案外簡単な内臓脂肪の落とし方・7つの生活改善術

案外簡単な内臓脂肪の落とし方・7つの生活改善術

「つきやすく、落としやすい」といわれる内臓脂肪。

内臓脂肪を減らすには、まず運動不足と過食(エネルギーのとり過ぎ)を改善することが最重要と言われていますが、落とすのが大変な分、食事制限や激しい運動をたくさんしないといけないというイメージを持っている方も多いはず。

ですが、激しい運動や厳しい食事制限をしなくても、毎日の生活の中でちょっとしたことに気をつけたり少し頑張ってみる日々の小さな積み重ねで効率よく脂肪を落とすことができます。

今回はその中から7つの生活習慣改善法をご紹介します。



 

案外簡単な内臓脂肪の落とし方
7つの生活改善術

 

その1: 朝食の見直し

朝食はパン派ですか? ご飯派ですか?

パン派の方は、ご飯中心の和朝食に変えてみてください。「お米」はパンに比べてゆっくりと消化吸収されるという特長を持っているため、血糖値をゆるやかに、長時間上昇させてくれます。可能ならば、「朝9時までにご飯を食べる」というのが理想です。

さらに、「朝食を食べない」という方も多くいらっしゃると思いますがそれは内臓脂肪を溜め込んでしまう大きな原因に。朝食を抜くと寝ている間に飢餓状態になった体が昼食まで飢餓状態に陥ります。

その結果摂取するエネルギーを押さえたつもりが脂肪をため込むことになってしまいます。また空腹のあまり昼食はドカ食いになり、余分なエネルギーが体内に蓄積されてしまい、良いことなしなのです。

朝食はしっかりと食べること!これが健康な体への第一歩になります。

 

その2: 野菜を先に食べる

お腹がすいているとついつい好きなものや脂物から食べてしまいがちですよね。ですがここで野菜を先に食べることを心がけることが大切です。

これは野菜の中の食物繊維が「よく?まないと食べにくい」ものであると同時に、腸の中で糖分や脂肪分の吸収を抑えてくれたり、排出を手伝ったりしてくれたりします。

よく噛んで食べることによって食べすぎを防ぎ、血糖値の急上昇を防いでくれます。

 

その3: 夜食を避けて間食的にでも夕食を。

寝る前に食べると消化が悪く、胃もたれしやすくなります。必然的に朝は食欲がわかず、朝食を抜いてしまいがち。そしてようやく食欲がわいてきた頃にまた食べ過ぎて胃もたれしてしまうという 「負のスパイラル」が起こります。

そもそも深夜はカロリーの消費も、食べたものの消化もしずらい時間帯です。19時前後に少量でも食べておけば空腹感が収まり、深夜の食べ過ぎを防ぐことができます。

どうしても夜中食べたい場合は ラーメンやスナック等の脂質の高いものよりもヘルシーな野菜メインのサラダ等を選ぶのがベターです。

 

その4: 深酒をしない

内臓脂肪とお酒には密接な関係があります。お酒を飲む人は内臓脂肪が溜まりやすいという定説がありますが、これはお酒が体内に入ることで、アルコール分を分解するために肝臓がフル稼働するようになり、その間は他の飲食物の代謝は行われません。お酒と一緒に食べている物も、内臓脂肪になりやすいということです。

また、米や麦などの穀類から出来ているお酒は糖質を含んでいるので脂肪になりやすいという面もあります。

ただし、お酒が全くダメということではありません。目安としては男性で一日ビール中ビン1本、女性でビール小瓶1本が目安になります。
飲み過ぎ防止の簡単な方法は水割りやお湯割。アルコール分を薄めて飲めば飲み過ぎ防止になります。

 

その5: 休肝日を作る

理想は週に2日以上の休肝日。お酒を飲むと、肝臓には中性脂肪が蓄積され、胃や腸等の消化管の粘膜も荒れてきます。2~3日飲んで1日休む、という習慣をつくることで肝臓を休ませ荒れた消化器官の修復をすることができます。

 

その6: 体をこまめに動かす

いつも駅ではエスカレーターを使うけど、階段を使う。デスクワークが多い場合にはたまに立ち上がって体を伸ばしたり少し歩き回る、歯ブラシをしている時に爪先立ちを繰り返す等、「日常ながら運動」は、だれにでも手軽にできて肥満の解消に効果的。

通勤や仕事、家事などをしながらこまめに運動することで、有酸素運動や筋トレ、ストレッチの効果があります。 いつもの動きにちょっとだけ足すを心がけてみてください。

 

その7: 禁煙をする

煙草をやめると太る、吸っているほうが痩せる と思っていらっしゃる方、多いと思いますが、それは単純に口寂しさや味覚の改善によって食欲が増進する、いわゆる食べすぎの状態に陥るだけです。この際につくのは皮下脂肪。

タバコを吸うことで、脂肪細胞から分泌される生理活性物質に変化をもたらします。健康診断受診者を追跡調査した統計結果では喫煙本数が増えれば増えるほど、内臓脂肪の量が増える傾向にあったそうです。

喫煙には 動脈硬化の加速、高血糖の原因、内臓脂肪が蓄積等たくさんの成人病の原因があり、メタボの対策は、「禁煙」なしには語ることはできない! と言われています。

 

さてここまで7つの生活改善で内臓脂肪を減らす方法をご紹介しました。
いかがでしたか?

禁煙は厳しい… お酒の量の調節は難しいと思っている方でも小さなことからコツコツと。自分に可能で続けられそうな生活習慣改善法を1つからでも、日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

案外簡単な内臓脂肪の落とし方・7つの生活改善術

その1: 朝食の見直し
その2: 野菜を先に食べる
その3: 夜食を避けて間食的にでも夕食を。
その4: 深酒をしない
その5: 休肝日を作る
その6: 体をこまめに動かす
その7: 禁煙をする