ひどいニキビでも綺麗に治す!跡を残さない5つのケア

ひどいニキビでも綺麗に治す!跡を残さない5つのケア
長年ニキビに悩まされていると、このひどいニキビを治すことはできないかもしれない……と諦めモードに入ってしまいますよね。でも、見る人が目を背けるようなニキビでも、治すことはできるのです。

綺麗にニキビを治すために大切なことは、薬でも高価な化粧品でもなく、徹底したケアと気持ちの問題です。気持ちの問題と言っても、「ニキビなんて気にするな」という単純なものではなく、ストレスを溜めないとか無意識にいじりすぎないようにするなどということ。

では、ケアについてはどうでしょうか。今まさにニキビを治すことを夢見ている皆さんは、きっとすでに徹底したケアをしていることでしょう。でも、そのケア自体が間違いということもあるのです。

そこで今回は、ニキビを治すため、そして跡を残さないために必要なケアについてお伝えします。



 

ひどいニキビでも綺麗に治す!
跡を残さない5つのケア

 

自分の肌質を把握しよう


まず、お手入れの前に自分の肌質をしっかり把握し、適切なケアはどんなものかを知る必要があります。自分の肌に合わないケアを続けていては、ニキビを治すまでの道は遠のいてしまうばかりです。

ニキビには大まかに分けて2種類、思春期ニキビと大人ニキビがあります。思春期ニキビは皮脂の分泌過多により起こるもので、大人ニキビはストレスやホルモンバランスの乱れによってできると言われています。

思春期ニキビは皮脂を取るお手入れがメインになりますが、大人ニキビは乾燥肌によるものが多く、保湿がをすることに重点を置くお手入れになります。

 

洗顔しすぎないようにしよう


思春期ニキビは皮脂の分泌過多が原因とは言え、洗顔を何度も行って皮脂を取り過ぎるのは逆効果です。洗い過ぎにより肌がどんどん皮脂を分泌してしまう上、乾燥まで招いてしまうからです。大人ニキビも同じことで、乾燥肌によって起こっているのに何度も洗えば乾燥が進みますし、お肌の免疫力が低下してニキビの元となる雑菌が繁殖しやすくなってしまいます

このように、洗顔のしすぎ、女性の場合はクレンジングのしすぎによってニキビが治りにくくなっているケースがよくあります。「ニキビ=よく洗顔する」は間違った方法だと認識しましょう。

洗顔料はお肌に合ったものを使い、回数は一日二回、暑くて汗をたくさんかくような季節でも三回程度を限度としましょう。クレンジングもオイルタイプの皮脂を取り過ぎるものではなくミルクやジェルなどの肌への負担が少ないものを使って下さい

 

化粧水で保湿をしっかりしよう


洗顔の後は化粧水で保湿をしますよね。この化粧水はケチらずにたっぷり使うことがニキビを治す近道です。でも、ニキビに良いと噂の高価な化粧水を使っている人の場合、たっぷり使うのは勿体なく感じてしまうのではないでしょうか。

実は高い化粧水を少しだけ使うのは逆効果で、同じ予算なら安いものをジャブジャブと使った方がニキビ、特に乾燥によって起こるニキビの治りを早めます。ドラッグストアにあるような1本数百円程度のものを1週間で1本使い切るくらいの気持ちで大量に使いましょう

化粧水の後のクリームや乳液は使った方が良い人と使わない方が良い人がいます。サンプルなどを試してみて、お肌に合うか確認してから購入するようにしましょう。

 

跡を残したくないなら潰さない方が良い


ぷっくりと膿んで腫れてしまったニキビは潰した方が治りが早いと言われていますが、実はこれは跡を残す可能性もある諸刃の剣です。絶妙な加減で潰すことができれば跡を残さずに治りを早めることができますが、加減を間違えるとお肌の奥の層まで傷付けてしまい、一生残るニキビ跡ができてしまうのです。

そのため、きれいにニキビを治すなら潰さずにゆっくり治した方が安心です。どうしても気になるという場合は皮膚科で処置してもらいましょう。潰した方が良いと判断されれば、跡が残らない方法で潰して、必要な薬も出してくれます。

 

精神的なセルフケアも忘れないようにしよう


ニキビのケアは物理的なものばかりではありません。ストレスを溜めないということもかなり大事なことです。特に、ホルモンバランスの乱れによって発生する大人ニキビは、疲れやストレスを溜めるだけでお肌に影響が出て、一気にいくつも新たなニキビができてしまうことになります。

仕事、人間関係などの悩みはもちろん、ニキビそのものが悩みの種になっている人も多いと思いますが、ニキビについて思い悩み過ぎると悪化させるという悪循環に陥ります。そんな人はニキビを気にせず楽しめる趣味を見つけるとか、ゆっくりお風呂に入ったり音楽を聴いたりなど、リラックスタイムを取れるようにしましょう

 

いかがでしたでしょうか。跡を残さずにニキビを治すために必要なケア方法についてお伝えしました。

本文中でお話ししたようなお肌に合った洗顔と化粧水、そしてストレス解消などは、ニキビを治すために必要だとどこででも言われていることです。画期的なケア方法ではありませんが、誰もが提唱することからわかる通り、ニキビを治す基礎の基礎とも言えるものばかりです。

つまり、地道にこれらを実践すれば、いつかはニキビ肌と笑顔でお別れできる日が来るということ。すぐに効果が出る方法ではありませんが、まずは気長に試してみて下さい。

ただ、単純なお手入れでも根を詰めて行うとストレスニキビの原因になります。前向きな気持ちでリラックスして丁寧なお手入れを続けるようにしましょう。

まとめ

跡を残さずひどいニキビを治すためには

・脂性なのか乾燥肌なのか、自分の肌質を把握しよう
・洗顔は一日二回程度にして洗いすぎないようにしよう
・安い化粧水をケチらず使って保湿をしっかりしよう
・どうしても気になるなら皮膚科で潰してもらおう
・精神的なセルフケアも忘れないようにしよう