前髪が薄いは気をつけた方が良い、7つのハゲる原因たち

前髪が薄いは気をつけた方が良い、7つのハゲる原因たち
あなたの今の髪型は、前髪があるタイプですか?それとも前髪も長さがありサイドの髪といっしょに流れてセットできるものでしょうか。人の印象は前髪だけで、ガラッと変わります。もし前髪が薄い場合には全体的に髪が薄い印象を与えてしまったりするので、髪型や髪の毛のケアにはすごく気を使いますよね。もちろん髪の毛は、ないよりもあった方が良いですから、今日は 前髪が薄いは気をつけた方が良い、ハゲを加速させる原因についてお伝えします。ではご覧ください。



 

前髪が薄いは気をつけた方が良い、
7つのハゲる原因たち

 

後退型のハゲ

おでこが広くなったと感じることはありませんか?大人になって、顔が成長することはありません。おでこが広くなったのなら、それは、前髪のハゲ際が後退したのです。実は、ハゲの前兆です。

前髪は生え際がわかりやすいため、毛が薄くなったのがわかりやすいだけであって、ほかのパーツ、特に頭頂部なども毛が薄くなりつつある可能性もあるのです。

 

ひっつめ髪からわかること

新体操の選手やシンクロナイズドスイミングの選手をオリンピックで見ると、オリンピックにでるほど熱心な選手のなかに、かわいいのに、髪がうすい・・・という人がいます。これらのスポーツでは、演技の邪魔にならないように、髪の毛をしっかりシニヨンにまとめています。

それもかなり強い力で引っ張って結んでいるので、毛根が耐えられずに抜けてしまうのは想像に難くないのではないでしょうか。過度な刺激は毛根を殺してしまうのです。

 

いつも同じ分け目にしていると・・

髪に分け目をつけていますか?自分でつけているというより、髪の生える癖で、どうしてもある部分から分かれてしまうという方もいらっしゃると思います。頭頂部の分け目は、たいていの場合、前髪の分け目と一致します。

いつも同じ部分で分け目を作っていると、その部分だけ紫外線を多く浴びたり、髪の重さで引っ張られてしまったり部分的に負荷をかけてしまっているのです。頭頂部の分け目が薄くなってくると、同様に前髪も薄くなってきます。分け目は定期的に変えるなど対策を行いましょう。

 

若ハゲは早めに対策しましょう

若ハゲとは、20代から始まるハゲです。とても残念な現象ですが、自分でもなかなか受け入れられないものです。そのため、なんとなくハゲてきた!?と不安に思っても見えないようにその部分に他のパーツから髪を流してみたり、ほかの部分にまだ髪が豊富な時代はうまく隠せるものです。

若ハゲに特徴的なのが、いわゆるM字ハゲです。前髪の脇の部分、こめかみの上のあたりから切り込むようにはげてきます。鏡をみて、わずかでもMが始まってきていたらすでに若ハゲのスタートを切ってしまっているので、対策をしましょう。なかなか見えない頭頂部と違って前髪は素直にハゲのスタートを教えてくれます。

 

一番洗い忘れる前髪に注意しよう

髪を洗うときどこから洗いますか?人それぞれ、洗いはじめのパーツは異なります。頭頂部はフケが目立つと嫌だったりするので、しっかり洗うことが多いのではないでしょうか?

前髪は一番鏡で見えやすいパーツであるにもかかわらず、洗いが少なかったり、シャンプーやリンスの流し残りが蓄積するところです。その分、毛穴に負荷がかかり土台がしっかりしていないため毛に負担がかかり抜けやすくなってしまいます。前髪からハゲをすすめてしまう典型的な原因の一つです。

 

前髪を気にしすぎです。

やはり身だしなみを整えるさい、後ろ姿や横顔を確認するより、正面像を確認しますね。となると、前髪の具合にかなり気を使っているはずです。癖が変についてしまった前髪を無理やり抑えたり引っ張ったりしていませんか?

毎日のわずかな刺激が蓄積され毛根には負荷がかかっています。ちょっとずつ負荷をかけて筋トレのように強い毛根になれればよいのですが、毛根の場合は逆です。ちょっとずつ毛根が傷つき消滅してしまうのです。

前髪が朝うまい具合に決まらないのは、夜の寝るときのひと手間で変わるはずです。一番手を加えることによって、一番ハゲを進めやすい環境を作っていると自覚し、しっかりケアをしましょう。

 

ハゲの原因を知ろう。

前髪からスタートするM字ハゲがよく見られるのは、AGAという男性脱毛症に特有の症状です。本当にMを描くようにこめかみの上から進んでいきます。この頃は、女性のハゲや薄毛が深刻な悩みになってきています。

やはり、ヘアカラーやパーマ、エクステなど自然以外の負荷を与えることが多くなったのが原因として挙げられます。おしゃれの弊害ともいえます。女性のハゲの場合、なんとなく前髪が決まらなくなった、ボリュームがなくなって前髪を頭頂部から増やしたなどということがあります。

女性のハゲの場合には、女性ホルモンの低下も考えられています。頭頂部や前髪にボリュームがかけてきた場合は、女性ホルモンの低下がまず疑われます。男性型脱毛症にせよ、女性ホルモンの低下による原因にせよ、前髪は一番目につきやすいパーツでもあり、最初にハゲの危機感を感じやすいところです。

もしも、ハゲを感じてしまったら、そのまま頭頂部を確認しましょう。いつの間にか、すでに頭頂部はもっと危機的状態だったなんていうこともあります。

 

いかがでしょう、前髪は印象を決定づける大切なパーツです。もしも、前髪が薄いと、この人、髪の毛さみしいなという印象を与えてしまいます。前髪が薄くなってきた際には、頭頂部のハゲにも注意が必要です。そして、前髪の強みとしては、自分で毎日前髪の状態を確認できることです。

毎日見るから、毎日触るから慣れてしまって劇的な変化でもなければわからないと思うかもしれませんが、写真などと比べてみましょう。あれ?おでこ広くなってる?と感じたら要注意。これ以上前髪が薄くなってしまわないように、日頃からしっかりケアしておきましょう。

 

まとめ

前髪が薄いは気をつけた方が良い、ハゲる原因とは

・後退型のハゲ
・ひっつめ髪からわかること
・いつも同じ分け目にしていると・・
・若ハゲは早めに対策しましょう
・一番洗い忘れる前髪に注意しよう
・前髪を気にしすぎです。
・ハゲの原因を知ろう。