口周りのニキビに多い原因を知って再発を予防する7つの方法

口周りのニキビに多い原因を知って再発を予防する7つの方法

ニキビの出来る場所によって原因が違う場合があるのですが、口周りのニキビは外的な刺激とストレスなどが多いのです。口周りにニキビがあると会話中に口元に視線が行くのでとても気になります。

特に、鼻の下にあるとどんなにキレイな人やイケメンでも残念に感じてしまいます。鼻の下にニキビが出来てしまった本人はかなり恥ずかしいはずです。

それ以外にも口周りにニキビは食事や会話など、皮膚が活発に動く部分なのでマスクなどで隠してもニキビがマスクで擦れてしまって、余計にひどくなってしまうこともあります。そんな口周りにニキビを早く治し、その上再発を防げるとうれしいはずです。そんな方法を今回はご紹介します。



 

口周りのニキビに多い原因を知って
再発を予防する7つの方法

 

化粧品が肌に合っているか確認しましょう


外的な刺激のひとつに、女性の場合は化粧品が合わないということがあります。口紅も含めた多くの化粧品は、油脂系の成分が配合されています。化粧品と皮脂が混ざって毛穴につまってしまうのがニキビの原因です。

化粧品の為に口周りにニキビが出来てしまい、さらにそのニキビの上から化粧をするので、悪化したり、治ってもすぐ再発してしまいます。一度、自分の使っている化粧品が肌に合っているか、確認してみてください。

合っていなければいろいろ試して、1日も早く自分の肌に合った化粧品を探しましょう。合ったものを探すのは難しいのですが、今後のことも考えて早めに対応してください。

 

シュイバーを清潔に使いましょう


男性の場合の外的な刺激はヒゲ剃りです。シェイバーの刃を毎回きちんと洗ったりして、清潔にしていないと雑菌が繁殖してニキビの原因になります。

それ以外にも切れ味が悪くなってしまったシェイバーや剃刀をそのまま使っていると皮膚が荒れてしまい、そこからニキビや吹き出物が出来やすくなります。怪我をする可能性もあるので、こまめに確認してください。

また、シェービングの際に使うクリームなどが肌に残ったままだと毛穴を詰まらせてニキビの原因となることがありますので気をつけてください。女性も化粧のノリを良くするために顔剃りをする人が多いので、剃刀のお手入れや刃の確認をしてみてください。

 

口元を拭くときに気を付けましょう


口周りのニキビの原因でえっと感じるのが、紙ナプキンやティッシュで口周りを拭く事です。もちろん、口周りが汚れていれば拭くのが当たり前ですが、その際強くこすってしまい、皮膚を傷つけてしまったり、必要以上に皮膚の水分や皮脂をとってしまうことがあります。

それが口周りのニキビの原因だったり、悪化させる要因でもあるのです。口元が汚れてしまった場合は、軽く抑えるように布ナプキンやハンカチで拭くか、出来れば軽く水で口元をすすぐようにするのがおすすめです。

 

胃を休めましょう


口周りのニキビの原因にもっとも挙げられるのが、胃の不調です。食べ過ぎやアルコールの飲み過ぎなどで胃が荒れてしまい、消化不良を起こし、その結果口周りのニキビが出来てしまうのです。

口周りのニキビは胃が休みたいとサインを出しているので、その上で胃に負担がかかっていると思った時は、あえて食事を抜いて、胃を休めてあげることが必要です。

その際水分補給が大切なので、温かく刺激の少ない飲み物をとるようにすると胃にも優しいのでしっかり取りましょう。気分が落ち着くハーブティーや胃の粘膜を保護するホットミルクがおすすめです。

 

ストレス解消しましょう


ストレスを感じると胃が痛くなると、よく言います。このストレスが口周りのニキビに関係するのです。実際、みぞおちの辺りがキリキリと痛くなってしまうのは、ストレスで胃の粘膜がただれてしまうからです。

先ほどの『胃を休めましょう』で、胃と口周りのニキビの関係を書きましたが、このストレスこそが暴飲暴食に繋がっているのです。だからこそ少しでもストレスを発散出来るように、スポーツや趣味に没頭してみたり、ストレスを感じないように休日はゆっくり過ごしたりしてみてください。口周りのニキビの再発を防ぐためにも心がけたいものです。

 

睡眠不足を解消しましょう


睡眠不足はお肌の大敵です。当たり前のことのようですが実践出来ているのでしょうか?睡眠不足は眠っている間に回復させるはずのダメージをそのまま残してしまうことになります。

そのダメージが残った肌に皮脂過剰の作用が加わり、口周りのニキビの原因になってしまいます。しかし、ただ眠ればいいというわけではありません。良質な睡眠を取ることが大切なのです。再発を防ぐためにも熟睡することが必要です。

お肌のゴールデンタイムと言われる午後10時~午前2時までの4時間に寝ているのが理想ですが、仕事や家事などで実現させるのは難しいはずです。

出来ないのであれば少しでも心を落ち着かせて、熟睡することを心がけましょう。そうすることによって肌のダメージ回復が可能になり、口周りのニキビが出来にくくなるのです。

 

保湿しましょう


口周りのニキビの原因の1つに乾燥して、肌のバリア機能が低下してしまい、ニキビが出来てしまうというのがあります。特に口元は、よく動かすので乾燥しやすく、角質層の水分が失われてしまいます。だからこそ乾燥を防ぐ、保湿対策がニキビの予防に大切だということです。

 

いかがでしたか。

顔の中で一番動かしている口の周りは、一度ニキビが出来てしまうとなかなか治すのがむずかしい場所です。この口周りのニキビを1日も早く治すためには清潔にすることです。

手や口周りに触れるものの清潔に気を付ければ、ニキビはある程度防げます。ある意味、確認すればいいだけの話です。洗ったか、剃刀の刃はさびていないか、口元は汚れていないか…、それを怠ると、ニキビで痛い思いをするかもしれません。

ニキビだけではなく肌も荒れてしまい、見た目もいいものではなくなってしまいます。だからこそきちんと口周りのニキビ対策を実践してください。

 

まとめ

口周りのニキビに多い原因を知って再発を予防する7つの方法

・ 化粧品が肌に合っているか確認しましょう
・ シュイバーを清潔に使いましょう
・ 口元を拭くときに気を付けましょう
・ 胃を休めましょう
・ ストレス解消しましょう
・ 睡眠不足を解消しましょう
・ 保湿しましょう