間違ったケアで失敗しないための ニキビ跡を治す正しい方法

間違ったケアで失敗しないための ニキビ跡を治す正しい方法

出来てしまったニキビ跡、ニキビが嫌で嫌でたまらなかった時、我慢できずに潰したりして、一瞬撃退したように見えても、実は悪化していてしまっている事があります。

それに気付くのはニキビが出ていた何年か後で、クレーターになったり、皮膚が赤みを帯びたり、シミのように色素沈着になっていて、絶望の淵に追いやられたり・・・。

出来てしまったニキビ跡を隠すためにひたすら、お化粧を重ねたりして、さらに傷跡を広げてはいませんか?治りにくいと言われているニキビ跡でも、地道にケアを続けていれば治すことができます。そのためには間違ったケアから脱却し、正しいケア方法を学びましょう。



 

間違ったケアで失敗しないための
ニキビ跡を治す正しい方法

 

毛穴の汚れは顔を温め、しっかり洗顔し、
仕上げは冷やして引き締めをしましょう。


ニキビ跡に汚れが溜まってしまうと、肌のターンオーバーがうまく行かなくなりますので、洗顔の際は、しっかり毛穴を開きましょう。タオルを水でぬらし、電子レンジ600Wで30秒程度チンして、蒸しタオルを作りましょう。

そして、火傷しない様、両手で少し冷ましてから、顔に乗せ、手でタオルの上から顔全体を優しく押さえた後、たっぷりの泡で優しく洗顔しましょう。洗顔はゴシゴシすると余計に肌の細胞を傷つけてしまい、よりニキビ跡を広げたり、悪化させる要因になります。泡で、十分毛穴の汚れは落ちます。

そして髪の生え際などに気を配りながら、温かい位のお湯で泡を洗い流します。その後は、お湯で洗顔しっぱなしだと、また同様に汚れが溜まってしまいますので、仕上げに冷たいお水で(出来たら氷水で)仕上げ洗顔をします。そうすると、毛穴が引き締まり、ニキビ跡や毛穴に汚れが溜まりにくくなります。

 

化粧水パックで保湿しましょう。


肌が乾燥してしまうと、毛穴の入り口が硬くなり、汚れがこびり付き、落ちにくくなって、毛穴が開かなくなってしまいます。毛穴が開きにくくなると、洗顔でも汚れは落ちませんので悪循環です。

それはニキビ跡でも同様のこと。常日頃、ある程度水分を肌に保っている状態が肌も生まれ変わりやすいベストな状態ですので、保湿をしっかりしましょう。そのためには、洗顔後、化粧水をたっぷりしみこませたパックで保湿します。

この時、パックがカピカピになるまで肌に乗せていると、逆に肌の水分を奪われるので気をつけましょうね。その後、脂性の人は量に気をつけなければいけませんが、乳液で、水分を閉じ込めましょう。因みに化粧水は冷蔵庫で冷やしておくと、肌の引き締め効果もUPします。

 

適度にピーリングしましょう。


ピーリングも肌のターンオーバーを補助する役割があります。ある程度硬くなってしまった肌の角質はピーリング用化粧品で柔らかくして、取り除く必要があります。

ただ、使用頻度が多いと肌の細胞が再生する前に、むりやり新しい肌の細胞をはがしてしまうことになりますので、週1回程度にとどめましょう。そして、敏感肌の人には刺激が強すぎる傾向がありますので、肌に合わない場合は使用を中止し、自分の肌にあったピーリング用化粧品を使用しましょう。

 

ビタミンCを摂取しましょう。


美肌に欠かせない栄養素はビタミンCですよね。食事でしか得られないので、ビタミンCを含む食材の摂取を心がけましょう。食材としては、ブロッコリー、グレープフルーツ、レモン、アセロラなどです。

ジュースでも摂取可能ですが、糖分が多く含まれていたりするので、薄めて飲むか、100%ジュースを選ぶようにしましょう。ただ、こうして頑張ってとったビタミンCもストレスを感じてしまうと、そちらに使用されてしまい、お肌まで行かなくなります。さらに多くとりすぎると下痢になったりします。

なので、ストレスを解消し、適切な量を小分けにとるようにし、さらに効果を挙げるなら、化粧水でビタミンC誘導体配合のものを使用すると皮脂を押さえたり、炎症を抑えたりするので、ニキビ跡には効果的でしょう。

 

腸内環境を良くしましょう。


多くの女性を悩ませる便秘。便秘は体内に有害物質や毒素を送り出してしまう原因になり、そのままだと、ニキビ跡も改善されません。顔のお肌は腸内の鏡ともよく言われていますので、腸内環境から、整えていきましょう。

ヨーグルトやバナナは定番ですが、他にも乳酸菌飲料、グラノーラ、さつまいもやごぼうやキャベツもオススメです。ただ、食材によっては、ガスが多量発生するものの、余計に便秘が悪化してしまったりしますので、自分の体質にあった腸内環境正常食材を見つけていきましょう。

 

良質な睡眠を確保しましょう。


美肌に大敵なストレスを退治し、細胞の再生を助けてくれる成長ホルモンの促進を促すには、良質な睡眠を確保する必要があります。そのためには例えば通勤・通学の時に、散歩やジョギングをしたり、日中適度な運動を毎日行ないましょう。

適度な疲労を味わい、帰宅して、ぬるま湯にしっかりつかり、好きな音楽を聴いたり、読書をしたり、バスタイムをマッサージや美容のための時間に使ったり、有意義な時間を過ごすことによってリラックスでき、夜はぐっすり寝ることが出来ます。

食事も早めに済まして、深夜には食べないようにしましょう。遅い時間に食事してしまうと、朝でも胃がもたれていたり、体がだるくなっていたりするので、良質な睡眠を取れたとは言えません。

 

エステに行きましょう。


時間をかけずにでこぼこ肌のクレーターを治したいという人は、エステに行くのも一つの方法です。自宅ではなかなかすることの出来ない処置を施してくれます。エステではやはり機械の力はすごいと実感します。

私も、エステでフォトフェイシャルをし、ニキビ跡がだいぶ気にならなくなりました。費用があって、あまり待っていられない人はオススメします。しかし、根本のケアがキチンとなされていないと、しばらくすると、肌が戻ってきますので、自宅ケアはしっかり行いましょう。

 

いかがでしたか?

間違ったケアをして失敗しないためのニキビ跡を直す正しい7つの方法をキチンと行うことによって、急速ではないですが、日々確実にあなたは綺麗になっていっています。キチンとスキンケアをすることによって、肌も答えてくれるでしょう。

ある程度の年齢を迎えると人は容姿ではなく中身がよければいい、という人も増えてきますが、腸内環境が肌に出るように、容姿も中身も連動しています。どちらかに傾くのではなく、容姿でも中身でも少しずつ成長していきましょうね。努力することがあなたを必ず美しくします。

自分だけではスランプに陥って難しい事もありますが、そういう時は迷わずエステに行ったりして、アドバイスを受けたり、他の人の手を借りるのも1つの方法です。あなたが選んでやることは正しいんだと信じる気持ちをもって努力していると、長い目で本物の美しさを身に付ける日が訪れることでしょう。

 

まとめ

間違ったケアで失敗しないためのニキビ跡を治す正しい方法

・ 毛穴の汚れは顔を温め、しっかり洗顔し、仕上げは冷やして引き締めをしましょう。
・ 化粧水パックで保湿しましょう。
・ 適度にピーリングしましょう。
・ ビタミンCを摂取しましょう。
・ 腸内環境を良くしましょう。
・ 良質な睡眠を確保しましょう。
・ エステに行きましょう。