気になる猫背を治すには?効果が見える5つのストレッチ

気になる猫背を治すには?効果が見える5つのストレッチ
「猫背」というのは姿勢が悪く、見た目の印象も良くないので、治す方法があれば知りたい人もいることでしょう。猫背が原因で、肩こりや疲れやすくなるなど、体の不調に繋がってしまうこともありますよね。

そもそも、なぜ猫背になってしまうのかというと、そこには普段の姿勢が大きく関係しています。その姿勢とは、肩が前に出て背中が丸くなる形。まさに、パソコンを使用している時の姿勢なので、デスクワークをしている人は、猫背になりやすいのです。

なので、猫背を予防するには、原因となる姿勢を長時間取らないように意識していけばよいと言えます。すでに、猫背になってしまっていても効果的なストレッチがありますので、猫背を治すことは可能です。

そこで今回は、気になる猫背を治すのに効果的な5つのストレッチをお伝えします。



 

気になる猫背を治すには?
効果が見える5つのストレッチ

 

胸の筋肉をストレッチでほぐす


猫背を治すには、胸を開くようにストレッチをすると、猫背の原因である肩が前に出ることを防げます。よく「胸を張って」と言われますが、これは猫背にならないために大事なことだったのです。

そこで、気になるストレッチの方法です。

・両手を背中で組み、伸ばしていきます。このとき胸を張るようにして下さい。
・肩の力を抜き、肩甲骨を動かします。
・ゆっくりと呼吸しながら20~30秒をかけて2セットを行います。

体が痛くならないように、無理のない範囲で行うようにして下さい。

 

首の筋肉をストレッチし痛みを防ぐ


猫背になってしまうと、頭が前に出てしまうので、首の筋肉に長時間負荷がかかってしまいます。そこで、首の筋肉をストレッチして、長時間の負荷から解放してあげて、猫背を治すようにしましょう。

首のストレッチの方法をお伝えしていきますが、首には多種多様の神経がある、デリケートな箇所ですので、慎重に行うようにしましょう

・首を右に倒します。
・右手を左のこめかみに置いて、頭を倒すのを軽く助けるように引っ張ります。
・首の筋肉が気持ちよいと感じるくらいの強さで、20~30秒かけて行った後、反対側も同じように行います。

ストレッチが終わった後は、筋肉がほぐれて気持ち良くなりますので、効果を肌で感じられます。

 

肩甲骨をストレッチして動かそう


猫背は、肩が前に出ている姿勢が長く続いてしまいますので、どうしても肩が凝ってしまいます。そんな時は、肩甲骨をストレッチして凝りをほぐしてあげましょう。また、このストレッチを続けていけば、猫背を治すことにもつながります。

肩甲骨は普段の生活の中で動かすことはめったにないので、初めのうちは少しでも違和感を覚えたらやめるようにして下さい。また、普段動かすところではないからこそ、ストレッチをする時は、「動かすぞ」と強く意識して行うようにしましょう。

では、ストレッチの方法をお伝えします。

・両手を上に上げます。
・手の平を外側に向け、肘を曲げながら手を下します。(この時、胸を張りながら肘を軽く体の後ろに引いて下さい)
・15~20回を呼吸を整えながら行うようにしましょう。

ストレッチを行えば、背中が熱くなってきますが、それこそストレッチの効果が現れている証拠です。

 

お腹をストレッチして背中の筋肉をほぐそう


背中が猫背によって丸くなると、筋肉が凝ってしまいますが、お腹のストレッチはその凝りを和らげるのに有効です。背中をほぐすことよって、上半身を起こしやすくするのです。

お腹をストレッチする時は、肩の力を抜いて目線は天井を向くようにするのがポイントです。では、お腹のストレッチを行う方法を説明します。

・うつ伏せになります。
・胸の横に手をついて、上半身を起こします。(この時、おへその下ぐらいまでを床から離すように行いましょう)
・ストレッチは20~30秒かけて2セットをやるようにしましょう。

お腹がストレッチされていると実感出来てこそ効果が出ます。

 

ももの裏・おしりのストレッチで固まった筋肉をほぐそう


当たり前ですが、猫背は立っているより座っている時になってしまうものです。そして、猫背になってしまう人のほとんどは、長時間座り続けていることが多いです。そのことによって、ももの裏やおしりの筋肉が固まりますので、それをほぐすストレッチです。

ももの裏やおしりの筋肉は、疲れたなとか、張りがあるなというのを感じにくい部分なので、自覚症状がなくても、ぜひ定期的に伸ばしてあげるようにしましょう。ストレッチのやり方は下記のようになります。

・仰向けになります。
・右足の裏(難しい場合は膝でOK)を抱えて20~30秒引っ張って下さい。
・引っ張った後、かかとが内側にくるようにし、膝とかかとを持ちます。
・かかとを持っている手を胸に近づけるようにして引き上げ、20~30秒保ちます
・同じことを左足でも行います。

普段は症状を感じなくても、ストレッチをしてみると、意外と張っていることが分かります。なるべく長時間座るのは避け、動くように心がけましょう。

 

いかがでしたか。猫背を治すストレッチ法をお伝えしましたが、治すだけでなく予防にもなりますので、猫背ではない人にもおすすめ出来ます。しかし、猫背を治すのには色んなところをストレッチしなければならないことには驚きですよね。

猫背は背中だけではなく、色んな部位が絡む複合的な要因で起きています。なので、どれか一つのストレッチをするのではなく、全てのストレッチを行わないと猫背を治すことにはなりません。全てをやるのは、面倒くさいと感じるかもしれませんが、猫背を治すため、ぜひ実践していきましょう。

これで姿勢もよくなっていくので、猫背とはおさらばできます。ただし、猫背は普段の姿勢が大きく関わっていますので、普段から姿勢正しく生活していくことを意識しておきましょう。

まとめ

猫背を治すためのストレッチは

・胸をストレッチして肩が前にでるのを防ごう
・首をストレッチして負荷を和らげよう
・肩甲骨をストレッチして凝りをほぐそう
・お腹をストレッチして背中の筋肉をほぐそう
・ももの裏やおしりをストレッチして固まった筋肉を解こう