く含みますのでニンニクと同様に口の臭いを強くします。

 

アルコールは口内の乾燥を招く


アルコールには利尿作用があり、体内の水分を通常よりも多く排出してしまうため唾液が減少し、くしゃみが臭い事の原因になります。また、アルコールは肝臓へ運ばれるとアセトアルデヒドという臭いの物質になります。飲酒後のお酒特有の『酒臭い』ニオイがこれです。

 

コーヒーは口を臭くする


コーヒーを飲んだ後に口臭がきつくなったと感じたことのある方は多いのではないでしょうか。これはコーヒーの豆の粒子が舌に付着しやすい為に、臭い唾液の原因になっているというものです。

また、コーヒーを飲んでトイレが近くなったという経験のある方も多いですよね。これはアルコール同様にカフェインの利尿作用によるもので、体内の水分を多く排出し、唾液の量が減少する事で臭いの強い唾液になり、くしゃみが臭い事につながります。

 

意外!キャベツとブロッコリーが関係している


最後は少し意外かもしれませんがブロッコリーやキャベツです。これらに含まれるインドールという成分は抗がん作用が注目されていますが、実は臭いの原因にもなります。人間の排泄物にも含まれている成分で、大量に摂ると口臭が強くなり、くしゃみの臭いにも影響が出る場合があります。

 

いかがでしたでしょうか。今回ご紹介した方法がくしゃみの臭い対策のすべてという訳ではありません。他にも『歯を磨く』などの物理的な対策等もありますが、今回は比較的影響が表れやすく、改善しやすい、食材をテーマに絞りました。

くしゃみは自分の意志で出したり止めたりするものではないですから、あまりにも臭いと悩んでしまいますよね。特に花粉症の時期などは通勤電車でも会社でも、一日中くしゃみばかりしているという方もいる事でしょう。ましてや愛する恋人やパートナーなどはかなり近い距離で過ごしているのですから、くしゃみの臭いに気付かれてしまう事は十分考えられます。突発的なくしゃみのせいでイメージダウンなんて悲しすぎますよね。

今回ご紹介した食材に注意して頂く事で、くしゃみの臭いを改善して、息もくしゃみすらも美しい人を目指しましょう!

 

まとめ

くしゃみが臭くならないためのポイント

・くしゃみの臭いは唾液のニオイ
・唾液の量が減少して細菌が増殖する事で唾液は臭くなる
・塩分・糖分はネバネバの口内の原因
・ニンニク、ニラ・ネギ類、アルコール、コーヒー、ブロッコリー・キャベツ類はくしゃみの臭いに直結する