胸が大きくなる方法がほんとうにあるの?あきらめないコツ

胸が大きくなる方法がほんとうにあるの?あきらめないコツ
胸が大きくなる方法をインターネットで検索するととても多くのサイトがヒットしますよね。それだけ胸を大きくしたいと思っている女性が多いということです。

日本人の女性の平均的なバストサイズはBカップと言われていますが、最近ではバストサイズの大きい女性も増えてきています。でもそれはメディアなどに露出している人たちの多くがそうなってきたということで、大半の人たちはやはり胸を大きくしたいと思い、胸が大きくなる方法を探しているのではないでしょうか。

胸が小さいからプールや温泉に行きたくない。ましてや彼に胸を見られたら嫌われちゃうんじゃないか。そういうコンプレックスを解消できたらどんなにいいか。胸が大きくなる方法は実は意外と簡単なんです。諦める必要なんかありません。そこで今回は簡単に胸が大きくなる方法をお伝えします。



 

胸が大きくなる方法がほんとうにあるの?
あきらめないコツ

 

正しいブラジャーの付け方で速攻バストアップ


あなたが今付けているブラジャーは何カップですか?実は9割くらいの女性がブラジャーの付け方を間違えています。正しいサイズのプラジャーを正しく付けるだけで1カップくらい大きくなってしまうことがあります。胸が大きくなる方法の第1ステップとして、ブラジャーをチェックしてみましょう。

ブラジャーが合っているかどうかのポイントは体のどこにもブラジャーのワイヤーが食い込んでいないか、逆に浮いている場所がないことです。ブラジャーのサイズだけでなく、肩紐の長さも影響してきます。わからなければ専門店の人に見てもらってもいいでしょう。正しいサイズのプラジャーを正しく付けた時のサイズが今のあなたの胸の本当のサイズです。

 

胸が大きくなる仕組みを理解しよう


ブラジャーの見直しだけで簡単に胸が大きくなるのですが、胸そのものが大きくなる体の仕組みを理解することも胸が大きくなる方法のひとつです。正しい知識があれば正しい方法にたどり着けます。胸のふくらみは皮下脂肪乳腺組織が主な構成要素です。

女性は男性に比べて皮下脂肪がつきやすく、逆に内臓脂肪がつきにくくなっています。また皮下脂肪はお腹まわりよりも胸や腰に多くつくようになっています。男性とは違う女性らしい体型を作るように体に働きかけるものが女性ホルモンです。

女性ホルモンは胸の乳腺組織を発達するように促す働きもしています。つまり胸に女性ホルモンが届けば届くほど胸は大きくなるのです。では女性ホルモンをたくさん出せるようになればいいのかというとそうもいきません。女性の体が生涯に分泌する女性ホルモンの量はティースプーン1杯分とも言われています。

このとても貴重な女性ホルモンをいかに効率よく使うか、また分泌される量を減らさないようにするかが胸が大きくなる方法の一番大事なポイントです。

 

バストマッサージで女性ホルモンを胸に呼びこもう


分泌された女性ホルモンをいかに効率よく胸に届けるか。まずやってもらいたいのが、バストマッサージです。胸をマッサージすると乳腺が刺激されます。この刺激は脳下垂体の視床下部というところに伝達されます。視床下部という脳の中枢部分は女性ホルモンの分泌を指示する場所です。

分泌された女性ホルモンは血管やリンパ腺を通って体に運ばれます。バストマッサージをすることで胸の血行やリンパの流れも良くなり、女性ホルモンが胸に運ばれやすくなるのです。バストマッサージは胸が大きくなる方法の中でも必須と言えます。

 

生活習慣を改善して女性ホルモンを阻害しない


女性ホルモンは脳下垂体の視床下部から出た命令で分泌されますが、この視床下部がダメージを受けると女性ホルモンがうまく分泌できなくなります。生涯にティースプーン1杯分しか分泌されない女性ホルモンを無駄にしてしまわないようにいつも視床下部が元気に働いてもらう必要があります。

視床下部は栄養不足や睡眠不足、過剰なストレスによってうまく働かなくなってしまいます。特にストレスは大きな問題です。過剰なストレスは視床下部だけでなく、女性ホルモンの生産工場である子宮にも悪影響を与え、生理不順なども起こす原因となります。

視床下部が女性ホルモンを出せと命令しても、子宮で女性ホルモンが十分に作られなければ、女性ホルモンの分泌は減ってしまうのです。日常生活の中では様々なストレスがありますが、特に冷えなどの環境的なストレスは女性ホルモンの分泌阻害に直結しますので、体を冷やさないことはとても重要です。

食事で取る栄養のバランスもとても大事です。女性ホルモンの分泌にはタンパク質やビタミンA・B・C・E、ミネラルが必要です。これらが豊富に含まれるものを食べることで女性ホルモンの分泌は良くなります。

具体的には動物性・植物性のタンパク質をバランスよく食べること、小魚やアーモンド、海藻や緑黄色野菜を多く取ることが重要です。女性ホルモンは睡眠中に多く分泌されます。深夜までの夜更かしや睡眠不足は1日で一番女性ホルモンが作られるタイミングを逃してしまうことになります。

毎日同じ時間に床につき、同じ時間に起きるという睡眠のリズムは生活のサイクルを正しくする助けにもなりますので、睡眠サイクルを乱さないようにしましょう。いずれも胸が大きくなる方法だけのことではなく、健康的な生活を送るために大事なことばかりですので、生活習慣を乱さないようにすることが大事です。

 

いかがでしたか。巷にあふれる胸が大きくなる方法には正しい物もあれば、眉唾ものもあります。ほんとうに正しい方法を選ぶことが胸を大きくする早道です。胸が小さいと嘆いている女性のほとんどが間違ったサイズのブラジャーをつけていたり、間違った付け方をしています。正しいサイズのブラジャーを付けるだけでサイズアップする人も多いのです。

さらに胸を大きくするには女性ホルモンを効果的に働かせることが重要です。女性ホルモンは生涯にティースプーン1杯分というわずかな量しか分泌されない貴重なホルモンです。女性ホルモンの分泌を促して、胸に女性ホルモンを行き渡らせれば、胸に皮下脂肪が付き、乳腺組織が発達して、胸は自ずと大きくなります。

バストマッサージは乳腺を刺激して視床下部の女性ホルモン分泌司令を促してくれると同時に胸の血行とリンパの流れを促進し、分泌された女性ホルモンを効率的に胸に運びます。また女性ホルモンの分泌を司る視床下部は過度のストレスや睡眠不足、栄養不足によってダメージを受けて、女性ホルモンの分泌が滞ってしまうことがあります。

ストレスフリーで、十分な睡眠を取ること。女性ホルモンの分泌に欠かせない栄養素をたっぷり摂ることは胸が大きくなる方法ということだけではなく、健康的な生活を送るためにも大事なことです。

 

まとめ

胸を大きくするには

・正しいサイズのブラジャーを正しくつけよう
・胸を大きくしてくれる女性ホルモンを理解しよう
・バストマッサージで女性ホルモンを胸に運ぼう
・生活習慣を見なおして女性ホルモンを無駄なく使おう