ミョウバンで体臭を消す方法。その使用法と効果とは

ミョウバンで体臭を消す方法。その使用法と効果とは
体臭を気にしている方でしたら『ミョウバン』が体臭に効く!と言われたら試してみたいですよね。しかし『ミョウバン』と聞いても、いまいち何に使うものなのかピンとこないという方は多いのではないでしょうか。

多くの方がエチケットとして日常的にデオドラントを使用していますが、実はこの『ミョウバン』は天然のデオドラントとして、古代ローマの時代から使用されていたと言われています

日本では古くから漬物の発色剤や麺のかんすい、料理の下ごしらえなどの食品添加物として広く使われ、スーパーや薬局でも100円程から手に入れる事ができます。

環境意識や健康志向の高まりもあり、肌に触れるものに「より安全なもの」を求める方は多く、消臭効果の凄さと、食品添加物である安全性、手に入れやすい価格と使いやすさなどから、ミョウバンが非常に注目を浴びています。

そこで今回は天然のデオドラント『ミョウバン』で体臭を消す、その効果と詳しい使用方法をお伝えします。



 

ミョウバンで体臭を消す方法。
その使用法と効果とは

 

ミョウバンにはニオイを抑える働きがある


体のニオイが気になるといった場合、その多くは『汗』が原因となっています。とは言っても汗自体が臭いという事はほとんどなく、皮膚表面に存在する雑菌が汗を分解する事でニオイが発生しています。

そしてミョウバンには“水に溶けると酸性になる”という性質があり、皮膚は酸性の状態になると雑菌の繁殖が抑制されます。つまり、ミョウバンを水に溶いたものを肌につけると雑菌の繁殖が抑制され、結果的にニオイが抑えられるという仕組みになっているのです。

 

収れん作用により、汗を抑える


ミョウバンには消臭とともに収れん作用があり、汗を抑える事ができます。タンパク質を変性させる事で、皮膚組織や血管を縮める作用があるのです。それが汗腺に働きかける事で汗の量が減少し、ニオイの元となる汗自体を抑えられるのです。

 

ニオイそのものを消す働き


ミョウバンは様々な金属が結合してできている為、それらが酸化還元反応や成分の中和などの反応を起こす事によって、ニオイそのものを消臭する働きもあります

またアンモニア臭などアルカリ性のニオイに対して、酸性の性質があるミョウバンは非常に効果的で、特に汗臭いニオイに対する消臭作用は驚異的です。

 

ミョウバン水の作り方


まずはスーパーなどで購入した「焼きミョウバン」と、ペットボトルをご用意頂き、焼きミョウバンを約30倍の量の水道水で溶かします。(50gの焼きミョウバンを使用する場合は、水を1.5リットル使用)

この時使用する水は必ず水道水を使用してください。精製水やミネラルウォーターには塩素が入っていない為、すぐに腐食してしまいます。

ミョウバンと水道水を入れたペットボトルをよく振り、さらに一晩おくとミョウバンが完全に溶けて透明な液が出来上がります。これがミョウバン水の原液で、冷蔵庫であれば1か月ほど保存が可能です。

基本的にはこの原液を6~10倍に薄めて使用します。好みのポンプボトルやスプレーボトルに作り、薄めたものは一週間以内に使い切りましょう

 

気になる頭皮のニオイに


皮脂の分泌が過剰な場合や、数日頭を洗えなかった時などに頭皮に雑菌が繁殖して、汗や皮脂を分解する際にイヤなニオイが発生します。

ミョウバン水をスプレーしてなじませるようにマッサージすれば、ミョウバン水の殺菌効果と酸性の性質により頭皮が弱酸性の良い状態になり、ニオイが気にならなくなります

 

気になる足のニオイに


通気性の悪い靴の中で汗の湿気がこもり、雑菌が繁殖する事が足のニオイの原因です。ミョウバン水の制汗と殺菌の働きにより、このニオイの原因をダブルで防ぐ事ができます

出かける前にスプレーして、さらに靴を脱ぐ際に再び使用したりすれば、お座敷の飲み会・ディナーも怖くありませんね!

 

脇のデオドラントにも


ヨーロッパでは古くからミョウバン水が制汗・消臭剤として使われてきました。通常の場合の汗は弱酸性で嫌なニオイがする事は無いのですが、日頃あまり汗をかかない人の汗や、激しい運動後の汗などはアルカリ性に傾きがちです。

このアルカリ性の汗を放置すると雑菌が繫殖してニオイが発生するのです。ミョウバン水を使用する事で、制汗効果と皮膚表面の雑菌の繁殖の抑制、アルカリ性の汗の中和というトリプル効果が期待できます

 

いかがでしたか。薄めたものを直接スプレーする以外にも、原液を30~50ccほどお風呂に入れれば、デオドラントやあせもに効果が期待できる入浴剤になりますし、足湯に入れる事で水虫対策にもなります

その他にも幅広い用途があり、生ゴミのニオイ消しや洗濯物の生乾き臭予防、ニキビのアクネ菌殺菌やペットの粗相のニオイ消し、トイレのアンモニア臭の予防に至るまで、原液一本作っておけば家中で大活躍する事でしょう。

ただし注意して頂きたいのが、薄める濃度です。「濃くして使った方が高い効果が得られるんじゃないか」と思う方もいるかもしれませんが、濃度が濃すぎると酸性が強すぎてピリピリしたり、刺激により炎症を起こしたりする場合もあります

一度で高い効果を得ようとするのではなく、気になる部分はこまめにつけ直すなどの方法をおすすめします。

また、体臭予防に使用する場合に気になるのが持続時間ですが、体験談では6~7時間の効果を実感している方が多く、個人差はありますが出勤前に使用して、仕事帰りにデートなどがあれば夕方再度使用する…といったイメージですね。

ミニボトルに作ったものを持ち歩くようにすれば、髪にも、脇にも、足にも…と一つで何役もしてくれるので、必須のお助けアイテムになる事間違いなしです。

 

まとめ

ミョウバンで体臭を消す方法は…

・食品添加物であるミョウバンは『天然のデオドラント』
・なぜミョウバンはニオイに効くのか、ミョウバンの性質を知ろう
・ミョウバンを約30倍の水道水に溶かし『ミョウバン水』の原液を作る
・原液をさらに6~10倍に薄め、頭皮、脇、足など気になるニオイにスプレーするだけ
・肌トラブルを避ける為にも、薄める濃度はきちんと守って使用する