猫背を治す正しい方法☆失敗しないための3つの基礎知識

猫背を治す正しい方法☆失敗しないための3つの基礎知識

人付き合いというのは、ちょっとしたことで印象を左右されてしまうものです。特に大切なのが、姿勢です。自分では気付かなくても、姿勢ひとつで人はかなり心象を変えるものなのです。なかでも気付いたらすぐに直しておきたいのが、猫背です。

猫背はどうしても初対面の印象を悪くしてしまいますので、プライベートな付き合いだけではなく、仕事面でも支障が出てきてしまいます。ところが、いざ治そうと思っても、なかなか治せないのが習慣なのです。なかには、一度治しても、すぐ元に戻ってしまう人もいます。

姿勢というのは、普段意識していないだけに、矯正するのは難しいのですね。ということで今回は、猫背を治すために知っておきたい基本的な知識についてお伝えします!



 

猫背を治す正しい方法☆
失敗しないための3つの基礎知識

 

日本人には猫背が増えている?!増加の背景は?


猫背を治すには、猫背の原因や現状を知っておくことが肝心です。猫背というのは、猫の背のように、背中が丸く湾曲している状態、またはそんな状態になっている人のことをいいます。猫背の人は、前や横からみると前かがみになっているように見えるため、実際にはそうでなくても、陰気な印象を与えてしまいがちです。

また、近視になりやすくなったり、身長が伸びにくくなったりといった弊害もありますので、子供のうちから矯正グッズなどを用いて猫背を治すための試みも見られます。ところが、そうした試みにもかかわらず、日本では近年猫背が増えているといわれているのです。

猫背増加の背景にあるのはテレビ、漫画、ゲーム、スマホといった若者文化の蔓延です。これらの遊び文化は、いずれも子供の頃から習慣化し、前かがみの姿勢で長時間続けることが特徴です。近年の猫背の傾向として、特に10代、20代の若年層に増えているといわれますが、猫背の増加にシンクロして、子供や若者の運動離れ、近視の増加も目だっています。

つまり、若い頃から身体を使って屋外で遊ぶことなく、テレビや漫画、スマホといった前かがみの姿勢で凝視する遊びに耽ってきた子供たちがそのまま大人になったことが、日本で猫背が増加している背景にあると考えられるのです。

 

猫背の原因は筋力不足?


猫背を治すにあたって知っておかなければならないのは、現代の日本人の猫背の原因の根本には、筋力不足があるということです。これは、子供の頃に身体を鍛えてこなかったことが大きく関わっています。

日本で漫画やゲームといったサブカルチャーが普及したのは1970年代から1980年代にかけてです。この時代に子供時代を送った世代から、猫背の大人が増えてきています。こうした大人たちは筋肉が発達していないため、姿勢を保つことが困難になっているのです。したがって、ストレッチなどで一時的に猫背を治すことができても、しばらくするとすぐ元に戻ってしまいます

猫背の矯正を困難にしているもうひとつの原因は、パソコンです。現代の社会生活はパソコンとは切っても切れない関係にありますが、パソコンを打つときはどうしても前かがみになってしまううえ、長時間作業すると、キーを打つ上半身がこわばってきます。上半身がこわばってくると、身体の前半身の筋肉が萎縮して、肩の関節が前方に湾曲してきてしまいます。筋肉が固まったまま猫背を形成してしまっている状態です。

この種のパソコン猫背も近年増えているのです。前かがみ作業による上半身のこわばりは、本来なら大胸筋の作動によって解消されるのですが、現代人は大胸筋が発達していません。胸の大筋肉である大胸筋は上半身を良く動かすことによって発達しますが、現代の生活ではこれを使う機会が少ないからです。大きな筋力を使う機会のない現代生活も猫背の遠因といえるのですね。

 

猫背を治すには運動と生活改善!


猫背増加の背景をうけて、猫背矯正ベルトなど、猫背を治すためのグッズが売られたり、健康系のサイトでは猫背を治すストレッチや筋トレが紹介されていたりします。勿論、こうした試みも、真剣に取り組めば効果が挙げられますが、大切なのは基本的な生活習慣を改善することです。

猫背の原因は筋力不足、運動不足にありますので、根本的に猫背を治すには、筋力と体力を補うことが必要なのです。間違わないでいただきたいのは、よくサイトなどで言われているように、背中など部分的な筋力を鍛えれば良いということではなく、姿勢を保つために必要な身体全体の筋力アップが必要だということです。

猫背を治すためにより大切なのは、猫背を導いている生活環境を改めることです。特に大切なのが、パソコン、テレビ、漫画、ゲーム、スマホに時間をとられすぎないこと。テレビや漫画、ゲーム、スマホは時間を限って利用するようにします。

パソコンを制限するのは職種によっては難しいかもしれませんが、仕事で長時間パソコンに従事する人は、プライベートでの使用では時間を制限するようにしましょう。また、使用するときは必ず休憩時間を挟み、その時間に背筋や大胸筋を動かす運動を取り入れると効果的です。猫背は一朝一夕でなったものではないので、コツコツと生活環境を整えることが大切です。

 

日本では猫背が増えているといわれていますが、背景にあるのはテレビ、漫画、ゲーム、スマホといった前かがみの姿勢で続ける遊びの普及です。こうした遊びで育った子供たちは大人になっても姿勢を保つことができなくなっています。

さらに、そうした遊びに耽った子供時代を送った大人たちは筋力が充分に発達しないまま成長してしまっているため、猫背を根本的に治すことが難しくなっています。そのため、根本的に猫背を治すには、広範囲の筋肉を鍛え、正しい姿勢を保つ筋力をつけることが必要になります。さらに、猫背の元凶である前かがみの姿勢を出来るだけ生活から排除することも重要です。パソコン、スマホは使用時間を制限する、使用するときは必ず休憩を挟むなどの工夫を生活の中に取り入れるようにしましょう!

 

まとめ


猫背を治すためには、

・日本で猫背が増えている原因
・猫背と筋力の関係
・猫背を治すために必要な運動と生活改善

を知っておきましょう!