話題のミョウバン水を試したい!正しい作り方とその使い方

話題のミョウバン水を試したい!正しい作り方とその使い方
高い制汗効果、殺菌効果、防臭効果で話題のミョウバン水、とても気になりますよね。汗まみれの運動着、家族の加齢臭、ニキビに肌のくすみなど、家族みんなのそれぞれの悩みをまとめて解決してくれます。しかも、ミョウバン水は、簡単に作れて、安いと聞けば、一度試してみたくはなりませんか。

ミョウバンはスーパーやドラックストアの塩や乾物のコーナーで手に入れることができます。元々は料理の添加物として、煮崩れ防止、発色効果、あく抜きの目的で使われていました。ところが、ここ数年、TVやマスコミで優れた体臭防止グッズとして、ミョウバン水は取り上げられています。

売り場では「焼きミョウバン」または「ミョウバン末」と書かれていることもありますが、どちらもミョウバン水の素です。1kg単位で売っていることもありますが、最初は30~50g位がおすすめです。

そこで今回は、ミョウバン水の正しい作り方と使い方について、お伝えします。



 

話題のミョウバン水を試したい!
正しい作り方とその使い方

 

ミョウバン水の材料


まずはミョウバン水に必要な材料からお伝えします。

ミョウバン15g(小さじ3):市販されているミョウバンは焼きミョウバンもほぼ同じものです。

水道水500m:水道水に含まれる塩素は、ミョウバン水の防腐剤としても効果を発揮します。ミネラルウォーターには、殺菌効果がないので、あまりお勧めしません。

ペットボトルまたは蓋のできる保存瓶:良く洗い、乾燥したものを使いましょう。ミョウバンの溶け具合が確認できるように、透明なものが良いです。

スプレー容器:ミョウバンの原液を希釈して使うので、メモリ付きのものがおすすめです。

 

ミョウバン水の作り方


続いて、ミョウバン水の作り方です。

①ペットボトルまたは瓶に水道水を500ml入れます。
②水道水に小さじ3のミョウバンを入れます。早くミョウバンを溶かしたい時にお湯を使いましょう。この時、ミョウバン水が白く濁ることもあるのですが、一晩たつと透明なミョウバン水ができるので安心してください。
③蓋をして、軽く振ります。ミョウバンは溶けるのに時間がかかるので振った後でも結晶が残ります。
④一晩から2日程度、直射日光があたらないところで保管しましょう。
⑤ペットボトルまたは瓶の中に結晶がなくなったら原液の完成です。

もっとたくさん原液を作りたい時は、水1000mlに対してミョウバン30gの割合で原液が作れます。

 

ミョウバン水の使い方


①制汗剤としてスプレーする。

10倍にうすめたミョウバン水を使います。より殺菌効果を高めたい時は、ラベンダーやペパーミント、レモングラスのエッセンシャルオイルを一滴混ぜて使うことができます。

入浴後、気になる部分にたっぷりスプレーした後、タオルで水分を拭き取り乾燥させると、体臭効果、制汗効果をより実感できます。

②衣類の消臭剤として使う。

洗濯のすすぎの時に、原液400mlを入れます。

③入浴剤として使う。

浴槽に原液50ml入れます。ミョウバン水は、アトピーや敏感肌の人には入浴剤としての使い方がおすすめです。皮膚の雑菌の繁殖を防ぐだけでなく。制汗効果で痒みの原因の汗を防いでくれます。

残り湯は、手桶、洗面器をつけて一晩おくと、汚れが落ち、除菌もできます。着け置き後は水で流し、水分を拭くとよりきれいに仕上がります。

④掃除に使う。

原液を2倍に薄めたもので濡らした雑巾で拭き掃除に使えます。スプレー容器のものを散布して拭き取ってもよいのですが、乾燥したときに白く粉が浮き上がることがあります。そんな時は堅く絞った雑巾で仕上げ拭きをしましょう。

ミョウバン水は加齢臭、体臭の消臭効果もありますが、ペットの排せつ物の臭いにも高い効果があります。ペットのトイレのゴミの防臭に、トイレトレーニングや散歩のお供に使うと良いでしょう。

 

ミョウバン水の保存と使用期限


ミョウバン水の原液の使用期限は約1か月になります。原液は直射日光を避け、常温で保管しましょう。希釈してスプレー容器に入れ替えた時は、7~10日で使い切るようにしましょう

 

いかがでしたか。ミョウバン水の正しい作り方と使い方はかなり簡単で、便利に使えるものですね。

かつて、話題になっていた重曹やクエン酸よりも皮膚に優しく、家計にも優しいものと言えるでしょう。小さいサイズのミョウバンは100円から手に入れることができます。容器を100均でそろえても500円以下で始められます。知れば、知るほどミョウバン水の魅力を実感したくなってきませんか。

最後に、ミョウバンに含まれるアルミニウムは、アルツハイマー病、骨粗しょう症の原因になるので人体に有害だという話がありました。ですが、アルミニウムの成分は経皮吸収しません。今回お伝えしたミョウバン水は、希釈して使っているので、たくさん使っても害になることはありません。安心して、いろいろな場面でたくさん使用して下さいね。

まとめ

ミョウバン水の正しい作り方と使い方

・ミョウバン水の材料はミョウバンと水道水
・ミョウバン水のはスプレー以外に入浴剤、掃除にも使えます
・ミョウバン水は常温保存で使用期限は一か月