メタボの腹囲が気になる人に奨める、効率的なダイエット策

メタボの腹囲が気になる人に奨める、効率的なダイエット策

昨今、メタボな人に対する風当たりは強まるばかりです。年一回の健康診断で一旦メタボと診断されようものなら、周囲からの白い目に加えて、厳しい企業では改善策の提示やそのフィードバックまで求められることもあります。

メタボと診断されるのには、以下のような基準があります。
1.腹囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上である。
2.血圧が最高血圧130mmHg以上、最低血圧が85mmHg以上である。
3.中性脂肪が150mg/dL以上、または善玉コレステロールHDLが40mg/dL以下である。
4.空腹時血糖値が110mg/dL以上である。

上記の中で、1.は必須の条件となっており、そのほかに2.〜4.の中で二つ以上が当てはまるとメタボリックシンドロームと診断されます。 メタボ診断の重要な条件となる腹囲ですが、気になりつつも対策が取れないでそのままになっている方も多いのではないでしょうか。

ですが、メタボ診断だけでなく見た目にも大きく関わる腹囲は、できるなら絞ってスリムな体になりたいものです。そこで今回は、メタボの腹囲が気になる方にオススメの効率的なダイエット策をご紹介します。



 

メタボの腹囲が気になる人に奨める、
効率的なダイエット策

 

有酸素運動をしましょう


有酸素運動とは、酸素の消費を伴って筋肉のエネルギーを発生させる運動方法です。有酸素運動による健康効果は様々なものがありますが、メタボの改善といった視点で見ると、「血圧を下げる」「中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす」「善玉コレステロールを増やす」といった効果が期待できます。

代表的な有酸素運動としては、ランニングや水泳などがあります。特にランニングは必要な道具もなく、普段運動をしない方でも始めやすいのではないでしょうか。ただ走るだけでは物足りない方は軽めのダンベルなどを両手に持ちながら走ってもよいでしょう。

そして、このような運動を続けることで痩せやすい体質を作ることができ、他の方法も併せて行うことでダイエット効果も得やすくなります。これで自然とメタボな腹囲も少しずつ締まっていくでしょう。

運動は一日や二日頑張っても、目に見えるダイエット効果は期待できません。重要なのは、継続させることです。そのためには、多少運動強度を下げても続けやすい範囲で運動するようにしましょう。

 

食事は規則正しく、ゆっくり食べましょう


肥満体型にある人、メタボな人の特徴的な食事方法として、以下のものがあります。早食い、まとめ食い、間食の取りすぎ、または無理をしても一切取らないよく噛まずに飲み込むようにして食べてしまう早食いや、朝食や昼食を抜いてその分夕食を大量に食べるまとめ食いなどは、つい食べ過ぎてしまいがちなのに加えて内臓にも負担が大きい食事の仕方です。

また、間食を取りすぎるのは言うまでもありませんが、空腹なのを我慢していると体が脂肪を吸収しやすい体質となってしまうため、一日の基準摂取カロリー内でしたら、空腹を感じたら間食をとるのは決して悪いことではありません。

では、どのような食事方法が良いのかをまとめます。ゆっくりよく噛んで食べる、3食を規則正しく食べる、空腹を感じたら食べ過ぎない範囲で間食をとる当たり前のことばかりですが、きちんと守れていない方も多いのではないでしょうか。メタボな腹囲を作る根本は食べ過ぎなどによるカロリーの摂取過多です。この機会に、まずは基本の食習慣を見直してみましょう。

 

運動で消費したカロリーは気にしないようにしましょう


例えばランニングの場合、体重が50kgの方が10kmを走った時の消費カロリーは約500kcalといわれています。ダイエットを目的としてエクササイズをする場合、そのエクササイズで消費されるカロリーを気にしがちです。確かに運動量の一つの目安となるかもしれませんが、あまり気にしすぎるのもよくありません。

なぜでしょうか。それは、運動で消費したカロリーぶん食べてもいい、言わば免罪符のように考えてしまいがちだからです。例えば、500kcal分運動したからポテトチップスを一袋食べてもいいや、といった感覚です。これはメタボな腹囲を絞る上ではとても危険なことです。

運動で消費したカロリーは、あくまで蓄積された無駄な脂肪を消費されるために積み上げていくべきものであって、その分食べてしまっては意味がなくなってしまいます。また、人は運動で消費したカロリーを実際より多く見積もりがちです。これでは却って逆効果になってしまいます。

日頃ダイエットのために運動しているのになかなかメタボが改善されずメタボな腹囲も減らない方は、運動後にその分食べてはいないでしょうか。食べてしまう方は、運動する時の消費カロリーを意識しないようにすることをお勧めします。

 

食事の時のお茶を変えてみましょう


ダイエットのために食生活を変えようと思っても、なかなか思うように変えられないこともあるでしょう。そんな時は、まずは食事の時のお茶を変えてみるのはいかがでしょうか。最近ではダイエットに役立つ効果のあるお茶として以下のようなものが見つかっています。

・黒豆茶
黒豆茶に含まれるサポニンはコレステロールを調整する作用があり、また代謝を促す効果があることから肥満の予防に効果があります。

・プーアル茶
プーアル茶に含まれる重合カテキンや没食子酸は、脂肪の分解を妨げて排出を促す効果があります。・ウーロン茶ウーロン茶にも脂肪の排出を促したり、基礎代謝を上げる効果があります。

食事の際には、上記のようなお茶を取り入れてみましょう。また、上記のお茶をブレンドしたダイエット用のお茶も販売されています。そう言ったものを活用してもいいでしょう。もちろんお茶だけで痩せていくことはありませんが、運動や食生活の改善と合わせることでメタボな腹囲の改善に役立ちます。

 

必要に応じてサプリメントを活用しましょう


メタボな腹囲を絞るには、食生活を含む生活習慣の改善が必要不可欠です。一度慣れてしまった生活習慣を変えていくのは大変なことですので少しづつ変えていくことになりますが、メタボの進行は待っていてはくれません。そこで、不足しがちな栄養素はサプリメントで補うようにしましょう。

ファーストフードでの食事の多い方は特にビタミンやミネラルが不足しがちです。これらを補うサプリメントも多く販売されていますので、日頃の食生活から足りてないと思われる方は活用しましょう。

また、サプリメントの中には、栄養補給だけでなく脂肪の燃焼を助けるものや栄養の吸収をゆるやかにするものもあります。こういったものもメタボな腹囲を絞るのに役立つでしょう。ただし、サプリメントはあくまで栄養”補助”食品ですので、生活習慣の改善も必要であることを忘れないでください。

 

いかがでしたか。

メタボの腹囲の改善に限らず、メタボを改善することは多くの方が望むところではないでしょうか。お腹が出ていては、メタボ検診に響くだけでなく、見た目にもよくありません。美容のためにも、健康のためにも、「最近お腹が気になるな」とお感じの方はこれを機にダイエットを始めてみましょう。

ゆるやかにでも確実に継続させることが重要です。すぐに結果は出なくても、確実に少しずつ改善されていきます。今回ご紹介したダイエット策は、メタボの腹囲対策だけでなく一般的なダイエットにももちろん有効です。

すでにメタボと診断されている方も、まだメタボと診断はされていないけれど腹囲が気になっている方も、今回ご紹介したダイエット策を参考にして、生活習慣の改善に取り組んでください。

 

まとめ

メタボの腹囲が気になる人に奨める、効率的なダイエット法とは

・ 有酸素運動をしましょう
・ 食事は規則正しく、ゆっくり食べましょう
・ 運動で消費したカロリーは気にしないようにしましょう
・ 食事の時のお茶を変えてみましょう
・ 必要に応じてサプリメントを活用しましょう