ニキビがあごにできちゃった!正しいケアで綺麗に治す方法

ニキビがあごにできちゃった!正しいケアで綺麗に治す方法

ニキビはTゾーンや鼻の周りにできるものと思っているかもしれませんが、実はあごはニキビのできやすい部分です。あごにできるニキビは手で触れたり髪の毛が当たったりして雑菌が付きやすい為、治りにくく繰り返してできやすい場所です。

思春期ニキビとは違って大人ニキビに多いのが特徴です。あごはあまり汗をかく部分ではありませんが、皮脂腺の分布が多く皮脂が詰まりやすい場所です。またあごは乾燥しやすい部分でもあります。あごにできるニキビはホルモンバランスの影響が原因です。女性は性周期によってホルモンバランスが変化し、女性ホルモンの1つの黄体ホルモンは、皮脂の分泌を活発にします。

男性は男性ホルモンの影響で皮脂の分泌量が多くなります。特にあごの周辺はひげが生える為、剃刀などで肌が傷つけられやすく、皮脂腺の分布も多い場所です。その為、あごの周辺は汚れやすく皮脂が詰まりやすく、あごニキビの原因となります。

男女ともにホルモンバランスが乱れる原因としてはストレス、睡眠不足、生活習慣の乱れ、環境の変化などがあります。また間違ったフェイスケアや保湿があごまでしっかり補えていないということも、あごニキビの原因になります。それではニキビがあごにできた場合、正しいケアで綺麗に治す方法を紹介します。



 

ニキビがあごにできちゃった!
正しいケアで綺麗に治す方法

 

クレンジングや洗顔をきちんとしよう


あごのニキビの原因として、クレンジングや洗顔の時にあごまできちんと洗えていないということが考えられます。クレンジングや洗顔の際に、顔の前面はしっかり洗っても、あごやフェイスラインはすすぐのを忘れてしまう場合があります。

そうなると化粧品の成分が残ってしまい、あごのニキビの原因になります。あごやフェイスラインもしっかりと洗顔するように心がけましょう。洗顔後はあごやフェイスラインにも植物由来の保湿成分などが入った化粧水で保湿しましょう。

 

皮脂分泌を抑える食べ物を摂ろう


あごにニキビができた場合は、体の内側から改善していくことも大切です。ニキビが改善する効果のある食べ物を積極的に摂りましょう。あごにニキビができる原因となる皮脂分泌を抑える為にビタミンB群を積極的に摂ることが大事です。

B2を多く含む食品はレバー、イワシ、納豆、豚肉、きのこ類です。新陳代謝を促す働きをするビタミンB6は牛レバー、バナナ、マグロ、大豆、卵などに含まれています。逆に皮脂腺を刺激して皮脂の過剰分泌を引き起こす食品は摂取を控えましょう。控えた方が良い食品は動物性脂肪、糖分、刺激物、血糖値を急激に上昇させる高GI食品です。

 

肌に刺激を与えないようにしよう


あごにできるニキビは手指が触れやすい場所なので、ニキビの発生や悪化の原因になります。無意識のうちにあごのニキビに触ったり、いじってしまう人もいます。手や指に付いている汚れや雑菌が、あごのニキビを悪化させる原因になります。

頬杖をついたり、携帯電話が当たったりして、圧迫してしまうこともあります。肌は刺激を受けると防御反応で角質層が厚くなり、ニキビの発生や悪化を招くので気を付けましょう。

 

副交感神経を高めよう


自律神経のうち交感神経が高まると、抗ストレスホルモンが分泌され、更に男性ホルモンの分泌を促します。その結果、ホルモンバランスの乱れや皮脂の過剰分泌が生じ、あごにニキビができたりします。

ニキビがあごにできた場合、ニキビを改善して心身ともに健康を保つ為には副交感神経の働きを高めましょう。簡単にできる方法としては、息を吐くことに意識して深呼吸をすると副交感神経が活性化します。ウォーキングや入浴も、交感神経が優位に働いている体をほぐす効果があります。40℃のお湯に15分浸かると副交感神経の働きが高まります。

 

女性ホルモンの分泌を整えよう


女性の月経周期は卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が交互に作用することで成り立っています。女性ホルモンのうち、黄体ホルモンが皮脂分泌を増やす作用があり、あごのニキビの原因になることがあります。

食べ物の栄養素には女性ホルモンの分泌を整えるものがあります。代表的なものが大豆イソフラボンでエストロゲンに似た働きをします。エストロゲンは肌を滑らかにして、精神を落ち着かせる作用がある女性ホルモンです。その他、ナッツ類に含まれるビタミンEも女性ホルモンの分泌を整える作用があります。大豆やナッツ類を食べるように心がけるといいでしょう。

 

胃腸を整えよう


胃腸の調子が悪いとあごの周りにニキビができることがあります。胃腸の働きが悪かったり、下痢の状態が続くと正常な消化ができにくくなります。その為、胃の不要物が毒素となって胃腸に残り、体内に回ってしまうことがあります。

体の中から毒素を体外に追い出そうとして、毛穴がダメージを受け、あごにニキビができやすくなるという説もあります。日頃から食べ過ぎや早食いは避け、1日3食バランスの良い食事を摂ることを心がけましょう。また便秘も体内に毒素が溜まったり、胃腸の働きが悪くなります。食生活に気を付けて、軽い運動をして胃腸の調子を整えましょう。

 

睡眠はしっかり取ろう


睡眠不足が続くとホルモンバランスが乱れ、あごのニキビができる原因になります。7時間は睡眠を取るようにしましょう。特に、午後10時から午前2時の夜のゴールデンタイムの間には寝ている状態にすることが大切です。

そうすると女性ホルモンと男性ホルモンがバランスよく分泌されていきます。あごのニキビの為には夜更かしや睡眠不足は避けて、質の良い睡眠を取ることが大事です。

 

いかがでしたでしょうか。

ニキビがあごにできた場合、正しいケアで綺麗に治す方法を挙げてみました。どれもすぐに実行できるものばかりだと思います。あごのニキビは繰り返してできることが多いので、間違ったケアを続けていると長くあごのニキビに悩まさせることになります。正しいケアに切り替えて、あごにニキビができないようにしなくてはなりません。

あごのニキビはホルモンバランスの乱れや食生活を改善することが大事です。また、知らないうちにあごを手で触っていないか、フェイスラインの洗い残しがないかも気を付けましょう。あごも紫外線の影響を受けやすいので、あごにも日焼け止めクリームなどを塗ることを忘れないで下さい。これらの正しいケアを覚えて、あごのニキビを綺麗に治しましょう。

 

まとめ

ニキビがあごにできちゃった!正しいケアで綺麗に治す方法

・クレンジングや洗顔をきちんとしよう
・皮脂分泌を抑える食べ物を摂ろう
・肌に刺激を与えないようにしよう
・副交感神経を高めよう
・女性ホルモンの分泌を整えよう
・胃腸を整えよう
・睡眠はしっかり取ろう