ニキビが劇的に良くなる!漢方の正しい摂取法

ニキビが劇的に良くなる!漢方の正しい摂取法
『ニキビには漢方が効くよ!』と聞くと早速試してみようかなと思うものですが、いざニキビを漢方で治そうと思っても、その摂取方法について正しい知識をお持ちの方はそれほど多くいらっしゃいませんよね

漢方のイメージは副作用などの心配もなく、安心安全なものという印象です。しかし、じっくり治していくイメージがあり、正直な所、時間的なことやコスト面は少し負担が大きいのかな…という印象もあることでしょう。

そうは言っても、ご自身に合うものが見つかれば、みるみる良くなるなんて話も耳にしますから、ここは『正しく使う』というのが何より肝心と言えます。

そこで今回はニキビが劇的に良くなる!漢方の正しい摂取法についてお伝えします。



 

ニキビが劇的に良くなる!
漢方の正しい摂取法

 

食間に飲むのがオススメ


漢方薬に限らず、お薬の飲み方では食前や食中、食後に服用など、飲む時間について指示がありますが、それに従うのは基本中の基本です。

そこで、ニキビに効く漢方の服用については、その性質上特徴がありますので覚えておいてください。ニキビを良くする漢方の場合には『食間』に飲むのがオススメです。食間、つまり食事と食事の間、おおよそ食後2時間後くらいに飲むのが効果的だと言われています。

様々な種類の生薬(しょうやく)を合わせている漢方の場合、薬の吸収されやすい空腹時がより効果的だというれっきとした理由もあります。

因みに『空腹時』ということですから、もちろん食前でも良いということになりますね。

何故、空腹時が良いのかというと、漢方に含まれる『アルカロイド』の有効成分は薬効効果が非常に強いのが特徴で、空腹時の胃酸が強い状態なら吸収率は穏やかになりますから、吸収率を弱めて飲むことで副作用を出にくくするのです。

逆に言えば、食事の摂取により胃酸が弱まった状態なら吸収率が必要以上に高くなってしまう心配があるというわけです。

そんな効果を利用して漢方の成分である有機酸は空腹時に飲むことで吸収率が上がり漢方の効果も上げるという方法もあるのです。

 

白湯で飲むのが効果的


ニキビを良くしたいと思い漢方を服用しようと思うなら、その飲み方にもポイントがあります。それは「白湯」で飲むこと。白湯で飲めば最高のパフォーマンスをしてくれるので是非心掛けてください。

白湯(さゆ)とは一度沸騰させたお湯を冷ましたもの。白湯で飲むと薬の吸収が早くなるので、より薬効が引き出せるという訳です。もちろん水で飲んでも効果がなくなるわけではありませんが、より効果的な方法があるのならそれを試すのは大事です。

ただ、漢方の味や口当たり、匂いなどは多少癖があるものというご意見も耳にしますよね。もしどうしても苦手とか飲みにくいと感じる方はオブラートで包んだり、カプセルに詰めるなど工夫してもよいでしょう。

 

最低1か月は服用しましょう


ニキビ治療のための漢方は他の症状と同様に体質に合わせて処方して貰うものですので、合うものを選べばとても効果的なのは言うまでもありません。

漢方薬は長期間服用しても問題はありませんが、用量厳守は基本中の基本です。ほとんどの漢方は体質改善が目的で処方されますので、素人考えで決められた量以下にすると十分な効き目が得られず、必要以上に服用すれば思わぬ副作用がでる事もあります。正しい用量を服用することが漢方治療では重要になります。

また、いざ治療が始まるとみるみる良くなっていく姿を想像するかも知れませんが、漢方の場合、基本的にはじっくりのんびりお付き合いするつもりで臨みましょう

ニキビ治療のために漢方を処方されると耳にすることがあるかも知れませんが、漢方には『好転反応』という現象があります。この『好転反応』は酸性からアルカリ性へと改善されるときにおこる反応現象で、漢方が症状を治そうとするのと同時に自然治癒力も働く、その作用の影響で一旦症状が悪化することがあるというものです。

この時点で多くの方は自分には漢方が合わないのかとあきらめてしまいたくなるかも知れませんが、実はこれは良くなるための第1歩ですので、ここが我慢のしどころと言えるでしょう。一過性のものですし、漢方ではこの好転反応があってこその治療進行ということになります。

ニキビに効く漢方薬は約20種類。複数の漢方を組み合わせると過剰摂取の心配もありますから、必ず専門家に処方して貰い、既に飲んでいるものなどがあれば相談するようにして下さい。そして、1か月服用しても全く効果がないと感じたり、或いは体調が悪くなった場合には、早急に服用を控えましょう

 

いかがですか。以上がニキビが劇的に良くなる!漢方の正しい摂取法です。漢方については漢方を取り扱う専門家のレクチャーを受けてから使用するのが大事です。

漢方を取り扱う方はとても勉強熱心な方も多いもので、健康については勿論、普段の生活習慣や食事などお薬以外のことでも様々な雑学をお持ちの方もいらっしゃるので、そんなお話をお聞きするだけでも勉強になることもあります。

最近では、街のドラッグストアでも様々な症状に合わせた漢方が豊富に並んでいますが、素人考えで当てずっぽうにチョイスするよりは、一度店員さんのご意見を聞いてみるのもニキビ改善のための近道を見つける良い方法です。

嫌なニキビは一日も早く確実に治したいものです。間違った方法で更に悪化させない為に、人に優しいニキビに効く漢方と出逢いましょう。

まとめ

ニキビに効く漢方の正しい摂取法とは

・食間に飲むのがオススメ
・白湯で飲むのが効果的
・最低1か月は様子を見ましょう