ニキビ跡を治す意外な方法とは?実践したい3つのこと

ニキビ跡を治す意外な方法とは?実践したい3つのこと
ニキビ跡を治す方法があれば知りたいですよね。顔面にポツリポツリと浮いて出た、ニキビが気になって気になって仕方がない。しかも、ようやく無くなったと思ったら今度はそのニキビがあった場所がニキビ跡になってしまった。そんな経験がある方、また今まさに「ニキビ跡」に悩まされている方は、男性・女性問わず多いもの。

顔のどの場所かにもよりますが、やはり顔面にぽつりと赤みがのこっていると、なんとなく見た目的にも情けなくマイナスなイメージが出てしまいます。しかもこのニキビ跡、いったん残ってしまうと中々消えないんですよね。しかしニキビ跡は意外な方法で治すことができるんです。そこで今回はニキビ跡を治すために実践したい3つの方法を分かりやすくお伝えします!



 

ニキビ跡を治す意外な方法とは?
実践したい3つのこと

 

睡眠時間をしっかり確保する


意外に思われるかもしれませんが、実はニキビ跡を治すことと睡眠には極めて深い関係があるのです。そもそもニキビが跡となってしまうのは、ニキビのあった皮膚の角質が残ってしまっているからなんです。

皮膚の代謝が正常に行われていれば、古い角質が剥がれ落ち、新しい角質ができるため、ニキビ跡もきれいになくなります。要はこの皮膚の角質の再形成を促すことこそが、ニキビ跡の解消には欠かせないということなんですね。

ここで、皮膚の代謝を促進するのに重要な役割を担うのが、体内で分泌される成長ホルモンですが、睡眠不足だとこの成長ホルモンが十分に生成されないのです。特に夜10時〜深夜2時の間は成長ホルモンが活発に分泌されるゴールデンタイムであるといわれます。

ニキビ跡に悩む方は、忙しくとも、夜10時〜深夜2時はしっかりと睡眠をとるように心がけましょう!

 

食事の栄養バランスを見直す


食事の内容もまた、ニキビ跡を治すうえでは十分に注意しなければなりません。上で述べた通り、ニキビ跡を直すためには皮膚の角質の再形成(これを、皮膚のターンオーバーといいます)が必須となります。

当たり前ですが、皮膚は体の一部であり体は食事によって作られます。つまり、皮膚を新しく生まれ変わらせるためには、良い内容の食事を摂らなければならないということです。具体的に、皮膚(肌)のターンオーバーに効果的といわれる栄養分として、ビタミンBやビタミンC、そしてタンパク質が挙げられます。

ビタミンBは卵やホウレン草、ビタミンCは柑橘系の果物、そしてタンパク質は肉や大豆製品から摂取することができます。ニキビ跡を一刻も早く治すためには、以上のような食べ物を積極的に食事に加えていきましょう!

 

運動不足の解消


ニキビ跡に悩んでいるあなたが今運動不足であれば、ニキビ跡を治すために運動にも積極的に取り組みましょう。ニキビ跡を治すためには皮膚のターンオーバーが欠かせません。皮膚のターンオーバーとはすなわち新陳代謝の一環にほかなりません。

新陳代謝の活発化には、食事と睡眠に加え、運動が欠かすことのできない要素なのです。適度に体を動かすことで、汗などと一緒に体の中の老廃物が排出されます。そこで適切な食事と休養(睡眠)を補充することで、筋肉や皮膚といった体のひとつひとつの部位が新しく生まれ変わっていくのです。ニキビ跡を治すためにまずは無理のない範囲から、どんどん体を動かしてみてください。

 

いかがでしたでしょうか。今回は、ニキビ跡を治すために実践するべき方法について紹介いたしました。睡眠、食事、運動…あまりにも当たり前のことすぎて、逆に意外だったのではないでしょうか。しかし、当たり前のようでいて、これら3つを適切に管理するのは中々大変なことです。

忙しい方であればあるほど、運動をする時間が確保しがたいのはもちろんのこと、食事の内容もおざなりになったり、睡眠時間も極端に短くなってしまいがちです。生活習慣の乱れは、必ず体にダメージとなって跳ね返ってきます。このダメージは、ともするとニキビ跡が残って恥ずかしい、といった問題だけにとどまらないことも十分にあります。

幸いにして今体に感じる異変がニキビ跡のみであるような場合、それは体からのサインだと思い是非、睡眠・食事・運動の3点を見直してみてください。ニキビ跡を治すことが、つまり体全体のコンディションアップにも間違いなくつながります!

 

まとめ

ニキビ跡を治すためには

・睡眠時間を確保する(特に夜10時〜深夜2時)
・食事の内容を見直す(ビタミンB・C、タンパク質)
・運動を積極的に行う