ニキビあとに効果あり!肌トラブルに効果的な5つの解消法

ニキビあとに効果あり!肌トラブルに効果的な5つの解消法

ニキビあとにお悩みのみなさまに向けて、ニキビあとを治すための効果的な方法や手順について、5つほどの内容に分けて解説いたします。今も昔も変わらない肌の典型的なトラブルとしてあげられるものの一つである「ニキビ」。

ニキビそのものもさることながら、ニキビが去った後にできるニキビあとも深刻な悩みのタネ。まるでシミのように色素沈着してしまうその症状は専門用語では「炎症性色素沈着」と呼ばれるれっきとした病状です。

体に不快感がないからといって放っておくと、一層治りにくく目立ちやすい色みのシミになってしまいます。是非、この記事をご覧になり厄介なニキビあとを解消し、キレイで健康的なお肌を保ち続けましょう!



 

ニキビあとに効果あり!
肌トラブルに効果的な5つの解消法

 

ニキビあとの種類を知っておく


ニキビあとには大きく分けて、赤紫のような色になるタイプと茶色っぽい色になるタイプの二つに分類されます。赤紫色のニキビあとは、肌がニキビによる炎症からのダメージを受けて出血を起こしている状態であり、そのため赤紫色のあとが出来てしまうのです。

一方、茶色のニキビあとは、紫外線などを多く浴びることで生まれた余分なメラニン色素が原因で生まれるニキビあとであり、特に体内機能が衰えた年配の方などによく見られます。それぞれで対処法が違うので、今の自分のニキビあとがどちらに分類されるのかはしっかりと抑えておいてください。

 

ニキビあとにターンオーバーを整えて治す


ニキビあとというのは、基本的には体の不調が表面に表れてできる症状のことなので、根本的な改善を望むなら体の調子そのものを整えていくことが必須です。その中でも特に重要なことは、肌細胞の生まれ変わりを意味する「ターンオーバー」と呼ばれる体内現象を活発に起こすことです。

古いニキビあとの肌をどんどん生まれ変わらせてあげることで、つやつやした健康的な肌をいつでも維持できるようにするのです。具体的な方法としては、とにかく日々の生活を規則正しく整えてあげることです。早寝早起きと健康的な食事を徹底し、自分の肌にあった洗顔料とクレンジングで優しく肌をケアしてあげることが重要です。

 

ニキビあとにピーリング(酵素洗顔)を活用する


こちらの方法は、ターンオーバーを整えて治す時よりも若干強引で、少し危ない面もある治療法です。肌の生まれ変わりであるピーリングとは、大体一ヶ月周期で起きているものなのですが、ピーリング剤と呼ばれる薬品を用いることで、この周期を強制的に早めることが出来るのです。具体的に言うと、肌の表面の層である角質をピーリング剤で剥がすことによって、体内のターンオーバーを誘発させる、という方法になります。

この方法は、肌に負担をかけて肌を生まれ変わらせるというスパルタ方式ですので、肌が弱っている人や敏感肌の人にはオススメできません。もしやるのであれば、自分の肌に合ったピーリング剤や方法などを、事前にしっかりとチェックしておいてください。

 

ニキビの予防法は紫外線対策を徹底する


自分の力でニキビあとを治す方法というのは、上に書いた2つの方法が主なものですが、それ以前にニキビあとが出来ないよう予防をしっかりするというのも大切なことです。

特に茶色のニキビあとは、赤紫色のニキビあとが出来て皮膚が弱った状態の時などに紫外線を浴びることで出来るというパターンが多いので、皮膚が弱っている状態の時は特に紫外線対策をしっかりとしておきましょう。肌に染み付いた茶色のニキビあとは治すのが特に厄介なタイプのニキビあとですので、このニキビあとを作らないようにする予防策はとても大切です。

 

自分の力だけでどうにもならない場合は?


ニキビあと、特に茶色のニキビあとというのは厄介なもので、一回肌に根付いてしまったら自分の力ではなかなか治らないという場合も多々あります。そういった時は、専門のクリニックに相談してみるという選択肢も考えてみてください。

クリニックでの治療は大きく分けて、専門家が使う効果の高いピーリング剤を用いる「ケミカルピーリング療法」と、肌表面に微粒子カーボンを塗りその上から赤外線レーザーを当てていく「カーボンピーリング療法」の二つがあります。

値段はどちらも大体5000〜30000円ほどですが、高価な機材を用いるカーボンピーリング療法は、10000円を越すところが殆どです。使う薬品やレーザーの種類は、用いる方法やクリニックによって様々なので、自分に合った方法については専門家とよくご相談してお決めください。

 

さて、ここまででニキビあとの対処法についていくつかの項目に分けて説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

身近なニキビあとや治療法にも、多くのバリエーションが存在すると知って驚いた方もおられるのではないでしょうか。基本的に、クリニックでの治療は肌への負担や経済的な負担が重くなりがちな場合が多いので軽症の場合はまず家でのケアを心がけ、それでも治らない場合は専門家に相談するという方法がオススメ出来る方法です。

ニキビあとは目立つ場所に出来やすく、見ていて気持ちのいいものではないので、早く直そうとつい無茶な方法を取ってしまう方もいるかもしれませんが、それはオススメできません。そこはぐっと我慢して安心安全な方法でのケアをお試みください。じっくりと時間をかけてお肌をケアしていけば、少しずつでも確実に効果は表れてくるので、是非とも粘り強くケアを続けていってください!

 

まとめ

ニキビあとに効果あり!肌トラブルに効果的な5つの解消法

・ニキビあとの種類を知っておく
・ニキビあとにターンオーバーを整えて治す
・ニキビあとにピーリング(酵素洗顔)を活用する
・ニキビの予防法は紫外線対策を徹底する
・自分の力だけでどうにもならない場合はクリニックに相談しよう