ニキビ跡は目立つ前に消す!キレイ肌を取り戻す5つの秘訣

ニキビ跡は目立つ前に消す!キレイ肌を取り戻す5つの秘訣
いやなニキビ跡、きれいに消すことができたらこんなによいことはありませんよね。炎症が治まってニキビが消えても、いつまでもポツンと跡が残るのは誰しも気になるものです。それがメイクでもなかなか上手にカバーできない、となると気持ちまでダウンしてしまうことでしょう。

実は、ニキビ跡を目立つ前に消す方法があるのです。身体の内外にわたってのケアとなるため簡単ではありませんが、キレイ肌を取り戻すことができるだけでなく、ニキビができにくい状態に変えることができます。またこれからお話する方法を日々続けていけば心身ともに快調になれるのですから、実践しない手はありません!

そこで今回は、ニキビ跡を消す秘訣を5つの項目に分けて、お伝えいたします。

適切な洗顔とニキビ跡の「状態」に応じた保湿ケア

ニキビはそもそも、毛穴に皮脂や古い角質が詰まることが原因で発生します。ニキビが治っても肌の状態が変わらなければ再発する可能性が高いので、まずは「適切な洗顔」と「洗顔後の保湿ケア」をしっかり行うことを忘れないようにしましょう。

「適切な洗顔」とは以下のようなものです。

① ぬるま湯で、顔を素洗いしてから洗顔フォームを泡立てる。

② 洗顔フォームの泡を肌に乗せ、指が肌に触れないようにしながら、くるくるとマッサージをするように洗う。

③ ぬるま湯で洗顔フォームをしっかり流す。特に生え際や顎付近は念入りに流すこと。

④ 清潔なタオルで、顔をやさしく押さえるように水分を拭う。

なお洗顔フォームを使っての洗顔は「1日に2回」までにとどめます。

次に「洗顔後の保湿ケア」ですが、こちらはニキビ跡の「状態」によって適した美容液や化粧水の種類が変わりますので、それぞれ説明します。

《赤み・赤黒さ・紫色が残っているニキビ跡》

赤みが残るニキビ跡はニキビの炎症が治まっても、赤くぽつんと赤みが残っているニキビ跡で、炎症を起こした後の毛穴周りのうっ血が皮膚に残っている状態です。また赤黒さや紫色が残ったニキビ跡は炎症により皮膚の毛細血管が破裂し、血液が毛穴の周囲ににじみ出た状態で「あざ」と同じことが起こっています。

これらのニキビ跡は皮膚のコラーゲン線維の生成を促す「ビタミンC誘導体」が配合されている化粧水や美容液で、ケアを続けるとニキビ跡を早めに消すことが可能です。ビタミンCには皮脂の分泌及び炎症を抑える働きがあるので、ニキビの再発を防ぐ効果もあります。

《茶色の色素沈着があるニキビ跡》

肌のメラニン色素が外部の刺激から肌を守るために分泌されたことが原因で、ニキビ跡に茶色くシミが残ります。美白成分(ビタミンC誘導体・ハイドロキノンなど)が配合された化粧水や美容液を用いるとニキビ跡を早めに消すことができます。

また肌への刺激が少ないピーリング剤で1週間に1~2回ほどケアをするのも効果的ですが、やりすぎはさらなる肌トラブルにつながりますので、十分注意してください。そしてピーリングの後は必ず保湿ケアをするようにしましょう。

なお、ニキビ跡がクレーター状に陥没していたり、しこりやケロイド状になっている場合は、セルフケアだけでは完全に治ることはありませんので、皮膚科を受診することをおすすめします。

 

紫外線対策を行う

ニキビ跡を消すには、肌のターンオーバーのサイクルを正常化させ、健康な肌を新しく生み出すのをを促すことが最も大切です。

紫外線を多く浴びると肌には「日焼け」のダメージが起こりますが、肌はそれをすぐに治そうとして一時的にターンオーバーを速めます。すると本来なら約28日かけて成熟するはずの細胞が未成熟なまま肌表面に並び出ることになり、ニキビ跡をきれいに消すことができなくなるばかりか、肌のバリア機能が落ちているためにニキビが再発しやすくなる状態を招いてしまいます。

したがって、日頃から肌の紫外線対策をきっちりと行っておく必要があります。また、紫外線は肌を乾燥させる働きもあるため、前項の保湿ケアも怠らずに行いましょう。

 

食生活に注意する

ニキビ跡を消すことを促すたんぱく質やビタミン(A・B群・C・E)、ミネラルを多く含む「積極的に摂りたい食品」を日頃から多く摂るように心がけます。またニキビの再発を防ぐためにも「気をつけたい食品」を覚えておきましょう!

《積極的にとりたい食品》

・たんぱく質(コラーゲンの生成に不可欠)→肉・魚・卵・大豆や大豆製品など

・ビタミンA(肌のターンオーバーを促す)→人参・ホウレンソウなどの緑黄色野菜・うなぎ・レバーなど

・ビタミンB2(ターンオーバーを調整して、皮脂の分泌を抑える)→卵・乳製品・納豆・うなぎ・レバー・海藻類など

・ビタミンB6(新陳代謝を促して、新しい肌を作ることに大きな役割を果たす)→大豆や大豆製品・赤身の魚・レバー・くるみ・落花生など

・ビタミンC(コラーゲンの生成を促すほか、メラニンの生成を抑えたり皮脂の酸化を防ぐ)→緑黄色野菜・果物・芋類・海藻類など

・ビタミンE(高い抗酸化作用を持ち、血液の循環を良くする)→緑黄色野菜・うなぎ・レバー・かつお・アーモンドなど

・ミネラル(ホルモンバランスを整えて、ターンオーバーを促す)→カルシウム:乳製品・小魚など/マグネシウム:昆布など/亜鉛:牡蠣・カシューナッツなど

《気をつけたい食品》

・牛肉・豚肉など脂質の多い肉類(脂質過多)

・天ぷら・フライや油で揚げた麺・スナック菓子(脂質過多)

・生クリームや砂糖をたっぷり使った洋菓子(脂質・糖質過多)

・コーヒーなどカフェインを多く含む飲み物(カフェインがビタミンB群の吸収を阻害する)

・お酒(アルコールが体内で分解される時にビタミンB群を消費する)

 

しっかり睡眠をとる

肌の修復や再生は、睡眠中に分泌される成長ホルモンにより促されます。特に22時から2時の間は成長ホルモンの分泌が最も促される時間帯と言われているるため、できればこの時間帯に睡眠をとれると理想的です。

しかし、この時間帯をまるまる睡眠タイムに当てられる人はあまりいないのが現実でしょう。そこで、毎日なるべく決まった時間に就寝し、決まった時間に起床するようにすれば成長ホルモンが規則正しく分泌されるようになります。必要な睡眠時間には個人差がありますが、最低でも6時間は取りたいものです。

ニキビ跡を消すだけでなく、健康で生き生きした肌には適切な睡眠が欠かせないのです。

 

適度な運動を心がける

適度な運動を行うことは、身体全体の新陳代謝をアップさせて、肌のターンオーバーを正常に戻す効果があります。また、全身の血行が良くなるほかストレスの発散にもなるので、健やかな肌に欠かせないホルモンの分泌のバランスも整います。

スポーツを趣味にしている方以外は運動のための時間をとるのが難しいかもしれませんが、仕事の合間にストレッチをしたり、休憩時間に軽く散歩をするなど、上手くすきま時間を利用するのも良い方法です。

 

このように、ニキビ跡を消すには外側からのケアもとても大切ですが、肌のターンオーバーを促すための内側からのケアが何よりも必要なのです。ニキビは繰り返し同じ場所に発生しやすいものですが、再発が重なるとますますニキビ跡は消えにくいものになってしまいます。仮にニキビ跡がきれいに消えたからと言ってもそこで安心せず、なるべくニキビが再発しないようケアを続けましょう。

また、いくら策を講じてもニキビ跡が消えなかったり、絶えずニキビが再発する場合は、ホルモンバランスの分泌が何らかの原因で崩れている可能性があります。女性の場合、症状が気になるときには皮膚科の他、婦人科にかかることも検討すると良いかもしれません。

肌に良いといわれる食生活や規則正しい生活習慣は、そのまま健全な身体や心を作っていくためのものでもあります。良いことづくめの「ニキビ跡を消すケア」をぜひ続けてくださいね。


連記事