口が臭い原因を見つけて早くなおす5つの秘訣

口が臭い原因を見つけて早くなおす5つの秘訣
しゃべっている相手の口が臭いなって感じることがありますよね。口の臭いは汗の臭いなどとともに気にしている人が多く、現代人にとって口臭予防は当然のマナーといえます。

でも他人の臭いというのはすぐに気がついても、自分の口が臭いのはなかなか気が付かないもの。喋っているとなんだか相手が怪訝な顔をしている。何かの機会に自分の口から出る息が臭いことに気がついて愕然となったという経験はありませんか。

また相手にとっても口が臭いよと面と向かって言うのはなかなか難しいものです。すこしくらいなら我慢してくれるのですが、我慢できないほどに口が臭いとあまり喋ってくれなくなってしまったなんてことになりかねません。口が臭いことで友好関係にもヒビが入ってしまっては一大事です。

あなたの口は大丈夫でしょうか。口が臭い理由は様々ですが、原因を突き止めて早くなおしましょう。そこで、口が臭い原因を見つけて早くなおす5つの秘訣についてお伝えします。



 

口が臭い原因を見つけて
早くなおす5つの秘訣

 

口が臭くなる原因


口からでる臭いの多くは口から吐き出される息といっしょに出る揮発性の高い物質です。この物質は揮発性硫黄化合物と呼ばれます。VSCと略されることもあります。

口の中には様々な細菌が生息しています。そのなかの嫌気性細菌が唾液や口の中に出てきた血液、古い細胞や食べかすに含まれるタンパク質などを分解することで発生します。VSCが息に混じって吐き出されて、口が臭い!となるのです。

ではこのVSCを増やさないためにはどうしたら良いでしょうか。VSCが増えてしまう原因は5つあります。

 

唾液が少ない


口臭の原因で一番多いのが唾液不足です。唾液は食べ物を噛んだ時に食べ物と混ざって消化を助ける役割と口の中に残った食べかすや古い細胞などの口の中のゴミを洗い流す役割も持っています。

唾液が少ないと口の中の洗浄が十分にされず、口の中の嫌気性細菌とVSCを作るための材料が残り、口臭が発生しやすくなります。

唾液の分泌は寝起きの時やストレスを感じている時に少なくなります。朝起きた時に口が臭いというのはこの唾液不足が原因です。唾液の分泌は自律神経がコントロールしています。自律神経はストレスが強くなると乱れるのです。ストレスをためないようにすることも口臭予防にはとても大事なことといえます。

飲酒や喫煙をよくする人も要注意です。アルコールを飲むとトイレが近くなります。おしっこをたくさんするということは体の中の水分が余計に外に出ているということです。これによって唾液の分泌も少なくなります。

お酒を飲んだ翌朝は喉が乾いて、口の中がネバネバするという人も多いと思いますが、それと同時に飲んだ翌日は口が臭いという人も多いのです。

喫煙はタバコに含まれているニコチンや一酸化炭素が体内に入ることで、血流を悪化させてしまいます。この影響で唾液の量は減ると言われています。それにタバコの臭いそのものを嫌う人も多いですよね。

 

舌が白っぽい


舌そのものはピンク色をしています。でも鏡に向かってアカンベーをすると舌の表面が白くなっています。この白いものは舌苔と呼ばれています。

舌苔は古い細胞や口の中や舌の表面の粘膜の表層細胞が剥がれ落ちたものと食べかすが溜まったものです。VSCの材料ばかりで、口が臭い原因となります。

では全部取ってしまえばいい!というわけにはいきません。そもそも舌苔はだれでも持っています。正常な状態では舌の中ほどから奥に薄っすらと舌苔は付着しています。舌全体に分厚くびっしりということでなければ、取らないほうがいいのです。

舌苔の量は内臓の状態と深い関係があります。胃の粘膜の状態が良くなくなると舌苔は多く発生します。舌苔が厚くなると舌が味を感じにくくなるのですが、胃の状態が悪い時には味を感じにくくして、食欲を抑制し、胃への負担を減らすと言われています。

舌にびっしりと舌苔ができているからといって、舌用のブラシでゴシゴシこすって全部落としてしまうのではなく、舌苔が多くなっている原因から治してください。

 

歯茎が腫れたり血がにじむ


歯茎が腫れていたり血が滲んでいるというのは歯周病になった状態です。歯周病は歯槽膿漏とも呼ばれます。歯周病が原因で口が臭いという人も非常に多くいます。歯周病は歯と歯の間や歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の間に詰まってしまった食べかすが歯磨きなどの歯周ケアが足りないために残ってしまうことで起こります。

歯と歯の間や歯周ポケットに食べ物が挟まりやすい人は要注意です。歯周病になると歯茎が痩せてきてしまい、歯の間の隙間や歯周ポケットができやすくなってしまいます。歯磨きした時や固いものを食べた時に歯茎から血がでたり、歯茎が痛むのも歯周病になっていると考えられるでしょう。

歯周病の予防は丁寧な歯磨きと洗浄で口の中を清潔にすることです。歯磨きは歯だけではなく、歯茎もマッサージするように磨くと効果的と言われています。また歯間ブラシを使うのも有効です。すでに歯周病になってしまっていても歯茎のマッサージによって改善する場合もあります。ただしすでに歯が溶けた状態になっている場合は歯科医での治療が必要です。

 

虫歯を放置している


虫歯も口が臭い原因となるVSCの温床です。虫歯になった歯は虫歯菌による侵食で穴が空いた状態になっています。そこに食べ物のカスが詰まり、細菌が増殖します。

虫歯があるのはわかっているけど痛くもないし、歯医者さんに行くのは面倒くさいと放置している人は周りから口が臭いと思われている可能性大です。

虫歯は歯医者さんで治療してもらうしかありません。虫歯が痛むのは歯の知覚神経が刺激されるからですが、症状が進むと歯を支える骨にまで虫歯菌が侵食してしまう場合があります。できるだけ早く治療することをおすすめします。

 

病気にかかっている


歯周病や虫歯も病気なのですが、ここでいう病気というのはもっと重篤な病気です。病気によって特有の口臭が出るものがあります。代表的なものは糖尿病・肝疾患・癌などです。扁桃腺が腫れても臭いがする場合があります。

 

あなたはどれかに当てはまりましたか。上記であげたように、口が臭い原因はいろいろありますが、特に唾液不足は口の臭いに直結します。唾液は自律神経の乱れや体内の水分不足などによって分泌量が減ってしまいますので、気を付けるようにしてください。

舌苔もまた、口の臭いの温床ですが舌苔を無理に取るのではなく、舌苔が増える原因を解消しましょう。歯周病や虫歯の放置も口の臭いを発生させます。どちらも放置しておくと歯を失うばかりか、歯を支える顎の骨にも悪影響を与えてしまいます。丁寧な歯周ケアと適切な治療で早く治しておくべきです。

他にも、糖尿病や肝疾患、癌などの恐ろしい病気は特有の口臭がありますので、少しでもおかしいな、と感じたら迷わず病院に行って検査してもらってください。歯や舌など口の中に原因があるときは歯医者ですが、原因がわからないときには口臭外来に行きましょう。自宅の近くに口臭外来がないかどうか調べてみてください。

口臭で病院に行くのも勇気がいるものですが、原因がわからずにずっと悩むより病院に行って治ったほうが後々のためにはずっといいので、早めに都合をつけて受診しましょう。

 

まとめ

口が臭いのを治したいなら

・ストレス解消して唾液で洗い流そう
・舌が真っ白なら、お腹の調子を疑おう
・歯周病や虫歯があるならすぐに治そう
・悪い病気にかかっていないか診てもらおう