虫歯が口臭の原因、さらに大病も引き起こした7つの実例

虫歯が口臭の原因、さらに大病も引き起こした7つの実例

虫歯は口の中に残った食べ物のカスを、口の中で生息する細菌が分解し、酸をつくることで歯を溶かしていくことが原因です。細菌が歯を溶かしていくので、もちろん不衛生ということです。

菌の産生物があり臭いを発することになるので、もちろん口臭の原因になります。口臭の原因には口が原因のものや全身が原因の場合があります。これから7つの実際にあった口臭の実例を紹介します。



 

虫歯が口臭の原因、
さらに大病も引き起こした7つの実例

 

口臭から問題がわかります


人間はみな口臭がします。生理的口臭といえる範囲の口臭です。コミュニケーションをとる際にも、不快にならない範囲の口臭です。もしも不快に感じるほどの口臭を感じたのであればそれは、口もしくは体に何か問題があるということです。

 

虫歯はありませんか?


最後に歯科健診を受けたのはいつごろですか?最近、飲食中に痛みを感じることがありませんか?もしくは急に口臭がするようになったということはありませんか?虫歯によって歯に穴があいている場合、そこに汚れがたまりやすくなります。

虫歯は歯についた汚れを餌として細菌が繁殖し、歯の表面で酸をつくることで歯をじわじわと溶かしていきます。結果、穴のような構造ができることがあり、そこに食べカスがつまってしまうのです。

 

歯肉から出血がありませんか?


歯肉が炎症を起こすと、出血をすることがあります。歯磨き時に出血がすることもありますが、炎症が進むと何もしていないときでも、歯と歯肉の間の隙間から炎症の結果、液性の物質が出てきます。この物質も口臭の原因となります。

 

舌も確認しましょう


歯を磨く時に、歯ブラシで歯を磨いたあとに、舌を優しく汚れをかきだすように磨きましょう。舌の上には舌苔(ぜったい)という汚れが蓄積しています。その汚れは、食べカスや飲み物のカスを元に、細菌が繁殖したものです。

もちろん、口臭の原因となります。毎日の歯磨きの際に、歯と一緒に舌も確認する習慣をつけましょう。舌に治りにくい口内炎ができていたり、白っぽい取れないシミができたりしている時には注意が必要です。口臭を伴わないケースもありますが、舌にもがんができることもあり、良性のできものの可能性もあります。

 

口が渇くことがありませんか?


口が渇いてしまうことが増えたということはないでしょうか?口が渇くと口臭が強くなります。口が渇く原因の1つにストレスによって唾液が出にくくなることがあります。ストレスは、健康によくありません。

口の中で唾液が出にくくなるほどストレスを感じているということは、ストレスにより胃の粘膜など消化器の粘膜に炎症を起こしていることがあります。ただのストレスと甘く見ることなく、生活習慣や、職場、人間関係などを見直してみましょう。

口が渇いて、口臭がするとき、口臭が甘い臭いがすると指摘されたことはないでしょうか?これは、糖尿病に特有の症状です。糖尿病の場合、代謝がうまくいかなくなるため、ケトン体という特有の物質を産生するようになります。

このケトン体が甘い独特の臭いを発しているのです。家族に糖尿病の人がいたり、甘い口臭がする、口が渇くといったような症状がある際は、腎臓内科、糖尿病科を受診してみましょう。糖尿病を予防する方法のアドバイスをうけることができるかもしれませんし、もしも糖尿病でもコントロールできるように指導を受けることができます。

 

胃潰瘍の可能性があるかもしれません


胃に潰瘍があるということは、胃の粘膜が胃酸によって溶かされてしまっていることを意味します。胃酸というのはph2程度の強酸です。ストレスがあったり、なにか体調がすぐれない原因があると、胃酸によって胃の粘膜を傷つけてしまうことがあり、胃潰瘍の原因となります。

胃潰瘍の他にも、胃酸は逆流することで、逆流性食道炎という病気を起こします。この結果、胃液が逆流するため口臭は酸っぱい臭いがしてしまいます。

 

口臭から胃がんがわかる!


口の臭いからがんがわかるなんて言うことがあるでしょうか?実は、口臭と胃がんには関係があります。先にも述べましたが、胃に代表される消化器官のはじまりは口なのです。口は消化器すべてと1本道でつながっています。

もしも、口から排泄物やドブのような臭いがしたら、急いで消化器内科を受診してください。排泄物?と驚くべき表現かもしれませんが、家族から口から“便の臭いがする”と指摘され内科を受診したところ胃がんが判明した患者さんがいます。

排泄物やドブの臭いがするということは、胃の組織が溶けて腐った状態であることを意味します。このような状態になっている場合は、胃がんを疑わなくてはなりません。

 

いかがでしたか?

口臭の原因は、口に原因がある場合が8割、その他に原因があるのが2割といわれています。口に原因がある場合、虫歯や歯周病、舌の汚れなど、歯科医院での治療で治すことができるのです。

もしも歯科医院に通院しても、口臭が改善しない場合、歯科医院では内科的な病気を疑い病院を紹介されます。考えられる病気としては、消化器系の病気や、糖尿病などを先に述べましたが、同じくガンの患者さんでも強い口臭がする場合があるのです。

口臭は、見えない体内の変化を表してくれるサインであることもあります。ただの口臭、ちょっと体調が悪いから、疲れてるからなどと思うことなく、治らない頑固な口臭はしっかり通院し原因を判明させましょう。口臭を取り除くことで、良好な人間関係と、健康な体を維持することができます。

 

まとめ

虫歯が口臭の原因、さらに大病も引き起こした7つの実例

・ 口臭から問題がわかります
・ 虫歯はありませんか?
・ 歯肉から出血がありませんか?
・ 舌も確認しましょう
・ 口が渇くことがありませんか?
・ 胃潰瘍の可能性があるかもしれません
・ 口臭から胃がんがわかる!