ニキビを潰すのはOK?跡が残らないコツ

ニキビを潰すのはOK?跡が残らないコツ
ニキビを潰すと、ニキビ跡が残りそうで心配ですよね。 ニキビは絶対潰してはいけないという声もあれば、ニキビは潰すと早く治るという声もあります。実際のところは、かゆみや痛みが気になることもありますが、何よりも見た目が気になって、ほとんどの人が潰してしまっているのではないでしょうか。

ニキビを潰してしまう時は、ニキビ本体に触れないように、肌をつまむんでニキビの膿を出そうとします。そこには、細菌が入らないようにしている様子がうかがえます。また、直接、爪でニキビを潰す人は見かけません。本能的に、悪化することを恐れているのでしょう。

ニキビは潰す方がいいのか、潰さない方がニキビの跡が残らないのか、明確にしたいですよね。そこで今回は、ニキビの跡が残らないコツについてお伝えします。



 

ニキビを潰すのはOK?
跡が残らないコツ

 

自分でニキビを潰さない方が美肌にはいい


ニキビの話しになると、ニキビを潰す派と潰さない派といった感じで、まさに賛否両論の状態になります。皮膚科の先生たちの見解では、傷が悪化して炎症を起こすということで、ニキビは潰さない方がいいという話しになるのでしょう。

美容家の先生たちの思いからは、肌の美しさを大事にしたいということで、保湿を中心としたスキンケアでニキビを治すことを推奨されます。また、個人的な裏技のような方法を持っている人たちは、ニキビを潰すことも恐れずにやっているのかもしれません。

さまざまな見解がありますが、確率的に、よりニキビの跡が残らないようにするためには、自分ではニキビを潰さない方が良いでしょう。自分でニキビを潰すメリットを挙げるとしたら、皮膚科に行ったり、スキンケアをしたりする面倒が省けるということくらいではないでしょうか。

 

病院によるニキビの治療


自分でニキビを潰すのダメだとした場合、その次には病院での治療を思い浮かべますよね。病院でのニキビの治療には、どのような方法あるのかを確認しておきましょう。ニキビの治療法には、薬による治療法と薬に頼らない治療法があって、さらに、細かくみていくと意外に多いんです。

薬による治療法は、抗生物質による治療、レチノイド製剤による治療、硫黄製剤による治療、漢方製剤による治療、サリチル酸製剤による治療、過酸化ベンゾイル製剤による治療などがありますが、一般の人たちには知られていないものがほとんどです。

薬に頼らない治療法としては、ホルモン治療、ピーリング治療、局所注射、レーザー治療、イオン導入、光治療、点滴治療、面皰圧出が挙げられます。ニキビを潰すということでは、面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)です。

面皰圧出は、簡単に言うと、ニキビの表面に小さな穴を開けて、そこから皮脂や膿を取り除くという方法になります。専門医が医療器具を使って正しい方法で潰しているので、跡が残るといったリスクはありません。それでも、炎症を起こしているニキビには向いていないとされています。

 

ニキビ跡ができてしまった場合


ニキビ跡ができてしまった場合でも、病院での治療方法があります。先ほどの薬に頼らない治療法の中でも、ホルモン治療、ピーリング治療、局所注射、レーザー治療、イオン導入、光治療、点滴治療などが施されることになります。

たとえば、凹凸のニキビ跡になってしまった時は、レーザー治療やヒアルロン酸の注入、ケミカルピーリングなどの本格的なケアをしてもらってください。

 

肌のターンオーバーを整える


ニキビを病院で治療するというのには、やはり抵抗があるという人も多いでしょう。時間がかかっても、スキンケアでニキビを治していきたいという人は、肌のターンオーバーを整えることがポイントになります。

肌のターンオーバーを整えるには、肌の保湿、日焼け対策、栄養バランスの良い食事、良質な睡眠、体を温める、血行促進のための運動やストレッチなど、トータルケアが必要でしょう。特に、肌の保湿は、浸透力の高い化粧水で徹底的に潤いを保つようにしてください。

 

絆創膏と薬を利用する


病院も嫌!スキンケアも面倒!という人は、男性向けの方法とも言えるかもしれませんが、絆創膏と薬を利用する方法もあります。絆創膏は一般的なタイプのもので大丈夫でしょう。薬は、オロナイン、あるいはペアアクネを使用している人が多いです。

ちゃんと洗顔してから、薬を塗って、その上から絆創膏を貼ってくださいね。慎重な人は、顔以外の目立たないところのニキビで試してみてはいかがでしょうか。

 

以上、ニキビの跡が残らないコツについてお伝えしました。参考までに、ニキビ跡が残りやすい人は、虫刺されの跡が残りやすかったり、日焼けしやすかったりする傾向があります。それは、肌が色素沈着しやすいから

自分でニキビを潰す場合、基底層まで傷つけてしまうと、皮膚が陥没してしまう心配が高いです。コメドプレッシャーという道具も市販されているので、皮膚科で行われる面皰圧出を真似て、自分でニキビを潰す方法はありますが、リスクを承知な人は、やってみてもいいかもしれません。

また、自分の指で潰すくらいなら、道具を使って潰した方が良いとも言えます。ただ、より高い確率で、ニキビの跡が残らないようにしたいのなら、医療によるケアや美容法のスキンケアで治すように努力してください

 

まとめ

ニキビの跡が残らないコツは、

●自分でニキビを潰さない。
●ニキビができた時点で病院の治療を受ける。
●ニキビ跡ができてしまったあとの治療をする。
●肌のターンオーバーを整える。
●絆創膏と薬を利用する。