ニキビの根本原因を作らない!気を付けたい5つの習慣

ニキビの根本原因を作らない!気を付けたい5つの習慣
ニキビの無いきれいなお肌を効率よく手に入れるためには、ニキビを原因から断つことが大切ですよね。でも、ニキビの原因になりやすい習慣だと知らずに、お肌に良くないことを平気でしている人もよく見かけます。

現在ニキビにお悩み中のあなたは、どんな習慣がニキビの原因となり、悪化させるかご存知でしょうか。ニキビ対策をあれこれと試してきた人ならご存知のことも多いはずですが、意外と知られていない悪習慣も実はあるのです。

せっかくニキビ対策のために高機能な基礎化粧品を使用し、決して安くはないフェイスエステに通っても、ニキビの原因を作りやすい生活を送っていては意味がありません。そこで今回は、ニキビの原因になりやすい習慣についてお伝えします。



 

ニキビの根本原因を作らない!
気を付けたい5つの習慣

 

合わない化粧品や洗顔料をやめよう


良かれと思って使っているニキビ用化粧品や洗顔料が、実はニキビの原因になってしまうこともあるのです。ニキビ用に限らず、お肌に合わないものは全て使用を止めた方が良いでしょう。

ニキビの原因が脂性なら洗浄力が高い洗顔料や拭き取り化粧水が効果的とされていますが、乾燥肌によってニキビができているならもちろん逆効果。その逆もまた然りです。また、高価なものほど良いとも言い切れないのが難しいところですね。

ニキビを根本から治すには、まずは自分の肌質を知り、その肌質とどんなトラブルが重なってニキビができているかを知ることが大切です。肌質に合わせ、トラブルを解消してくれる化粧品に出会えるまで、色々と試してみましょう。

 

適切な洗顔回数とタイミングを心がけよう


ニキビ改善のためには顔を洗うことが大切だと言われていますが、回数が多すぎたり、逆に少なすぎたりすると良くありません。ニキビが気になって、一日に何度も洗っているのに全く良くならない……と悩んでいる人は意外と多いのではないでしょうか。

洗い過ぎは乾燥肌を作り、ニキビの原因となってしまいます。かと言って洗わなすぎもお顔の皮膚が不衛生になり、ニキビができやすくなります

適切なのは一日に2回、特別に汚れてしまったときでも3回を限度にしましょう。また、夜はお肌の再生を促す大事な時なので、就寝前はメイク落としや洗顔を入念に行う習慣を付けるべきです。

 

紫外線対策を万全にしよう


ニキビの原因となるもので意外と見落としがちなのが紫外線です。紫外線を肌に浴びると活性酸素が生み出され、皮脂がどんどん酸化して毛穴詰まりを起こしやすくなります

紫外線を防ぐためにはやはり日焼け止めを塗るべきなのですが、この選択を間違うとお肌に悪影響を与えてしまいます。日焼け止めには「紫外線吸収剤」を含むもの、「紫外線散乱剤」を含むものの2種類がありますが、前者はお肌への負担が大きすぎるため、ニキビ改善のためにはおすすめできません。日焼け止めは「紫外線散乱剤」を含むものを使いましょう。

そして、一日の最後に洗顔をして日焼け止めがお肌に残らないようにすることも大切です。クレンジング剤を適切に使ってしっかり落とし切りましょう。

 

乾燥肌に気を付けよう


思春期ニキビよりも大人ニキビにありがちなのが、乾燥肌によってニキビが出てしまうことです。見た目は脂っぽい肌に見えても、お肌の内部の水分が足りない「インナードライ肌」のせいでニキビができることも少なくありません。

乾燥肌を防ぐためには、化粧水を惜しみなく使用してお肌に有り余るくらいの水分を補給することが第一です。ニキビの原因になる毛穴詰まりも、バリア機能の低下も乾燥によって起こることが多いので、水分さえしっかり補っておけば快方に向かうことが多いです。

化粧水はお肌に合うのなら安いもので問題ありません。ケチらず使える価格帯のものを選びましょう。

 

ストレスを溜めないようにしよう


ニキビの原因としてストレスがあることはご存知ですよね。仕事やプライベートで悩みがあるとニキビができやすくなる人はたくさんいるはずです。

このストレスを溜めないようにするのがニキビ改善への近道です。でも、大人になってからのストレスは、自分の努力ではどうにもならないことの方が多いものです。そのため、避けられないストレスは気にせず、受け流せるようにした方が良いでしょう。

また、ストレスから解放される時間を確保することも大切です。とにかく、ストレスが身近にある状態に慣れてしまわないようにすることがポイントです。

 

いかがでしたでしょうか。ニキビの原因となる習慣や事柄について5つお伝えしました。これをお読みになっているあなたにも一つくらいは心当たりがあったのではないでしょうか。

ニキビは急にできて急に治るものではなく、それまでの生活習慣やスキンケアの間違いが積み重なってできる要素が大きいです。それゆえ、一度ニキビ肌になってしまったら、元通りの美肌を取り戻すのが難しいのです。

でも、ニキビができやすくなる原因を取り除き、健康なお肌を保てるような環境を作ってあげることで完治までのスピードは断然アップします。今まで何をしてもニキビが治らなかったと諦めているあなたも、この機会にニキビの原因となる悪習慣を続けてはいないか確認してみましょう。

まとめ

ニキビの原因となる習慣と改善方法は

・合わない化粧品や洗顔料をやめよう
・適切な洗顔回数とタイミングを心がけよう
・紫外線対策を万全にしよう
・乾燥肌に気を付けよう
・ストレスを溜めないようにしよう


連記事