恐ろしいくらいにニキビを悪化させる極悪洗顔料

恐ろしいくらいにニキビを悪化させる極悪洗顔料

ひとたびニキビができてしまうと、気分は憂鬱になり、人に会うことが怖くなるという人もいます。また、症状が悪化し化膿してしまうと、ニキビ跡が残ったり肌がクレーターのようになってしまう場合もあるため、できるだけニキビは早いうちにケアすることが大切です。

しかし、懸命に治そうとするもののなかなか治らなかったり、かえって症状が悪化することがあるため、その方法には注意が必要です。正しい知識を身につけなければ、やればやるほど酷くなるということだってあり得るのです。

特にニキビケアの基本は洗浄と保湿ですが、使うケア用品の選択を間違ってしまうと取り返しのつかないことになりかねません。そこで今回は、恐ろしいくらいにニキビを悪化させる極悪洗顔料について見ていきましょう。



 

恐ろしいくらいに
ニキビを悪化させる極悪洗顔料

 

合成界面活性剤は肌バリアを壊す


洗顔といえば豊かな泡立ちをイメージされると思いますが、一般の洗顔料に多く含まれているのが石油系の合成界面活性剤です。

合成界面活性剤には泡立ちを良くしたり、化粧品に含まれる化学物質を皮膚に浸透させる働きがある一方で、台所洗剤や洗濯洗剤にも含まれるように強力な洗浄力を持っています。そのため、皮膚に必要な脂分までごっそり取り除き、肌を乾燥させてしまう恐れがあるのです。

さらには、皮膚のバリア機能を壊す成分でもあるため、ニキビケアにとっては大敵の成分なのです。ニキビ肌に悩んでいるなら、合成界面活性剤が含まれる洗顔料は避けるようにしましょう。

 

防腐剤・合成保存料はニキビの誘発原因


洗顔料のパッケージにパラペンやフェノキシエタノールといった防腐剤が含まれているのを見たことがある人も多いでしょう。これらの防腐剤は強い殺菌能力を持っており、化粧品の腐敗を防いでくれる効果があります。

もし防腐剤が入っていなければ、化粧品は開封後すぐに腐りやすくなってしまうというメリットもあります。一方で、パラペンは国の旧表示指定成分の中に記載されている成分でもあります。

肌荒れやニキビなどを誘発原因となったりアレルギーを引き起こす可能性があるのもまた事実です。特に敏感になっているニキビ肌の際には、使用を避ける方が良いでしょう。しかしその場合は、防腐効果がなくなる為なるべく早く使い切ることにしましょう。

 

香料・着色料・アルコールは避けるのが賢明


化粧品を使うときに良い香りがすると、リラックスできて良いこともあります。しかしこの香料はほぼ石油から合成されたもので、化学物質であることをご存知でしょうか。

合成香料はアレルギーを誘発したり、ホルモンバランスの以上を引き起こす可能性があるため、ニキビ悪化の原因となることもあります。また、着色料に至っては合成着色料による毒性に気を付けなければなりません。

そしてアルコールについてはエタノールと表記されることがほとんどですが、肌や毛穴を引き締める効果があるため様々な化粧品に使われています。

しかしエタノールが蒸発する際に水分を失ってしまったり、肌に刺激となるおそれもあるため、ニキビができている際には、エタノール配合のものを避けましょう。

 

サリチル酸はニキビ多発の恐れあり


サリチル酸とは多くのニキビケアコスメに配合されている成分で、角質を溶かす働きを持っています。また、アクネ菌の繁殖を防止する効果もあるため、発生したニキビのケアに役立ちます。

しかし、ケミカルピーリングに用いられることからもわかるように、非常に強力な力で角質を除去するため、使用後の肌は一時的にバリア機能が弱まってしまいます。

バリア機能が弱まった肌は保湿機能を失い、かえってニキビの大量発生を引き起こす可能性があります。さらには乾燥から引き起こす様々な肌トラブルの原因となるため、悪循環に陥ってしまいます。医療機関で用いられる場合を除いては、使用を控えるようにしましょう。

 

イソプロピルメチルフェノールはニキビを引き起こす


イソプロピルメチルフェノールとは、殺菌作用のある成分です。アクネ菌を抑えられるうえに抗真菌作用がある為、手ごわい背中ニキビにも効果が期待されています。防腐効果があるものの、こちらも国の表示指定成分の1つです。

強い殺菌作用からアレルギーを引き起こしたり、配合を誤ると湿疹やニキビが出るようになるという怖い成分でもあります。一時的な効果はあるとみられるものの、予防ケアとしての効果は認められないため継続して使用するのは避けましょう。

 

スクラブ入り洗顔料は肌を傷つける


汚れをしっかりと落としたいからといって、スクラブ入りの洗顔料を選んではいけません。スクラブは思いの外毛穴の奥まで汚れを取ることができません。さらに必要以上に刺激を与え肌を傷つける恐れがあるため、ニキビの症状を悪化させてしまいます。

特にニキビが膿んでいるときなどは治りを遅くし、ニキビの再発を招く恐れもあります。ゴシゴシと洗う洗顔がニキビ肌に良くないのと同様、刺激の強いスクラブ入り洗顔料は使用しないように気を付けましょう。

 

ニキビ肌用洗顔料は逆効果


ニキビ肌用の洗顔料には、「毛穴の奥までスッキリ」「皮脂が気になる方に」といったキャッチコピーが書かれているため、一見よさそうに見えます。

しかし、汚れを落とすということに重点を置いている商品がほとんどであるため、洗浄力が強力で、肌に本来必要な皮脂まで取り除いてしまいます。皮脂を失った肌は元に戻そうとするため、ますます皮脂を過剰に分泌し、ますますオイリー肌となります。

しかし、肌の奥は乾燥したままなので刺激に弱くなってしまい、ニキビが再発しやすい状態を招いてしまうのです。キャッチコピーに惑わされず、洗浄力のマイルドな洗顔料を選ぶようにしましょう。

 

いかがでしょうか。

テレビCMをしていたり有名ブランドの洗顔料だからといって、必ずしもニキビ肌に良いものとは限らないということがお分かりいただけたと思います。

ニキビ対策にはまず洗顔からといいますが、単に汚れを落とすという点だけを見ていると、思わぬ落とし穴にはまってしまいます。

また、普段の健康な肌の時に使っていても何ともなかったものが、ニキビができているようなデリケートな状態で使用することで、ますますニキビの症状を悪化させてしまうということもあります。

ニキビ跡や色素沈着を起こさないためにも、正しく洗顔料を選ぶ力をつけることが重要なのです。洗顔料を選ぶ際には、デザインやキャッチコピーだけを見るのではなく、成分表示までしっかりと確認をして、肌に優しいものを選ぶようにしていきましょう!

 

まとめ

恐ろしいくらいにニキビを悪化させる極悪洗顔料

・ 合成界面活性剤は肌バリアを壊す
・ 防腐剤・合成保存料はニキビの誘発原因
・ 香料・着色料・アルコールは避けるのが賢明
・ サリチル酸はニキビ多発の恐れあり
・ イソプロピルメチルフェノールはニキビを引き起こす
・ スクラブ入り洗顔料は肌を傷つける
・ ニキビ肌用洗顔料は逆効果