胸を大きくしたい!女性ホルモンをアップさせる5つの方法

胸を大きくしたい!女性ホルモンをアップさせる5つの方法
胸を大きくする方法には食事やマッサージ、体操や筋トレなどがありますが、もう一つ、「女性ホルモン」に働きかけるという方法があります。女性ホルモンと言えば胸だけではなく月経やお肌にも関わってくるため、女性なら誰もが意識することですよね。大事な女性の器官の一つである胸は「女性ホルモン」によって発達し、容積やハリを増すようにできています

女性ホルモンには生理後2週間前後の間に分泌される「エストロゲン」とその後から生理開始までに分泌される「プロゲステロン」がありますが、このどちらのホルモンも胸の大きさに影響を及ぼすようになっています。

これらのホルモンをアップさせ、胸を大きくする方法にはどんなものがあるでしょうか。そこで今回は、女性ホルモンにアプローチして胸を大きくする方法についてお伝えします。

 

胸を大きくしたい!
女性ホルモンをアップさせる5つの方法

 

女性ホルモンの働きを知ろう

女性ホルモンと呼ばれるものには、冒頭でお話しした通り排卵までに分泌される「エストロゲン」、月経開始までに分泌される「プロゲステロン」があります。エストロゲンは乳腺そのものを増やし、そこに脂肪を付けて女性らしい丸みを帯びた体型を作り、プロゲステロンは妊娠に備えて元々ある乳腺を発達させ、胸にハリを持たせる働きがあります。

ただ、エストロゲンによって大きくなった胸は持続性がありますが、プロゲステロンによって発達した胸は生理が開始すると(つまり妊娠しなかった場合は)元に戻りやすいと言われています。一時的ではなく常に胸を大きく保つ方法としては、エストロゲンを重視して考えた方が良いということですね。

 

規則正しい生活を送ろう

エストロゲンが分泌されやすい体内環境を作るためには、何よりも規則正しい生活を送ることが大切です。エストロゲンは卵巣から分泌されますが、その卵巣に指令を出すのは脳の視床下部や下垂体です。これらはその他のホルモン分泌の司令塔も兼ねている部分のため、生活が不規則になり疲れが溜まるとエストロゲンの分泌指示をうまく出せなくなってしまうのです。

規則正しい生活のほか、ストレスも厳禁です。ストレスによって自律神経が乱れると、やはり視床下部の働きが悪くなってしまい、エストロゲンが正しく分泌されなくなるからです。

胸を大きくする方法とストレスは何の関連性も無いように見えますが、実は密接なつながりがあるのです。

 

イソフラボンを摂ろう

エストロゲンとよく似た働きをする栄養素と言えばやっぱりイソフラボン。大豆製品に多く含まれる成分ということはご存知ですよね。

イソフラボンはエストロゲンそのものではありませんが、更年期障害を緩和したり女性機能の働きを助ける、つまり胸の発達にも関わる作用があると言われています。イソフラボンを摂ることは胸を大きくする方法の中でもかなり有名です。

大豆製品にはたくさんの種類があるので、自分が食べやすいものを取り入れると良いでしょう。無理に食べなければと思うとストレスになり却って良くありません。

 

身体の冷えを防ごう

身体を冷やすと女性機能全般に支障を来すということをご存知でしょうか。血行が悪くなるだけではなく、自律神経が乱れて視床下部に影響し、ホルモンバランスを崩すことに繋がるからです。

女性はおしゃれのために薄着をしがちですが、胸を大きくする方法を実践するなら厚着を心がけるべきです。また、身体の内側からも冷やさないように食べ物や飲み物も温かいものを優先的に摂るようにしましょう

そして、毎日シャワーで済ませるのではなく、浴槽にお湯を張って浸かることもおすすめです。ホルモンバランスが整うだけではなく、血行が良くなって胸に栄養が行きやすくなる効果も期待できるからです。

 

疑似でも良いので恋愛しよう

胸を大きくする方法の中には「恋愛する」というものがあると聞いたことがある人もいますよね。これは都市伝説でも冗談でもなく、本当に効果が期待できるものなのです。恋愛して気持ちが高揚すると脳が活性化してエストロゲンが十分に分泌されますし、性的な触れ合いが増えることで身体が妊娠に備えて胸を大きくするようになります

ただ、恋愛対象がいない環境では難しいこともあるでしょう。そんな時はアイドルや俳優、二次元の存在が相手でも良いので、疑似恋愛を楽しんでみて下さい。誰かと恋している錯覚を得るだけでも脳は活性化しますので、結果的に胸を大きくすることに繋がるはずです。

 

いかがでしたでしょうか。胸を大きくする方法の一環として、女性ホルモンの働きをアップさせる方法をお伝えしました。

今までマッサージや食事、サプリメントなどを試しても全く効果が無かったという人は、もしかしたら女性ホルモンの分泌が少なく、せっかく取り入れた方法の効果が出にくくなっていると考えられます。

忙しすぎる毎日を送っていたり、栄養バランスの悪い食事が定着している人は要注意です。女性ホルモン乱れは胸を大きくする方法への影響だけではなく、将来妊娠を望む時や更年期を迎える時にトラブルが生じる可能性があるからです。

これから胸を大きくしたい人も、健康な女性機能を保ちたい人も、これからは女性ホルモンの分泌を意識した生活を送るようにしましょう。

まとめ

胸を大きくするために女性ホルモンをアップさせる方法は

・「エストロゲン」と「プロゲステロン」、二種類の女性ホルモンの働きを知ろう
・ホルモンバランスを乱さないために規則正しい生活を送ろう
・エストロゲンと似た働きをするイソフラボンを摂ろう
・女性機能を正しく働かせるために身体の冷えを防ごう
・疑似でも良いので恋愛してホルモン分泌を活性化しよう


連記事