虫歯を口臭から発見して常に歯の健康を守るデイリーチェック

虫歯を口臭から発見して常に歯の健康を守るデイリーチェック

口臭が与える印象で人の見る目がずいぶん変わります。なぜ口臭が起こるのかその原因の多くは口腔内の細菌や汚れが元となっています。

これは虫歯や歯周病の原因になりますが、虫歯や歯周病が進行している人ほど他人に不快感を与えている可能性があるといえます。

歯医者さんの定期検診もとても大事ではありますが、日課として口臭チェックを取り入れて、歯医者さんに行く前に口腔内の環境を整えて虫歯予防に役立てましょう。

また口臭は口腔内からくるもの以外にも体調不良などが原因ということもあります。虫歯など歯周病などが原因で食事がままならない場合はそれが悪化し胃などを荒らしてしまう事になり口臭を悪化させてしまいますので、まずは口腔内の環境の乱れをなくすところから始めましょう。



 

虫歯を口臭から発見して
常に歯の健康を守るデイリーチェック

 

歯ブラシから口臭をチェックしよう


虫歯の匂いの原因は口の中の細菌です歯ブラシが臭いと感じたら、口の中で細菌が蔓延しています。虫歯のメカニズムはミュータンス菌という細菌が食べかすを元に歯垢を作り出します。

この食べかすは細菌が好む砂糖をたくさん含む事が多く、細菌によって歯垢の中で糖分が分解され酸や毒素を作り出し、歯を溶かしてしまいます。虫歯に食べかすなどがたまり時間がたつと、かなりキツイ匂いの口臭につながります。

 

朝起きた時の口臭をチェックしよう


虫歯は夜、進行するといわれていますが、朝起きた時、口の乾きや口のネバネバ感を感じたら細菌が口の中で大量に発生し、口臭を発生させています。

原因は細菌によって溶かされた歯は唾液の働きでもとに戻ろうとしますが睡眠時には唾液量が極端に減るため、それができないからです。匂いのもとは細菌の働きによって発生するので、食事をしたり、砂糖ふくむ飲み物などを飲んだ後、歯磨きを忘れて寝てしまうような行動はさけましょう。

 

午後からの口臭をチェックしよう


朝食を食べた後は歯磨きをする人がほとんどでしょう。しかし昼食後や外出先や仕事場で歯磨きをしている時間がない人も多いかと思います。昼食後の口の中は食べかすや細菌が繁殖している状態になります。

また仕事などに集中していると口を動かす事が少なくなるため、細菌を洗い流す唾液の分泌が低下します。既に虫歯になりかけてる場合溶かされた歯の穴の食べかすに細菌が群がるので、午後からの口臭がひどくなる傾向があります。

 

鏡で歯を見てチェックしよう


口臭が気になる人は、自分の歯を鏡で見てください。歯磨き後であったとしてもとれない汚れがありませんか。食べかすが歯垢になり歯石になると簡単に自分では落とせない汚れになってしまいます。

また初期の虫歯では茶色い色が付着します。磨きにくい場所を専用の鏡でみることもできますので毎日チェックすることで磨き残しを防ぎ、虫歯、歯周病、口臭予防になります。

 

歯や歯茎を触ってみよう


ざらざらしているようなら要注意です。汚れが歯の表面に付着しています。また歯茎を触って血がでるようであれば歯周病かもしれません。

歯には生え際に歯周ポケットがありますがそこに歯垢や歯石がたまり炎症につがなります。歯石の中や周りに更に細菌が入り込み歯周病を進行させる毒素を出し続けます。歯の根元に虫歯が発生する原因でもあります。

 

膿の匂いには気を付けよう


既に進行している虫歯の可能性が考えられます。ここまでくると自分で虫歯があるかもしれないと感じる事が口臭以外にもありそうです。

痛みに鈍感な場所に発生したり、以前治療した歯の奥に虫歯が出来ていたりする場合は気づきにくいものです。虫歯菌が歯の根の中まで入りこむと神経が死んでしまい根の先に膿がたまり臭いガスを発生し続けます。

 

治療後の虫歯が沢山ある人は気を付けよう


過去に虫歯の治療をたくさん行ってきたという人は、口の中にかぶせものや銀歯があります。虫歯の治療では主に歯を削り感染した部分を取り除きますが、銀歯や詰め物をした場所に少しでも取り除きがある場合は、引き続き虫歯は進行しつづけます。

歯の中から腐った匂いがしたり痛みを感じる事があります。また詰め物と歯の境にはごくわずかですが溝が出来ていますので、食事などの小さな食べかすがたまり匂いの元の細菌を発生させます。

 

いかがでしたか。

人間の歯は乳歯から永久歯に生え変わると二度を生え変わる事はありません。虫歯を放置すると最悪の場合は抜歯を余儀なくさせられることもあります。

現在は治療が進行してインプラントなどの方法で見た目には健康な歯そのものという選択肢もありますが、高額なうえ定期検査などをして歯周病などにはならないようにしなくてはいけません。

口臭が発生するということは虫歯になりやすい環境になっているので、虫歯に気づく前に口臭を意識して予防することが大切になります。

また口臭自体が体に害をおよぼし、歯茎をとかす強い作用があり、病気の原因と言われている活性酸素を増やるす事が分かってきています。口腔内の環境を整え、毎日気持ちよく過ごせるようにしたいものですね。

 

まとめ

虫歯を口臭から発見して常に歯の健康を守るデイリーチェック

・ 歯ブラシから口臭をチェックしよう
・ 朝起きた時の口臭をチェックしよう
・ 午後からの口臭をチェックしよう
・ 鏡で歯を見てチェックしよう
・ 歯や歯茎を触ってみよう
・ 膿の匂いには気を付けよう
・ 治療後の虫歯が沢山ある人は気を付けよう