間違った知識は今捨てる☆下半身太りの原因を正しく解説!

間違った知識は今捨てる☆下半身太りの原因を正しく解説!

下半身太りという言葉、自分とは無縁だと思っている方も、ほんの少しだけいらっしゃるはずです。しかし年齢と共に、ぜい肉の付き方は変わっていきます。重力のせいと思いたいのですが、そうではありません。

元々、下半身が太めの方もいますが、腰から太ももにかけての変化が年齢と共に、少しずつ大きくなっていきます。男性の中には、ミロのビーナスのイメージなのか、女らしいと思ってくださる殊勝な方もいらっしゃいます。

出来ることなら、もっとスッキリさせたいのが、女心というものです。では、どうすればいいのでしょう。まずは、下半身太りの原因を知ることです。では、今から、それをを探りにいきましょう。



 

間違った知識は今捨てる☆
下半身太りの原因を正しく解説!

 

骨盤のゆがみを確認しよう


骨盤のゆがみは、出産を経験した女性だけのものだと思っていませんか?そうではありません。元々、女性の身体は、生理前になると骨盤が広がります。生理後、また骨盤が戻るのですが、ここで少しずつゆがみが生じてきます。

もちろん、出産後に骨盤のゆがみが出る方も大勢います。しかし、理由は、産後の骨盤ケアがきちんと出来なかったからです。その為、出産前の体型に戻らなくなるのです。出産した直後は、骨盤のゆがみを解消するチャンスでもあるのです。

これから出産される方は、病院での指導をきちんと守って骨盤ケアをしてください。ゆがみのチェック方法はいろいろありますが、簡単に出来る方法をご紹介しましょう。

鏡に足裏を向け、足を伸ばして座ります。鏡の中心線に身体の中心を合わせ、自然に力を抜いた状態で足の爪先を見ます。爪先とかかとがきれいなVの字になっていますか?両足の傾きがほぼ同じであれば大丈夫です。

違う場合は骨盤が歪んでいる可能性があります。あまり極端に左右の指が違う方向に向いている場合は股関節のずれがある場合もあります。骨盤のゆがみが確認出来たら、下半身太りの原因のひとつは、これだったのです。ゆがみ解消対策を始めましょう。

 

塩分の取りすぎに注意しよう


あなたは、塩分を摂りすぎていませんか?減塩を意識されている方は大丈夫ですが、飲み物等にも塩分が入っている場合があるので、気付けば、摂りすぎてしまっていることが多いのです。

1日の摂取は世界基準で5gですが、日本の基準は7~8gです。実際、日本人は、平均で10~12gも摂取しているという調査があります。実は塩分を摂り過ぎると、濃くなった血中の塩分濃度を薄めようと体内でするために、水分をため込んで、むくみの原因になってしまいます。

この水分が重力によって足元に溜まってしまうので、下半身がむくみ、その上、冷えにつながります。そして冷えてしまった脚が冷えないように脂肪が付きやすくなります。これも、下半身太りの原因です。塩分控えめ生活に変えていきましょう。

 

水分不足に注意しましょう


水分を取るとむくむ と思われている方が多いようですが、実は違います。水分をしっかり取らないと、身体の中の老廃物が出て行ってくれません。残った老廃物が脂肪に変化し、セルライト(悪玉脂肪細胞)になってしまうのです。

セルライトは足元で増殖して、どんどん上に上がって来ます。それが下半身太りの原因になります。その為、1日2ℓのお水を飲みましょう。お茶やジュースは、利用作用があるので、身体に留まっていてほしい水分まで流してしまう可能性があります。

もちろんお酒も、ここで言う水分には含まれませんので、お気をつけください。お水は、常温又は白湯で飲むのがおすすめです。せっかく取った水分で身体を冷やさないようにしましょう。

 

筋肉を鍛えましょう


筋肉太りになりたくないから、鍛える運動はしないという方がいます。もちろんアスリート並みに筋肉を鍛えれば、そうなってしまう可能性はあります。しかし筋肉を鍛えることで、基礎代謝が上がって、脂肪が燃焼してくれるのです。

その上、下半身には全身の約70%の筋肉が集中しています。その中の約60%が脚に集中しているのです。下半身太りの原因は、筋肉を甘やかしすぎていることなんです。筋肉を適度に鍛え、基礎代謝をあげましょう。

 

甘いものは我慢しましょう


下半身太りの原因に甘いものも入っているんです。当たり前と思ってしまいますが、特にパンやお菓子、ケーキ等、食べると身体に糖分が蓄積されてしまいます。

エネルギーを作る為にビタミンB群が必要なのですが、糖分と一緒に摂取することは少ないので、エネルギーになってくれません。その為、食べたら食べた分だけ、脂肪となって体内に蓄積されていくのです。

それにお菓子や食品等に入っている添加物の摂取は、体内の消化酵素が無駄に消費されてしまう為、代謝が低下してしまいます。そうなる前に、甘いものを少し控えましょう。

 

姿勢を正そう


子どものころから姿勢の悪い方は、下半身太りの方が多い傾向にあります。姿勢が悪いと、血液の流れが悪くなり、脂肪や老廃物が身体の下の方に溜まりやすくなります。それが下半身太りの原因です。まずは、正しい姿勢とは、どのようにすればよいかを確認しましょう。

 

便秘を解消しよう


食事のバランスが悪いと、便秘気味になってしまいます。もちろん運動不足やストレスも要因のひとつです。便秘になれば、お腹が出てしまいますし、その上、老廃物が溜まってしまい、代謝も悪くなります。

それが下半身太りの原因となってしまい、仮に食事抜きのダイエットをしても、代謝が悪いので、下半身だけではなく、痩せることが難しくなってしまいます。だからこそ、食生活等を見直して、便秘を解消しましょう。そうすれば、下半身もスッキリしてくるはずです。

 

いかがでしたか。

これから、暖かくなってきます。寒い間は、コート等で隠すことが出来ていた太目の下半身が、白昼の元に曝されてしまうのです。タイツやレギンスも厚手のものは、履けなくなるため、太さが余計に目立ちます。

だからこそ、暑い季節を迎えるまでに、下半身をスッキリさせませんか?今回、ご紹介した下半身太りの原因にあてはまった項目を少しずつ改善してみてください。

塩分や糖分などは、自分でかなり、気を付けなくては改善出来ませんが、身体をスッキリみせるだけではなく、健康にもなれるのです。いつまでと目標を決めて、ぜひやってみましょう。きっと、それが、いつの日か当たり前になり、下半身太りとは、無縁の生活が送れるようになるでしょう。

 

まとめ

間違った知識は今捨てる☆下半身太りの原因を正しく解説!

・ 骨盤のゆがみを確認しよう
・ 塩分の取りすぎに注意しよう
・ 水分不足に注意しましょう
・ 筋肉を鍛えましょう
・ 甘いものは我慢しましょう
・ 姿勢を正そう
・ 便秘を解消しよう