メサイアコンプレックスの人が周りから嫌煙される理由

メサイアコンプレックスの人が周りから嫌煙される理由
メサイアコンプレックスという言葉を聞いたことがありますか。メシアという言葉は「救世主」と言い換えられることから、元々は「人を助けたい」「人のためになりたい」という気持ちから発生するものです。

これだけ聞くと何がいけないのかと疑問に思いますね。しかし、メサイアコンプレックスを持つ人の「人を助けたい」「人のためになりたい」という心理は決して純粋なるものではないようです。もしかしてあなたの回りにもメサイアコンプレックスの人がいるかもしれません。

メサイアコンプレックスの人から知らず知らずの内に被害を受け、心に傷を負ってしまうこともありえます。今回は、メサイアコンプレックスの人が周りから嫌煙される理由を紹介します。メサイアコンプレックスの人の特徴を知り、被害に合わないようにしましょう。



 

メサイアコンプレックスの人が
周りから嫌煙される理由

 

「私は救世主である」という妄想


メサイアコンプレックスはキリストコンプレックスや救世主妄想とも呼ばれ、自分は救世主となる運命にあると思い込んでしまう心理状態を指します。通常、人を救済したいと思う気持ちをもつことは良い事とされていますが、メサイアコンプレックスの人にはその気持ちに裏があるのです。

「人を助けてあげられる自分は優れている」「人助けをする素晴らしい人間であると認めて欲しい」など、優越感を持ちたいがために人を助けているのです。相手のことをなおざりにした、自己中心的な考え方と言ってよいでしょう。

 

問題を大きくしがち


メサイアコンプレックスの人は、自分が助けられそうな人を探しています。問題を抱えていたり、心が弱っている人は格好の獲物です。とにかく自分の善意を押し付け、お節介を焼きたがります。また、些細な問題を大げさに扱い、「私がなんとかしてあげる」と迫ってくることもあります。

そこで巧く距離を取れればよいのですが、精神的に弱っていたりして依存対象を探しているような人である場合は、需要と供給が一致して結束が生まれてしまう場合があります。「共依存関係」と呼ばれるものです。

 

相手を支配してしまう


メサイアコンプレックスの人は結局、相手の優位に立ちたいのです。そのためにも相手は自分より不幸でなければなりません。「あなたのために」という思いはしだいに「自分がいなければ相手はダメになる」という思いへ変わってきます。

しだいに相手への干渉はエスカレートして、自主性や生活力まで奪う場合があります。特に共依存の関係にあると、干渉されている相手は、「この人がいなければ私はダメになる」と思い込むようになっていきます。

 

メサイアコンプレックスの見分け方


「人のためになりたい」という気持ちが基本ですので、心理カウンセラーや看護師、介護の仕事についていたり、ボランティア活動を行ったりしている人も多いようです。また、「人類愛」などという壮大な夢を声高々と叫んでいることがあります。

その割には、家族を大切にできていなかったり、自分は不幸だとか現状に不満ばかりを言っていたりします。つまり「自分すら救うことも愛することもできないのに、世のため人のために生きることにこだわっている」のです。

本当に相手のことを思って行動している訳ではないので、相手が援助を断ろうものなら不機嫌になったり攻撃的になったりすることがあります。

 

メサイアコンプレックスの人への対処


メサイアコンプレックスの人は一見優しくて良い人に見えることでしょう。第一印象も悪くないです。むしろ、良すぎるくらいでしょう。しかし、お節介が過ぎたりするなど干渉が多いと感じたら要注意です。

メサイアコンプレックスの人とは距離を取ることが一番です。あなたを助けようとしてきたとしても、必要ないことはきっぱり断ることが大切です。メサイアコンプレックスの人はあなたを助けることで、快感と優越感を持ちたいのです。

しだいにあなたのことを否定したり、自分なしではいられないように相手をコントロールしたりするようになってしまいます。モラハラをする人も同じ心理と言えます。

 

いかがでしたでしょうか。

メサイアコンプレックスという人が世の中にはいることがわかりました。世の中のおよそ10パーセントの人がメサイアコンプレックスあるいはそれに準ずる心理状態を持つとされています。

そもそもメサイアコンプレックスを持つのは「自分も救われたい」からなのです。劣等感を他人をコントロールすることで誤魔化そうとしているのです。本当に人を助けられるのは、自分が満たされた存在であること、自分に自信がある人、自分を大切にできている人です。

メサイアコンプレックスの人の偽善に振り回されて、自分自身を失ってしまうことはあってはならないのです。メサイアコンプレックスという症状があることをよく覚えておいて、共依存関係にならないように距離を取れるようにしていきましょう。

 

まとめ

メサイアコンプレックスが嫌煙される理由を知ろう

・「私は救世主である」という妄想
・問題を大きくしがち
・相手を支配してしまう
・メサイアコンプレックスの見分け方
・メサイアコンプレックスの人への対処