口周りのニキビが酷い時に試して欲しい、7つの肌荒れ解消術☆

口周りのニキビが酷い時に試して欲しい、7つの肌荒れ解消術☆

ニキビができると気分が落ち込んでしまうという人は多いですが、特に口周りにできるニキビは辛いものです。触るととても痛いニキビが次々と繰り返しできるということや、ニキビ跡が残ってしまって顎のあたりがぼこぼこになってしまうという人もいます。

見た目にも目立ってしまうため、人と話しているときに目線が口元にいっていないか心配になるということも。気になるがあまりにマスクやストールで隠してはまた新しいニキビができるといった悪循環からは、早く抜け出したいですよね。

そんな憎き存在の口周りのニキビですが、何とかして早めの対策をとりましょう。ニキビには、出来る箇所によって様々な原因が考えられます。

果たして、口周りにできるニキビの原因とは何でしょうか。ここでは、口周りのニキビが酷い時に試してほしい、7つの肌荒れ解消術をご紹介します。



 

口周りのニキビが酷い時に試して欲しい、
7つの肌荒れ解消術☆

 

暴飲暴食はやめよう


口周りのニキビができる原因の1つに、胃腸器官の機能低下があげられます。胃腸の調子が悪いと食べたものをきちんと消化しきれなくなり、栄養素の消化吸収が悪くなるということがあります。

また、胃腸の働きが弱まると腸内細菌のバランスが崩れ、肌荒れに悪い影響をもたらします。胃腸機能を回復するためには、まず食べ過ぎ飲み過ぎを止めること。そして1日3食、栄養バランスよく食べることが大切です。

また、カフェインが多く入ったコーヒーや香辛料などの刺激物は極力控えるようにしましょう。胃に優しいキャベツやダイコン、また善玉菌の元となるヨーグルトを食べると良いでしょう。

 

ビタミンを積極的に摂ろう


先述したように、バランスの良い食事はニキビ改善に役立ちます。特に口周りのニキビができる原因には、ビタミン不足が考えられます。

ビタミンが不足してしまうと、肌のターンオーバーが乱れて新陳代謝が低下したり特にニキビが酷い時に効果的なのは、脂質の代謝を活発にして皮脂分泌を促す働きのあるビタミンB群と、抗炎症作用や抗酸化作用のあるビタミンCです。ビタミンCにはメラニン色素生成を押さえる働きもあるので、ニキビ跡を残したくないというときにはお勧めです。

 

疲れを残さず上質な睡眠をとろう


蓄積された疲労は、ニキビにも悪影響をもたらします。内臓機能の低下や肝臓疲労の蓄積が原因で血液の浄化機能が落ちてしまい、老廃物を体外へ出す力が弱まってしまいます。

本来体に不要な栄養分や分解できなかった毒素がニキビ肌をつくってしまうこともあるのです。疲れをとるには睡眠をとることが先決です。

人は眠っている間に成長ホルモンが分泌し、肌のターンオーバーを促進します。特に眠り始めの3時間が重要ですので、寝る1時間前にはカフェインを控えたり軽いストレッチをするなどして、深い睡眠をとるように心がけましょう。

 

ストレスは上手に発散しよう


現代社会で生きる以上、ストレスと無縁ではいられません。良いストレスは生活の中でよい刺激となることもありますが、過度なストレスは心身ともに良くありません。ストレスを受けると脳下垂体や副腎皮質から男性ホルモンが分泌されるようになります。

このせいでひげが生える口周りにニキビが発生しやすくなるのです。ストレスを完全になくすことはできませんから、上手に解消していく工夫をしましょう。

疲れたなと思ったらマッサージを受けたり、ぬるめのお湯で半身浴をしてもいでしょう。また、一旦現実から離れて旅行へ出るというのもひとつです。誰にも邪魔されない、あなただけのリラックスタイムをつくると良いでしょう。

 

スキンケアを見直そう


洗顔をする際、Tゾーンを念入りにしても口周りが疎かになることがあります。また、洗い残しやすすぎ残しが肌荒れの原因となることも。もしくは、オイリー肌が原因とばかりにゴシゴシと洗ってしまっていては、ニキビはひどくなる一方です。

口周りは皮膚が薄くよく動くため、とても乾燥しやすい箇所です。たっぷりの泡で優しく洗った後は、化粧水でしっかりと保湿し、肌のバリア機能を回復してあげましょう。

 

触る癖をやめよう


顔の中でも口周りはつい触ってしまう箇所です。食事のときや考え事をしているときなど、知らず知らずのうちに触っていないか見直してみましょう。手には雑菌がたくさんついていますので、敏感なニキビ肌に触れてしまうと炎症を起こすなど悪化の原因となります。

自分の行動を改めて見直してみると、自分がニキビの原因ということもあるかもしれません。無意識のうちに口元を触る癖がないか、見られたくないからとマスクやストールで覆って刺激していないか、改めて考えてみましょう。

 

月経のタイミングを知ろう


月経は2つのホルモンの分泌によって生まれます。なかでも月経前に多くなる黄体ホルモン(プロゲステロン)は、女性の体に様々な不調をもたらします。この時期、肌荒れや頭痛などに悩まされるという人も多いでしょう。

月経前には黄体ホルモンの影響で皮脂の分泌が盛んになりますから、脂っこい食事を控えたり、ビタミンを多く含む野菜中心の食生活へ変えると良いでしょう。また、オイルフリーのスキンケアやメイクにすると肌の刺激が少なくて済むでしょう。

 

 

いかがでしたか。

ニキビのなかでも口の周りにできたものは隠すことができませんから、鏡を見るたびに落ち込んでしまいがちです。できたニキビを隠そうとして、それがまた刺激になり新しいニキビができるといった悪循環は、すぐにでも断ち切ってしまいましょう。

本文でお伝えした通り、口周りにできるニキビの原因は、大きく分けて胃腸機能の低下とビタミン不足からきています。どちらも仕事や勉強に忙しい毎日を終われて疲れてしまった状態にあるということですから、まずは心と体に溜まってしまった疲れを認識することから始めましょう。

そして、ご紹介した肌荒れ蘇生術を是非試してください。下を向いたままでは気分も暗くなってしまいます。お肌を回復して、前を向いて歩きましょう!

 

まとめ

口周りのニキビが酷い時に試して欲しい、7つの肌荒れ解消術☆

・ 暴飲暴食はやめよう
・ ビタミンを積極的に摂ろう
・ 疲れを残さず上質な睡眠をとろう
・ ストレスは上手に発散しよう
・ スキンケアを見直そう
・ 触る癖をやめよう
・ 月経のタイミングを知ろう