ニキビが毎回同じ場所に出来るのは何故?その原因と対策

ニキビが毎回同じ場所に出来るのは何故?その原因と対策
何故かニキビが同じ場所に繰り返し出来てしまう、こうしたことはよくありますよね。また鼻の下にニキビが…やっと治ったと思ったのに!と嘆いている方もいることでしょう。

何故こんなにしつこくニキビは同じ場所にできてしまうのでしょうか。毎回ニキビが同じ場所にできると、その部分だけがくすんでしまい、化粧で隠すのも一苦労です。

ニキビのできるメカニズムを簡単に説明すると、皮膚の角質が硬くなることで毛穴が狭くなり、その狭い穴の中に汚れが溜まって菌が繁殖し、そこで炎症を起こしてしまい、ニキビとなって顔にブツブツと現れてくるのです。

そしてそのニキビの原因は、過剰に分泌された皮脂、ホルモンバランスの乱れやストレス、不規則な生活習慣、偏った食生活などといった様々なものが挙げられます

というわけで今回は、ニキビが毎回同じ場所にできる原因と効果的な対策方法についてお伝えします。

 

ニキビが毎回同じ場所に出来るのは何故?
その原因と対策

 

きちんと汚れを洗い流そう

これはニキビ対策の中でも基本中の基本となりますが、洗顔フォームで洗顔した後にきちんと水で泡を洗い流しましょう。特に髪の生え際、顎、フェイスラインは要注意です。

あなたのニキビは毎回おでこにできますか。そうだとすると、シャンプーやリンスがきちんとすすげていない可能性があります。

シャンプーなどに含まれる界面活性剤が髪の生え際に残っていると、ニキビを悪化させる原因になります。同様に、ワックスやムースなどの整髪料に含まれる油分も雑菌が繁殖する原因となりますので、しっかりシャンプーで汚れを洗い流しましょう。

すすぎ残しの汚れが同じ場所に溜まるということは、毎回同じ毛穴がゴミ箱のようにその汚れを溜め込んでしまっているということなのです。

そうなると、ニキビが同じ場所にできてしまうのも頷けます。ニキビのできる場所を重点的に意識して、きちんと汚れを洗い流しましょう。

 

Tゾーンは特にしっかりケアしよう

ニキビの原因であるアクネ菌は、皮脂をエサに繁殖します。そして皮脂が多い場所といえば、Tゾーン。鼻やおでこは皮脂が分泌しやすいため、繰り返しニキビができやすい場所です。

ですので、一度ニキビが治ったと思っても、実は毛穴の奥深くでアクネ菌が息を潜めてじっとしているのです。そして、毛穴が汚れてきたら、それをエサに再び繁殖を始めます

ニキビが治った後も、こまめに汚れや余分な皮脂を除去するためのケアを継続的に行う必要があります

まずは毎日の洗顔で毛穴に詰まった皮脂を取り除き、たっぷりの化粧水で潤いを肌に与えましょう。注意する点は、あまり洗い過ぎないことです。肌に必要な皮脂まで洗い流されると、肌が乾燥し、余計に皮脂が分泌され逆効果となります。

化粧水をつけた後、仕上げに保湿クリームを塗ることで、乾燥や過剰な皮脂分泌を防ぐことができます

 

メイク道具やベットのシーツを替えよう

ファンデーションを塗る時に使うパフや、チークに使うブラシ。これらのメイク道具を買った時のまま長期間使っていたり、不衛生な状態で保管していると、ダニや雑菌が大繁殖してしまいます。

きちんとスキンケアをしているつもりでも、化粧をするたびに雑菌やダニを顔に塗りたくっているのであれば、全く逆効果ですよね。

また、ベットシーツもこまめに変えましょう。寝ている時にかく汗のせいで、シーツや布団にはダニが繁殖してしまいます。特に枕カバーは頭の汗と湿気で雑菌が繁殖しやすいです。横向きに寝る方は、ほっぺたにニキビができやすくなってしまいます

もし、ほっぺたにばかりニキビができているのであれば、一度シーツを取り替えてみましょう。

 

ホルモンバランスを整えよう

女性に周期的に訪れる生理。生理が来るたびに、ニキビが同じ場所にできる、という方も多いのではないでしょうか。

生理前には、女性ホルモンの一つである黄体ホルモンの影響を受けて肌のトラブルが起きがちです。この黄体ホルモンが増加することで、本来の肌のバリア機能が低下し、肌状態が一時的に不安定になってしまいます。

あごや口周り、フェイスライン沿いなどのUゾーンに頻繁にニキビが現れる場合は、黄体ホルモンが原因の可能性が高いです。このエリアはホルモンの影響を受けやすい場所と言われています。

生理前、生理中は通常よりも多くの皮脂が分泌されている状態です。ですので、なるべくストレスを溜めないように気をつけ、リラックスできる時間をきちんと確保しましょう。この期間はいつも以上に皮脂が分泌され、肌のバリア機能も低下していますので、心にも体にもあまり刺激を与えないことです。

あまりにホルモンバランスが乱れている場合は、産婦人科の先生に相談した方が良いでしょう。

 

栄養を摂り、しっかり寝よう

繰り返しニキビができる場所の毛穴は、他の場所よりも免疫力が低下しています。ですから、食生活の乱れや睡眠不足により肌のコンディションが乱れると真っ先に影響を受けてしまいます

まず、偏った食事はニキビの大きな原因となります。脂肪分が多いものや糖分、刺激物は避けましょう。ケーキやジュース、唐辛子などの食品は皮脂腺を刺激し、皮脂を過剰に分泌させてしまう可能性があります。

肌に必要な栄養素はビタミンC。コラーゲンの合成や、免疫力の向上、ニキビの炎症を引き起こす活性酸素の除去や皮脂分泌コントロールなどの働きが期待できます。

また、睡眠不足も肌荒れの大きな原因となります。肌は、寝ている間に成長ホルモンによって修復されます。つまり、寝不足が続くと肌が十分修復されず、肌トラブルを引き起こしてしまいます

ですので、夜12時にはベッドに入り、7時間は睡眠を取るように心がけましょう。

 

いかがでしたか。ニキビが毎回同じ場所に出来る原因、そして5つの対策についてお伝えしました。ニキビのできる仕組みは単純ですが、その原因は複雑です。今回は、その原因の中でも多くの人に共通するものばかりを選んでいます。

女性は特にホルモンの影響を受けやすいですから、日頃からストレスを溜めない習慣を身につけ、来たる生理期間に備えましょう。また、自分に合う洗顔フォームや化粧水、保湿クリームを見つけることも大事です。

ニキビの原因は菌です。顔に触れるものは常日頃から清潔に保っておきましょう。自分を大切にし、ケアすることを心がけてください。

そして、ニキビがあった場所のことなど忘れ、ツルツル肌を手に入れましょう。

まとめ

ニキビが同じ場所にできるのを防ぐには

・きちんと汚れを洗い流そう
・Tゾーンは特にしっかりケアしよう
・メイク道具やベットのシーツを替えよう
・ホルモンバランスを整えよう
・栄養を摂り、しっかり寝よう


連記事