気になるあごのニキビを治せば、 毎日が楽しくなる理由

気になるあごのニキビを治せば、 毎日が楽しくなる理由

ニキビは青春の象徴と言われますが、ニキビがあると滅入ります。ニキビは体質的なものもありますが、ニキビにもいろいろな種類があるようです。場所によっては体調の悪い箇所のサインであることがあります。

ニキビがあるとお化粧をしても目立ってしまいますし、気分的にも落ち込んでしまいます。あごのニキビですと綺麗に口紅を塗ってもニキビ目立ってしまいます。

そんなニキビが繰り返すことなくできなくなれば、自分の肌に自信がもてるようになり気分も明るくなります。特に、あごニキビは体質だけでなく体のバランスにも関わっているようです。そんな、あごにきびを徹底的に治しましょう。



 

気になるあごのニキビを治せば、
毎日が楽しくなる理由

 

にきびのできる仕組みを理解しましょう


ニキビは毛穴に皮脂が溜まってしまい、アクネ菌が増殖して毛穴の中で炎症を起こしてしまうことによってできるものです。特に10歳くらいからホルモンの変化が起きることに伴って皮脂の分泌量が増えてできるニキビは思春期ニキビと言われます。

ですので汗をかいたり、体質によって皮脂の分泌が多かったりするとできやすいものです。また、ストレスから体のバランスを崩すことでできることもあります。その中でもあごにきびは20代からできやすいとされ、大人ニキビと言われています。

 

あごニキビを甘くみてはいけません


あごまわりはニキビのできやすい場所であり、実は一度できると、治ってはでてくるということを繰り返しやすい場所です。また、手で触ったり女性の場合は髪の毛があたったりと雑菌が増えやすい場所であるため繰り返しやすいものです。清潔を心がけましょう。

 

女性の場合は気をつけましょう


ニキビはホルモンのバランスが原因でできるものです。これは大人ニキビと言われるものでも同じです。女性の場合は生理前になるとホルモンのバランスが変わることでニキビができやすくなります。

鼻を中心にお椀型にした手のひらを当てた範囲にできるニキビは婦人科系の異常のサインと言われることもあります。その中にあごのニキビも入っていますので気をつけましょう。

 

外からの治療には基礎化粧品をきちんと選びましょう


あごにきびだけではなくにきび全般を治すには外側と内側の両方からの対策を考えましょう。外からの対策には、まず基礎化粧品を正しく選びましょう。10代はホルモンの変化から皮脂の分泌が活発化することから乾燥させて治すタイプのものが多いはずです。

しかし、あごニキビのような大人にきびは同じ治し方では治りにくくなっていることがあります。それは、乾燥させることで角質層が固くなってしまい毛穴をふさいでしまうのでニキビができやすい環境になってしまうからです。

油分を抑え、しっかり保湿ができる基礎化粧品を選びましょう。ニキビの予防にもつながります。保湿効果のある成分としてあげられるのは、セラミドです。

 

ビタミンCにも注目しましょう


ビタミンCには皮脂を抑える働きとともにもうひとつ、炎症を抑えるという働きがあるので、できてしまったニキビには効果的です。基礎化粧品を選ぶ際にはビタミンCが入っているかどうかは見逃せないポイントです。

そのなかでも浸透性のたかいビタミンC誘導体が配合されているものを選びましょう。また、ビタミンEを体内に取り込むことで肌の再生を促します。

 

ピーリング成分をチェックしましょう


AHAやサリチル酸が配合されているものはピーリング効果があります。ピーリングは古い角質をはがしてくれることによって毛穴をつまりにくくしてくれますのでニキビができやすい状態から解放してくれるのでピーリング成分が入っているかどうかも確認しましょう。

ピーリングも大切ですが、洗顔が一番大切ということを忘れてはいけません。洗顔する場合はきちんと泡をしっかり立て、手と顔の肌の間に泡が挟まっている状態である泡で洗うという洗顔を心がけましょう。

中途半端な泡で擦っているような洗顔はやみくもに皮脂をとるだけで毛穴はきれいにできませんし洗顔後に肌がつっぱってしまうだけです。最悪な場合はかえってニキビを増やしてしまうこともあります。

 

体の内側からの対策もしましょう


あごニキビは男性よりも女性のほうができやすく、繰り返すもののようです。女性は10代から体が変化しますがその後も妊娠や出産と過酷に体が変化します。すべて生理に関わっているようです。

あごニキビは生理不順、生理痛といった婦人科系の不調のサインのひとつです。また、胃腸の調子が悪い場合などに起こる下痢や便秘の際にも出てきます。あごニキビの原因として冷えがあります。

冷えることによって便秘にも下痢にもなりますし、婦人科系にも良くありませんのであごニキビになってしまいます。マッサージをしたり体を温める効果、代謝を上げる効果のある食べ物を摂るようにしましょう。寝不足も代謝を下げる要因のひとつですので、できるだけ睡眠をとりましょう。

 

いかがでしたか。

10代の青春ニキビとは違い、大人ニキビと言われるあごニキビはいろいろな原因がありなかなか手ごわいニキビです。食生活、ストレス、不規則な生活などから体調を壊したりしている時のサインでもありますし婦人科系にも関係しているため、健康のバロメーターにもなります。

ホルモンのバランスが崩れるということは何かが体を酷使している可能性高いがということです。たかがニキビと侮らずに体の中から治す必要があることを考えましょう。他には、リンパの流れが悪くなっていて体に不純物が溜まったままであったりすることが原因なこともあります。

すぐに治ってしまえば問題はないのですが、中にはニキビの症状がひどくなり化膿してしまう場合もあります。皮膚が紫色になってしまうこともあります。そんな時は我慢しないで皮膚科での治療を受けましょう。

一般の皮膚科のほかに美容皮膚科でも治療ができますし、ピーリングも行っていますので相談してみるとよいでしょう。そんなあごニキビが治して綺麗になれば体の不調もなく、楽しい毎日が送れるでしょう。

 

まとめ

気になるあごのニキビを治せば、毎日が楽しくなる理由

・ にきびのできる仕組みを理解しましょう
・ あごニキビを甘くみてはいけません
・ 女性の場合は気をつけましょう
・ 外からの治療には基礎化粧品をきちんと選びましょう
・ ビタミンCにも注目しましょう
・ ピーリング成分をチェックしましょう
・ 体の内側からの対策もしましょう