醜いニキビ跡を上手に隠して、今より綺麗になる5つのステップ

醜いニキビ跡を上手に隠して、今より綺麗になる5つのステップ

頑固でしつこいニキビにようやくお別れが出来て、幸せいっぱいの清々しい気分で、よーし、これから!!と思って鏡をふと見たら、醜いニキビ跡があちらにもこちらにも・・・。

ニキビ跡ってどうしてこんなに綺麗にならないんでしょうね。美白美容液を使ってみたり、ビタミン誘導体入りの美容液を使ってみたり。または、美容クリニックに行って、高いピーリングをしてみたりと、ニキビ跡を消す為に大金を注入している方もいらっしゃると思います。

ですが、やはり一度深く傷ついてしまった皮下組織が治るには、相当な時間を要します。そんなニキビ跡とは長く付き合って行く覚悟が必要です。

こう聞くと、やる気を無くしてしまうかもしれませんが、諦めてはいけません。せっかくあんなにしつこかった頑固なニキビを治したのですから、
ここまで来たら、ニキビ跡も綺麗に治るまで頑張りましょう!

あの禍々しいニキビを倒したあなたなら出来るはずです。とりあえず今は醜いニキビ跡を上手く隠しながら治して、ツルツルのたまご肌を取り戻し、すっぴん美人になりましょう!



 

醜いニキビ跡を上手に隠して、
今より綺麗になる5つのステップ

 

その1: コンシーラーでピンポイントで隠す

ニキビ跡を隠したいあまりに、カバー力のあるリキッドファンデーションで、クレーターもろとも消し去ってしまえばいい!と思ってしまうかもしれませんが、ちょっとお待ち下さい。

確かに、隠せるかもしれません。ですが、厚塗りをすることになり、ただでさえ敏感なお肌に刺激を与えることになり、ニキビ跡を隠すどころか、新しいニキビを作ってしまう原因になってしまうことがあります。

ニキビ、ニキビ跡のケアはとにかくお肌に刺激を与えないことです。ですので、リキッドファンデーションよりもお肌に優しいパウダーファンデーションがおすすめです。

それではニキビ跡はどうするの?そこでコンシーラーの出番です。極力余計な部分には塗らないように、気になるニキビ跡のを丁寧に一つずつピンポイントで隠して、それからパウダーファンデーションを上に優しく乗せれば大丈夫です!

こうすることでお肌への刺激を最小限にでき、ニキビ跡も隠しつつ、新たなニキビ発生も防ぐ事が出来ます。

 

その2: 保湿をしっかりしましょう

方法その1ではニキビ跡を隠す方法をお伝えしましたが、当然隠すだけでは、いつまでたってもたまごのように白いツルツルのお肌を取り戻すことは出来ません。では、どうしたら良いのでしょうか?

まず一つ目は「保湿」です。ニキビと言えば、油分が多くて出来ると思われがちですが、実は乾燥こそが大敵なのです。乾燥肌なのにニキビが出来てしまうと聞いたことはありませんか?

ニキビの元々の大きな原因の一つは肌の水分不足からきているのです。特に大人ニキビの原因は乾燥が原因です。そうなれば、とにかく肌を保湿してあげることが肝心です。

まずは、洗顔をしすぎないように気をつけてください。顔を洗いすぎることによって、本来必要でな皮脂や常在菌まで落としてしまいます。

そして、洗顔後にフタをする保湿剤ですが、アルコールが含まれていない化粧水や美容液を選ぶようにしてください。アルコールが含まれていると、アルコールの脱水作用と脱脂作用によって、お肌を余計乾燥させてしまうことになります。

ですので、天然成分のもの、例えばホホバオイル、椿オイルを使ったケア用品を使うのがベストです。これらは天然成分のため、肌への刺激や負担が少なく、かつ、保湿も十分出来る優れものなのです。

 

その3: ビタミンC

さて、保湿もしっかりするようにしたら、次は他に何をすべきなのかと気になりますよね。次は、お肌の新陳代謝を上げて、皮膚のターンオーバーを早めましょう。

ビタミンCって肌にどういいのか分からないけどなんとなくサプリメントで摂っている方は多いのではないでしょうか。

実はビタミンCはニキビ跡の色素沈着を防ぐだけではなく、次に入れ替わる健康なお肌を再生するのに必要なコラーゲン生成を促進する作用があるのです。

しかしこのビタミンC、早くお肌を綺麗にしたいからと大量に摂取してもいけません。ビタミンCは水溶性なので、一日の必要量を超えたら過剰分はすぐに身体の外へ排出されてしまうので、ちゃんと一日の摂取量を守りましょう。

 

その4: コラーゲンよりアミノ酸

次にアミノ酸を摂るようにしてください。コラーゲンじゃないの?とお思いになった方も多いかと思いますが、医学的な観点から見ると、コラーゲンを摂取したからと言って、コラーゲンがそのままコラーゲンとして体に吸収されることはありません。

体に取り込まれるにはコラーゲンのままだと分子量が大き過ぎるからです。コラーゲンはタンパク質の一種なので、アミノ酸へと分解され、それから体に取り込まれ、そのアミノ酸を使ってコラーゲンを生成します。

という事は、アミノ酸を摂取する方が一旦コラーゲンを分解するという1ステップ少なく済むのです。コラーゲンを分解するのも肝臓に負担がかかっています。

肝臓に負担がかかると体全体の疲れにもつながるので、1ステップ少なくて済むのなら、断然その方が体には良いのです。なので、コラーゲンを摂るのなら、アミノ酸を摂りましょう!

 

その5: ピーリングを上手く利用して

最後に、ピーリングについてです。ピーリングもニキビ跡を綺麗にする方法の一つです。ピーリングとは肌の古い角質を除去し、肌のターンオーバーを促すというものです。

ピーリングにも色々な方法があって、医療機関で出来るケミカルピーリング、エステ感覚で出来るグリーンピーリングなどなどがあります。最近ではAHAやフルーツ酸を使った商品が多くあり、自宅でも気軽に出来る様々な商品があります。

このピーリングもニキビ跡を綺麗にしていく方法の一つなのですが、ピーリングは要は肌を酸で溶かしているので、やり過ぎるとトラブルを引き起こしてしまいます。

ですが、上手に利用する事で、ニキビ跡を消すのに一役買ってくれますので、自分の肌と相談しながら上手く使って行ってください。

最初は3日に一回程度で十分です。敏感肌の人はもっと間を空けてもいいくらいです。ちなみに、このピーリングは毛穴対策にもなるので、是非、上手く使ってみてくださいね。

 

いかがでしたでしょうか?

どれもお手軽にチャレンジし易いことばかりだと思うので、まずは自分の中で気軽に続けて行けそうなものから始めてみて、慣れて来たらケアを増やしてみてください。

「継続は力なり」で、毎日ちゃんと続けて行く事が肝心です。毎日コツコツと正しいスキンケアをすれば、ニキビ跡は必ず消えていきますよ!

綺麗なお肌を取り戻した自分を想像して、頑張ってください!

 

まとめ

醜いニキビ跡を上手に隠して、今より綺麗になる5つのステップ

その1: コンシーラーでピンポイントで隠す
その2: 保湿をしっかりしましょう
その3: ビタミンC
その4: コラーゲンよりアミノ酸
その5: ピーリングを上手く利用して