ニキビをスッキリ治したい!出来る場所別5つのアプローチ

ニキビをスッキリ治したい!出来る場所別5つのアプローチ
いつもニキビが同じ場所に出来てしまう、いろいろ試したけれどなかなか治らない、そんな方も多いですよね。毎日鏡を見るたびに憂鬱になってしまい、気になって外に出たくないという方もいることでしょう。しかし、社会人にもなるとニキビがあるから会社に行かない、という訳にはいきません。仕事などで人に会う時に、赤く腫れたニキビが顔中に出来てしまっていては、かなりのストレスになってしまいます。お化粧で隠すのにも限界があることでしょう。

特に毎回ニキビが同じ場所に出来てしまう方は悩みも深く、なんとか綺麗な肌を取り戻したいはず。ニキビは出来る場所によって治し方が違います。ぜひ原因を突き止めてニキビの場所に合わせた対処法を実践しましょう。そこで今回は、ニキビが出来てしまう場所ごとに、綺麗に治すためのコツをお伝えします。

 

ニキビをスッキリ治したい!
出来る場所別5つのアプローチ

 

おでこにできたニキビ

おでこはニキビが出来る場所で一番「一度なると治りにくい場所」です。また出来たらすぐに広がる事もありますので早めに治すことをおすすめします。

おでこは前髪など外からの刺激によってニキビが炎症しやすい場所になっています。ニキビが出来てしまうと、ついつい前髪で隠してしまいがちですが、酷くなってしまうのでなるべく当たらないようにアップスタイルにするかピンで横にとめましょう

また整髪料やシャンプーのすすぎ残しがおでこに付着して炎症することもあります。おでこに付かないように心がけましょう。

 

鼻にできたニキビ

鼻は毛穴が多く、一番油が出やすい場所です。ニキビが出来ると炎症して赤くなってしまいやすいので、鼻のニキビは跡が目立ちやすくなります。そんな鼻ニキビは出来る前に予防するのが1番です。

皮脂が出やすいことから、食生活も影響しやすいのがこの鼻ニキビ。唐揚げやポテトチップスなどを沢山食べた次の日は鼻がテカテカになりやすいですよね。油ものの影響で皮脂が増えやすくなっているので、意識して油ものは取りすぎないようにしましょう

また鼻は強い刺激を与えないことも大切です。例えば触らないこと。手には多くの雑菌がついおり、炎症してしまうことがあります。ファンデーションなどのパフも雑菌が増えやすいので、こまめに洗うようにしましょう。

お化粧の厚塗りも要注意。どうしてもニキビが出来てしまうとお化粧で隠そうとしてしまいがちですが、厚塗りする事で毛穴が詰まってしまい、ニキビができやすくなってしまいます。鼻は薄化粧が良いでしょう。

刺激に弱い鼻は洗顔にも気を付けたいところです。強くゴシゴシしてしまうと刺激で炎症してしまいますので、手のひらに泡をのせ、小さな円を描くようにクルクルと優しく洗いましょう。そのあとはしっかりと泡を洗い流してください。

また、皮脂が出やすいからといって保湿をしないでいると、角質層の乾燥で詰まってしまいがちです。保湿化粧水などでしっかりケアをしましょう。

 

顎(アゴ)にできたニキビ

顎ニキビは大人ニキビの代表格です。顎ニキビは隠すことも難しい場所ですので、早めに直したいですよね。特に女性は、ホルモンバランスの乱れによって顎ニキビができやすくなります。なのでホルモンバランスを整える事が何より効果的です。

ホルモンバランスは生理前がとくに乱れやすく、ニキビが出来やすくなりがちです。女性は運動、和食中心の食事、質の良い睡眠をとる事を心がけ、ホルモンバランスを整えましょう。また、男性ホルモンが増えるとホルモンバランスは崩れてしまいますので、女性ホルモンを増やす大豆製品(納豆や豆乳)を積極的に摂取することがおすすめです。

もちろん男性の方も大豆製品はおススメ男性は髭を剃るときの刺激によって肌のバリア機能が落ちてしまい、ニキビが出来やすい環境に陥りやすくなります。髭を剃った後はきちんと保湿し、バリア機能を高めましょう。

 

頬(ホホ)にできたニキビ

頬は鼻など他の場所と比べると毛穴が少なく、ニキビができにくい場所です。そんな頬にニキビができるのは、体調不良やストレスのサインかもしれません。

頬のニキビはいつもの生活習慣を見直すことが治す一番の近道になります。特にストレスの影響で胃腸の消化吸収は衰えてしまいがち。そんな時に暴飲暴食をしてしまうとさらに胃腸が弱まり、肌のバリア機能も弱まってしまいます。食事は1日3食を心がけ、甘いものを取りすぎない事で胃腸を休ませてあげましょう

無理なダイエットなども便秘になってしまい、腸内環境が悪くなってしまいがちです。腸内環境が悪くなると、ちょっとした毛穴詰まりさえ刺激するようになってニキビが出来やすくなってしまいますヨーグルトなどを食べてお通じ改善を心がけましょう

また頬は枕が触れやすい場所です。枕はバイ菌が繁殖してることがあるので、こまめに枕カバーを変えるようにしましょう。

 

背中にできたニキビ

背中は皮脂や汗がでやすく、ニキビが出来やすい場所の一つです。また洋服で蒸れやすく、生地が擦れてしまうことで酷くなりがちです。背中は毎日見るわけではないので、いつの間にか酷くなっていた、ということもあります。気づいたら早く治しましょう

背中は男性ホルモンの影響があります。ストレスや睡眠不足を減らし、自立神経を整えましょう

また背中はアクネ菌の影響も出やすい場所。アクネ菌はどんな人の体にも住みついていて、いなくなる事はありません。つまり誰にでもニキビが出来やすい場所と言えます。

アクネ菌は皮脂が沢山あり、詰まっているところがあると入りこんで炎症を引き起こします。常に清潔にすること、毛穴を詰まらせないことが大切ですので、お風呂では丁寧に洗い、すすぎ残しがないよう、毎日のお風呂では注意しましょう。また汗をかいたらこまめに着替えるも清潔を保つ上で大切です。

 

いかがでしたか。ニキビは出来る場所によって注意する事が変わってきます。また、原因も場所によって違ってきますので、それぞれのニキビの場所に合わせた治し方で少しでも早くニキビを治すことができます。

ニキビが無くなると毎日のストレスも減るでしょう。こちらに書いた方法は簡単に取り入れやすい方法ばかりですので、試してみる価値はあります。またニキビは毎日の生活習慣が大きく影響してきます。生活習慣を簡単に変える事はなかなか難しいですが、ニキビだけでなく他にも良い影響が出てきます。生活習慣を変える事が難しければ、少しでもストレスが減るように自分なりのストレス発散方法を見つけて下さい。

ニキビのない毎日で明るく楽しく過ごしていきましょう。

まとめ

ニキビの場所別対処の仕方は

・おでこにできたニキビは前髪を留めて雑菌を避けましょう
・鼻にできたニキビは皮脂と刺激を減らしましょう
・顎(アゴ)にできたニキビはホルモンバランスを整えましょう
・頬(ホホ)にできたニキビはストレスを減らしましょう
・背中のニキビはお風呂で綺麗にしましょう


連記事